佐賀|自営業・個人事業主ファクタリングで即日資金調達

佐賀|自営業・個人事業主ファクタリングで即日資金調達

現在、新型コロナウイルスの影響で資金繰りが厳しい中小企業や自営業・個人事業主向けの融資が増えているという結果が出ています。融資残高は2000年以降で最も多くなったようです。大企業の資金需要は落ち着きを見せ返済の動きもあるようですが、中小企業や自営業・個人事業主向けの資金需要はまだまだ続くと予測されています。

今は地銀や信金が積極的に佐賀の自営業・個人事業主様にも貸し出しを行っていますが、いつまでかは分かりません。銀行融資以外の資金調達方法の確保や準備は必要になってきます。

佐賀の自営業・個人事業主様向け、即日で実現する事業資金調達ファクタリング

佐賀の自営業・個人事業主様が「設備が故障してしまい今すぐ修理に出さなければ仕事にならない」「融資を受けられそうだが税金滞納を解決しなければ先に進まない」など、至急の資金繰りに困ったとき、簡単な申請で利用できる金融サービスがあります。

佐賀の自営業・個人事業主様が銀行やビジネスローンで融資を受ける場合には佐賀の自営業・個人事業主様自身の信用情報が重要になり、審査で借入や納税状況などをそれなりの時間をかけて考慮されて融資が決定します。もしかすると佐賀の自営業・個人事業主様の現状では融資を受けるのは困難かもしれません。

しかし、佐賀の自営業・個人事業主様の借入や納税状況などは関係なく、しかも最短即日で事業資金調達ができる方法もあります。それが佐賀で利用できる自営業・個人事業主ファクタリングです。

自営業・個人事業主ファクタリングは佐賀の自営業・個人事業主様が法人企業との取引があれば利用できます。

建設業であれば元請業者から受注を受けている

農家や畜産業であれば市を通して保育園やJAなどに卸している

クリニックや介護事業者であれば社保や国保にレセプト請求している

小売業・飲食業であればクレジット決済代行会社を利用している など

上記のような取引先や入金がある企業からの「まだ未入金の請求」を最短即日で資金化することで、佐賀の自営業・個人事業主様は至急の資金繰りを解決することが可能になります。

 

自営業・個人事業主ファクタリングとは

ファクタリングとは佐賀の法人企業や自営業・個人事業主様、事業性のあるフリーランス様のための事業資金調達方法のひとつです。

銀行やビジネスローンで融資を受けるのではなく、取引先への売掛金(請求書)をファクタリング会社に早期資金化してもらう仕組みになっています。

手形を手形割引で早期資金化するのと同じような感じではありますが、ファクタリングは償還請求権なし(ノンリコース)といって、万が一取引先からの入金がなければ支払う必要がない契約になります。ファクタリング会社が対象の売掛金(請求書)の回収リスクごと買い取ってくれるというわけです。

ビジネスローンでは利息が、手形割引では割引料がかかるように佐賀の自営業・個人事業主様が利用できるファクタリングもファクタリング手数料もしくは買取手数料というものがかかります。ファクタリング手数料はファクタリング会社独自の審査によって設定されます。佐賀の自営業・個人事業主様が保有する売掛金(請求書)の内容や信用力を確認して、「請求書のうち、いくらまで買取可能なのか」「手数料はいくらになるのか」など見積もりを出してもらうことになります。

佐賀での自営業・個人事業主様ファクタリングの相談・審査・見積もりは無料で、納得できなければキャンセルも可能です。なにより佐賀の自営業・個人事業主様ファクタリングでは、相談・審査・見積もりまで最短30分~2時間程で完了し、契約・入金までも最短即日~2日で完了できるというのが大きなポイントとなります。つまり30~60日先に入金予定だった佐賀の自営業・個人事業主様の売掛金(請求書)も、最短即日で今すぐ使える事業資金にすることができるということです。

自営業・個人事業主様ファクタリングで早期現金化した資金の用途は自由です。審査時にファクタリング会社から「調達した資金は何に使用する予定ですか?」と聞かれるとは思いますが特に指定されたりそれ以外に使用してはいけないというようなことはありません。取引先からの入金後にファクタリング会社に買取額+ファクタリング手数料の決済ができれば特に問題はないということです。

