規制求める声|ファクタリング業者を装った闇金業者の横行

中小企業・個人事業主からあがる声…ファクタリングに法規制を

2017年に入ってファクタリング業者を装った闇金業者が多く摘発されました。

1月にはファクタリングを装い貸金業者の登録なしで融資を行い3月には法定利息の約19~33倍となる金利で貸金を行った出資法違反の容疑で東京の業者が摘発されています。

そのおおまかな内容について日本経済新聞の記事で明らかになってきました。

日本経済新聞

債権を買い取って回収を代行するサービス「ファクタリング」を装ったヤミ金融が横行し、警察当局が取り締まりを強めている。大阪…

関連記事

悪徳なファクタリング会社の捜査は終結2017年に入ってファクタリング業者を装った闇金業者の多くが摘発されました。1月にはファクタリングを装い貸金業者の登録なしで法定利息の約19~33倍となる金利で融資をした出資法違反の容疑で東京[…]

ファクタリング ニュース

日本経済新聞によれば、これまでに大阪地裁は判決期日を迎えた中心メンバーらを有罪にしているとのことです。
そして7月には栃木県警も別グループの男2人を逮捕し調査を進めています。

出典:日本経済新聞

ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に売却し入金期日よりも前に資金化する金融サービスです。

そして、3社間ファクタリングだとファクタリング会社が売掛先である取引先企業から売掛債権を直接回収します。
2社間ファクタリングでは申し込まれた法人・個人事業主が売掛債権を回収してファクタリング会社に決済します。

ジャパンファクターで資金調達

【ファクタリング利用企業:約320万円の売掛金を売却&20万円の借入れ】

約320万円の売掛金を売却し手数料が10%かかったと仮定すると約290万円がファクタリング会社より支払われなければなりません。

しかし、摘発された悪徳ファクタリング業者は中小企業とファクタリング契約を結ぶ一方で20万円の貸付も行っていました。
契約した企業は利息を含めて31万円を返済しています。
またファクタリングを契約したにも関わらず資金化した売掛債権は入金されませんでした。

結局この悪徳ファクタリング会社は「ファクタリングを行わずに売掛債権を担保に融資を行った」わけです。
つまり貸金業者の資格を持たず無登録で貸金を行ったことで貸金業法違反(無登録営業)になります。

同グループのメンバーが同様の手口で複数の中小企業への貸付を繰り返し行っていたことが確認され2017年1月以降は14人が逮捕されています。

このようなことからファクタリングに対する規制のない現状を問題視する意見が挙がっています。


しかしファクタリング自体は決して違法ではなく銀行融資以外の資金調達方法として重宝されるべき金融サービスです。
今回のことでファクタリングに対する印象が悪くなった法人・個人事業主は多いことでしょう。

ここで再度ファクタリングについて知って頂きたいです。

そしてファクタリング会社をしっかり見極めて被害に合わないようにしてください。

関連記事

このページでは、銀行融資を受けられない法人・個人事業主でも資金を調達できる金融サービス『ファクタリング』を紹介します。実はとても簡単なファクタリングを導入して企業のキャッシュフローを改善しましょう!ファクタリングとはどんな資金調[…]

>売掛債権を高額買取中

売掛債権を高額買取中

ファクタリングとは、日本経済を、企業を支えること。法人・個人事業主様の健全な資金調達をサポートする。
売掛債権を買い取って速やかに入金。シンプルでスマートな資金調達。
信用取引から請求書売却へ。借りない、借金にならない世界へ。
株式会社 Japan factor