事業者向けファクタリングの最新ニュース!個人流用や請求書を偽造した利用者も

事業者向けファクタリングの最新ニュース!個人流用や請求書を偽造した利用者も

 

最近までは聞き慣れない資金調達方法だったファクタリングですが、2017年以降くらいからは中小企業や個人事業主のスピード資金調達手段として利用者を拡大してきました。

<中小企業金融の多様化と円滑化に向けた具体的スキーム>*右上出典:中小企業庁 研究会 中小企業金融の多様化と円滑化に向けた具体策に関する研究会(平成15年5月 中小企業庁金融課)

 

同時にファクタリング会社も増え、サービスの向上が著しくなり「ファクタリングが便利だが費用が高い」と言われていたファクタリング手数料も以前と比較するとかなり低くなっています。調達額の20~30%前後の手数料が必要だった時代は終わり、現在は2~20%以内の手数料が一般的になってきて、より一層利用しやすい環境が整ってきました。

以上のような理由もありファクタリング取引を導入する中小企業や個人事業主が増えました。それと同時にトラブルとして聞こえてくるニュースも増加しています。

元ファクタリング会社勤務スタッフ
事業者向けファクタリングでの最新ニュースを取り上げながら、どんなトラブルが起きてどんな問題があるのかなどを解説していきます。

事業者向けファクタリングでの最新ニュースをチェック①コロナ倒産を回避したいファクタリング需要は増加アンケート結果OLTAのクラウドファクタリング

 

事業者向けファクタリングでの最新ニュースをチェック
①「コロナ倒産を回避したい」ファクタリング需要は増加アンケート結果
②OLTAのクラウドファクタリングが『東京金融賞2020』に採択
③診療報酬債権を不正に売却し、着服
④ファクタリングのシステムを悪用し、架空債権売却で数億円を搾取そもそも事業者向けファクタリングとは?
・ファクタリングで事業資金を調達する最大のメリット
・ファクタリングを利用する際の注意点やデメリット
・ファクタリング資金調達の流れ(3社間ファクタリング)
・ファクタリング資金調達の流れ(2社間ファクタリング)ファクタリングの最新ニュースから考える、今後の資金調達の多様化2社間ファクタリングで即日資金調達するなら!注目のファクタリング会社

 

事業者向けファクタリングでの最新ニュースをチェック

2020年下半期における事業者向けファクタリングのニュースをご紹介します。

 

①「コロナ倒産を回避したい」ファクタリング需要は増加のアンケート結果

コロナ対策として給付金、補助金、助成金といった政府系金融機関からの資金援助施策はありましたが、時間がかかることが問題となっていました。

また2020年上半期までは銀行融資も付きやすかったと事業者からの声がよく聞かれましたが、それも一時的なものでした。
そんな中で「助成金がおりるまでのつなぎ資金を」と、最短即日~1週間ほどで資金調達ができるファクタリングを利用した中小企業は多かったようです。

※アンケートは、ピーエムジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:佐藤 貢)が従業員数100名以下の中小企業経営者を対象に「コロナ倒産」に関する調査を実施したものです。

「倒産を防ぐために行っている対策を教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『給付金や補助金、助成金の申請(49.7%)』 と回答した方が最も多く、次いで『融資(34.1%)』『休業(18.8%)』『ファクタリング(15.9%)』『出資(13.3%)』 と続きました。

続いて、「倒産を防ぐために実施を検討している対策を教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『給付金や補助金、助成金の申請(43.3%)』 と回答した方が最も多く、次いで『融資(29.3%)』『休業(17.0%)』『リストラ(15.1%)』『ファクタリング(13.4%) と続きました。

引用・出典:value press –【コロナ倒産が急増!】中小企業経営者に聞いた現在の経営の状況とは!?

ファクタリングは担保や保証人も不要で、入出金明細や請求書を提出することで銀行の融資審査が通らなかった事業者も利用可能です。

OLTAのファクタリングでは、コロナの影響が出始めた2020年3月のファクタリング申込み事業者数は前年同月の3倍だったといいます。債権譲渡登記を留保できるファクタリングを選択すれば、借入負債とはならず信用情報にも残らないので次のタイミングで銀行融資を受けようとしている事業者にもメリットが大きいです。

 

元ファクタリング会社勤務スタッフ

「助成金でファクタリングできないか」という問い合わせも多く、それだけコロナの影響を受けて資金繰りに行き詰った事業者が多かったということでしょう。

 

②OLTAのクラウドファクタリングが『東京金融賞2020』に採択

東京金融賞の「金融イノベーション部門」は、身の回りにあるBtoCサービスやBtoBサービスについて不満や要望、利用できたら嬉しいサービスなどを都民及び都内事業者から伺い、東京都として解決すべきテーマを設定し、解決策を国内外の金融事業者から募集して選定していくものです。
審査会において事業者の金融サービスに関するニーズや課題の解決策となりえるか、などの観点から選定されます。

2020年10月29日、東京都が主催する東京金融賞2020 金融イノベーション部門において日本を含む20の国・地域、90事業者から「優れた解決策を提案した国内事業者(5者)」として採択されました。

引用・出典:OLTA株式会社 ニュース – 東京都主催の東京金融賞2020支援対象に採択されました

国内事業者の中でOLTAのクラウドファクタリングという金融サービスも一次審査会に通過しているということは、ファクタリングが事業者の資金繰りニーズの解決策になると考えられていると言っても良いのではないでしょうか。

 