佐賀の自営業・個人事業主様がファクタリングでやってはいけないこと

佐賀の自営業・個人事業主ファクタリングでやってはいけないことというのが『二重譲渡』と『使い込み』です。

 

佐賀の自営業・個人事業主ファクタリングでやってはいけない『二重譲渡』とは

自営業・個人事業主ファクタリングでの二重譲渡とは、同じ売掛金(請求書)を二社以上のファクタリング会社に譲渡することです。

例えば佐賀の自営業・個人事業主様が、取引先A社への来月入金予定の請求書をファクタリング会社①とファクタリング会社②にも申請して二重に売却して資金を得る行為です。

二重譲渡になるケース

今月末締め来月末入金予定、取引先A社の売掛金(請求書)を保有しているとき、

佐賀の自営業者→取引先A社の売掛金をファクタリング会社①に売却

佐賀の自営業者→取引先A社の売掛金をファクタリング会社②に売却

同じ売掛金(請求書)を複数のファクタリング会社に売却することになり、二重譲渡に該当します。このとき、佐賀の自営業・個人事業主様が保有する取引先A社の売掛金が100万円だとして、50万円ずつでファクタリング会社①②でファクタリングするというのは二重譲渡にはなりませんが、ファクタリング会社としてはこういった契約はしたくないので断ってくる可能性が高いです。

取引先A社からは請求書額面の入金しかないので、ファクタリング会社①②どちらにも決済することは困難でしょう。
取引先からの入金があったにもかかわらず佐賀の自営業・個人事業主様がファクタリング会社に決済ができなかった場合には遅延損害金が発生したり、詐欺など刑事告訴されることもありますので注意して下さい。

 

二重譲渡にはならないケース❶

今月末締め来月末入金予定、取引先A社と取引先B社の売掛金(請求書)を保有しているとき

佐賀の自営業者様→取引先A社の売掛金をファクタリング会社①に売却

佐賀の自営業者様→取引先B社の売掛金をファクタリング会社②に売却

違う取引先の売掛金であれば、佐賀の自営業・個人事業主様が複数のファクタリング会社を利用しても二重譲渡にはなりません。
ただこの方法もやはりファクタリング会社は嫌がります。「いつか佐賀の自営業・個人事業主様が二重譲渡するかもしれない」というのがあるからです。1つのファクタリング会社で取引先A社と取引先B社の売掛金を買取することは可能です。複数のファクタリング会社を利用するよりは、1つのファクタリング会社に複数の取引先の売掛金を買い取ってもらう契約で資金調達をすることを佐賀の自営業・個人事業主様にはおすすめします。

二重譲渡にはならないケース❷

今月末締め来月末入金予定、今月末締め再来月末入金予定の取引先A社の売掛金(請求書)を保有しているとき

佐賀の自営業者様→今月末締め来月末入金予定の取引先A社の売掛金をファクタリング会社①に売却

佐賀の自営業者様→今月末締め再来月末入金予定の取引先A社の売掛金をファクタリング会社②に売却

同じ取引先の売掛金であっても、内容が異なる売掛金(請求書)であれば佐賀の自営業・個人事業主様は複数のファクタリング会社への売却が可能です。上記のように2か月先に入金予定の売掛金でも自営業・個人事業主ファクタリングは可能ですが、そもそも支払いサイトが長い売掛金(請求書)での自営業・個人事業主ファクタリング自体をおすすめできません。
“今月末締め再来月末入金予定の売掛金”というのは佐賀の自営業・個人事業主様に入金されるのはおよそ60日後ということになります。支払サイトが長い売掛金でファクタリングをしたとき、佐賀の自営業・個人事業主様が支払うことになるファクタリング手数料は高くなってしまいます。60日後入金予定の売掛金でのファクタリングの場合、佐賀の自営業・個人事業主様が30日後の売掛金でファクタリングをするときの倍の手数料がかかると考えておきましょう。

佐賀の自営業・個人事業主ファクタリングでやってはいけない『使い込み』とは

自営業・個人事業主ファクタリングでの使い込みとは、ファクタリング会社に売却した売掛金が取引先から入金されたあとに他の支払いなどに使用してしまい、ファクタリング会社に決済ができなくなってしまうことです。

例えば佐賀の自営業・個人事業主様が取引先A社への来月入金予定の請求書をファクタリング会社に売却して早期資金化したあと、期日に取引先A社からの入金後には買取額+ファクタリング手数料をファクタリング会社に決済をしなければなりません。しかし、取引先A社からの入金があったあとに、佐賀の自営業・個人事業主様が資材費や税金支払いに充てるなど資金を使用してしまいファクタリング会社へ決済するお金がない、という状態になることです。

使い込みになるケース

今月末締め来月末入金予定、取引先A社の売掛金(請求書)を保有しているとき、

❶佐賀の自営業者様→取引先A社の売掛金をファクタリング会社に売却

❷取引先A社→佐賀の自営業者様に売掛金を入金

❸佐賀の自営業者様→ファクタリング会社に決済

という流れになりますが、

❶佐賀の自営業者様→取引先A社の売掛金をファクタリング会社に売却

❷取引先A社→佐賀の自営業者様に売掛金を入金

❸佐賀の自営業者様が他の支払いに使用してしまい、ファクタリング会社への決済ができない

自営業・個人事業主ファクタリングは売掛金(請求書)を担保に借入をしたのではなく、佐賀の自営業・個人事業主様がファクタリング会社に売却したという契約になります。そのため『返済』『分割返済』という概念はなく、取引先からの入金があれば速やかに決済しなければなりません。

他の支払いに使用したとしても、自営業・個人事業主ファクタリング契約で決めた決済日に佐賀の自営業・個人事業主様が決済額をファクタリング会社に支払うことができれば問題はありませんが、”決済日=取引先からの入金日”に設定されることがほとんどです。ですから取引先からの入金があれば他の支払いには使用するのではなくファクタリング会社にきちんと決済をしましょう。

逆に、取引先からの入金がなければ佐賀の自営業・個人事業主様はファクタリング会社に決済する必要はありません。これを『償還請求権なし(ノンリコース)』と言います。前述したように自営業・個人事業主ファクタリングは融資ではなく売買契約になるので、対象の売掛金回収リスクもファクタリング会社に移転します。佐賀の自営業・個人事業主様がファクタリングをすることによって最短即日での資金調達ができるだけでなく、売掛金回収リスク管理にもなるということになります。

取引先からの入金があったにもかかわらず、他の支払いに使用してしまいファクタリング会社への決済をせずにいると横領罪に問われる可能性もあります。佐賀の自営業・個人事業主様が売却した対象の売掛金はきちんとファクタリング会社に決済をしましょう。
万が一、取引先からの入金がなかった場合にはファクタリング会社から入金された資金を返還する必要はありません。「取引先からの入金がない」と証明できるような書類(取引先からの通知や通帳の写し等)をファクタリング会社に提出して下さい。

 

佐賀で今すぐ自営業・個人事業主ファクタリング

佐賀の個人事業主であっても佐賀のファクタリング会社を利用する必要は特にありません。

佐賀にあるファクタリング会社を選ぶメリットとしては『来店しやすい』といったことが挙げられるでしょう。自営業・個人事業主ファクタリングができるファクタリング会社の中には対面審査や対面契約が必須となるところもあります。対面必須かつ遠方で佐賀からは距離のあるファクタリング会社と契約するときには、来店するための飛行機や新幹線代などの移動費がかかってきます。時間がとれない個人事業主の場合、ファクタリング会社担当スタッフが出張対応で佐賀まで訪問してきてくれることもありますが出張対応費として費用を請求されることがほとんどです。

対面してからの契約を希望するのはファクタリング会社側だけとは限らないでしょう。佐賀の自営業・個人事業主様も大事な取引先への請求書を活用してファクタリング契約をするわけですから、信用できるファクタリング会社か確かめるために「実際に会ってから契約したい」「来店してファクタリング会社の雰囲気を見たい」という場合もあるに違いありません。

来店しやすい佐賀もしくは佐賀近隣エリアのファクタリング会社を選べば移動費を削減して自営業・個人事業主ファクタリングができるようになります。

佐賀エリアのファクタリング会社

残念ながら佐賀エリアにはファクタリング会社はありません。全国的にも事業者数が少ないというのが主な理由でしょう。

すぐ行ける距離にはファクタリング会社がないかもしれませんが九州内にはたくさんファクタリング会社がありますし、来店不要のファクタリング会社は全国にもたくさんありますので「佐賀からはファクタリングを利用できない」と諦める必要はありません。

佐賀県の自営業・個人事業主様対応可能な福岡のファクタリング会社や来店不要のファクタリング会社をいくつかピックアップしてみましょう。


ジャパンファクター

九州・熊本にも支店があり契約に必要な書類が揃えば即日契約・即日入金が可能です。来店しようと思えば新幹線やJRですぐ行けますし、ジャパンファクターから出張対応(無料)で来てもらうことも可能です。30万~50万の少額ファクタリングでもOKなので、法人取引額が少ない佐賀の自営業・個人事業主様も安心して相談できます。
また非対面契約も可能なので電話やメールなどのやりとりだけでも佐賀の自営業・個人事業主様はファクタリングが利用できます。ファクタリング業協会会員のファクタリング会社なので安全・信頼性も高いと評価できます。買取手数料の低さと再契約にも積極的に対応してくれることから、他社利用からの乗り換えでジャパンファクターを選択する自営業・個人事業主様も多いようです。

公式ホームページはこちら

運営会社株式会社ジャパンファクター
代表者遠山 信孝
住所本社:福岡県福岡市中央区警固2丁目18番13号
事業内容ファクタリング事業
HPhttps://japanfactor.info/

 

OLTA(オルタ)

オンライン完結型のファクタリング会社です。登録後にマイページから必要書類をアップロードしてファクタリングの申請などを進めていくクラウドファクタリングです。メディアでもよく取り上げられており、大手だからこその低い買取手数料が魅力です。
「24時間以内に資金調達可能」となっていますが需要が多く、初回契約までは時間がかかっているようなのでOLTAを利用したい場合には早めに申し込んだ方が良いでしょう。登録と本人確認まで済ませておくといざ資金が必要になったときにスムーズかもしれませんね。

公式ホームページはこちら

運営会社OLTA株式会社
代表者澤岻 優紀
住所東京都港区南青山1-15-41
事業内容クラウドファクタリング/与信モデルの企画・開発・提供
HPhttps://www.olta.co.jp/

 

アクセルファクター

全国対応のファクタリング会社なので佐賀の自営業・個人事業主様も問題なく相談できます。
アクセルファクターの特徴としては審査通過率が高いということが言えます。ファクタリングでは銀行融資などよりも審査は簡潔で時間もかからず審査通過率は高いですが、アクセルファクターは9割以上の審査通過率だとHPに記載があります。年間2000件以上の相談数があって申込みをするのは半数だと仮定しても、年間900件以上の事業者が利用している計算になります。

公式ホームページはこちら

 

運営会社株式会社アクセルファクター
代表者郡司 陽介
住所東京都新宿区高田馬場2-14-9 6F
事業内容ファクタリング業など
HPhttps://accelfacter.co.jp/

 

九州のファクタリング会社についてもっと知りたいなら▽

関連記事

福岡・九州に拠点があるおすすめファクタリング会社【2020年最新版】新型感染症の流行により日本経済全体への影響、中小企業の資金繰り状況にも大きな変動がありますd。そしてファクタリング業界でも変化が見られます。実績のファク[…]

 

佐賀でも来店や対面不要で自営業・個人事業主ファクタリングするなら

対面審査や来店契約が煩わしいという佐賀の自営業・個人事業主様も多いでしょう。脱ハンコやリモートが推進される時代になりました。

自営業・個人事業主ファクタリングももちろん、佐賀にいながらでもオンライン完結で利用が可能です。ファクタリング会社のHPから申請をして、電子契約書で契約を締結し、ファクタリング会社からの入金までの流れを1日で完了することができるようになっています。

来店不要で佐賀の自営業・個人事業主様が利用できるおすすめのファクタリング会社5選はこちら▽

関連記事

個人事業主でも即日資金調達が可能!取引先への請求書を早期現金化するファクタリングこのページを読めばファクタリングの仕組みを理解し、資金調達するための準備が始められます。近年、注目度が高い金融サービスでファクタリングをご存じでしょ[…]

 

※この記事は元ファクタリング会社勤務のスタッフが作成しました。