※OLTAでは個人向け給与ファクタリング不可、入金が遅延している売掛債権の買取不可

元ファクタリング勤務会社スタッフ

OLTAのファクタリングはネット完結型・面談不要でファクタリング手数料は業界最安水準。大手・都市銀行との提携、日本経済新聞に何度も取り上げられるなど安心安全なファクタリング会社です。
まずは登録してすぐに見積もり依頼やファクタリング申込み申請ができるよう準備しておくと良さそうです。

 

③診療報酬債権を不正に売却し、着服

当時経営していた病院の診療報酬債権を理事という立場を利用してファクタリングで資金化し、自らが管理する口座へ入金させていたというニュースがありました。

その行為は複数回に及び、10億円以上を流用していたとみられる内容でした。家族が経営する別の病院の資金やブランド物購入に充てていた可能性があるとされています。ファクタリング利用者が不正流用で逮捕されたという事例です。

捜査関係者への取材で、遠藤容疑者らは数か月後に入る予定の診療報酬を債権として売って資金を調達する「ファクタリング」という手法ですぐに現金化し、遠藤容疑者の夫の病院の資金に流用していたことがわかりました。 こうした手法などで10億円以上流用したとみられ、警視庁が実態解明をすすめています。

出典・引用:Yahoo!ニュース – ファクタリングで診療報酬”現金化”元理事

既出している情報だけ見るとファクタリング会社に非はないようです。理事という立場でファクタリング契約に必要な書類である謄本や印鑑証明書などを取得し提出しているでしょうし、ファクタリング会社は診療報酬を早期資金化して得た資金の使途についてまで介入はできません。

2社間ファクタリングで利用者が取引先から回収を代行した場合に、そこで資金を使い込んでしまいファクタリング会社への決済ができなかったとします。そのような場合はファクタリング会社は「なぜ決済ができないのか」を利用者に尋ねた上で判断し、取引先へ「ファクタリング会社が譲り受けた債権です」という通知を行う必要が出てきます。ファクタリング会社本来の回収する動きをする必要があるからです。

そこで、このような流用や使い込み行為が発覚するケースが多発しています。

 

元ファクタリング会社勤務スタッフ

利用者による資金の使い込みは、実はよく起こっていてファクタリング会社が頭を抱えている問題の1つです。

 

④ファクタリングのシステムを悪用し、架空債権売却で数億円を搾取

2社間ファクタリングで取引先に通知されないことを逆手にとり、大手企業への請求書を偽造して取引があるように見せかけファクタリング会社から資金を騙し取ったとされるニュースです。ファクタリングで資金を作っては事業資金に充て、また新たに別の架空債権を用意してはファクタリングをして資金を作り、ファクタリング会社への決済を済ませるなどを繰り返して自転車操業を続けていました。

ファクタリング会社への支払いが遅れたときには取引先から対象債権額を回収しようとするファクタリング会社に対して、取引先関係者になりすまして自らが対応して偽造していたというから驚きです。搾取した約45億円のうち約30億円はファクタリング会社に還流されましたが差額については実在しない債権なので回収は不可能となるでしょう。

実在する有名企業2社に債権があるかのように装い、それを売却して計約3億4600万円をだまし取ったとしている。

色川容疑者は債権を売却する際、企業への請求書を偽造するなどして取引があるように見せかけていた。取引先の連絡先に自らのメールアドレスを準備するなどし、H.I.Fが債権の代金を回収しようとすると、自らが対応。詐取金を支払いに充てる一方で、新たな架空の債権を売り、自転車操業を続けていたという。

捜査2課は、同様に複数の有名企業に債権があるように装って100回以上にわたり、約45億円を詐取し、十数億円を焦げ付かせていたとみている。

引用・出典:産経新聞 – 架空債権売却で3億円搾取 イベント会社代表を逮捕

このように架空債権でファクタリングをしてファクタリング会社から金銭搾取した場合には詐欺罪の構成要件を満たしていると判断されるでしょう。そしてその被害額が500万円以上で刑事告訴されたときには執行猶予は付かず実刑になる可能性が高いと言われています。

 

元ファクタリング会社勤務スタッフ

ファクタリングは事業者の至急の資金繰りの悩みを解決するのに有効的な金融サービスですが、このような利用者がいれば審査に時間をかけて厳しくする必要がでてきます。そうなればスピード資金調達したいという事業者のニーズに応えることが困難になってしまいます。

 

 

そもそも事業者向けファクタリングとは?

事業者向けファクタリングは商取引において発生した売掛債権を早期資金化する事業資金調達方法です。

 

法人企業または個人事業主、事業性のあるフリーランスなどが取引先へのサービスの提供や商品の納品完了後に、請求書を発行することで発生する『売掛債権』をファクタリング会社に売却して、期日よりも早く使える資金にできる金融サービスです。

売掛債権の他、『売上債権』『売掛金』『請求書』の早期資金化とも表現されますが、すべてこのファクタリングのことを指しています。

入金待ちの売掛金をファクタリングで早期資金化できる

 

ファクタリングで事業資金を調達する最大のメリット

保有する売掛金の早期資金化なので借入にはならず負債として計上せず、バランスシートの数字のスリム化ができるというメリットがあります。そして銀行融資やビジネスローンとは異なり、利用者の財務状況ではなく『売掛債権の質』『取引先の信用力』を信用情報として審査されます。

赤字決算や債務超過、税金未納などの理由により融資を受けられない事業者であっても利用できるというのが中小企業や個人事業主がファクタリングで資金調達を検討する大きなきっかけとなっています。

赤字決算や債務超過、税金滞納中でも利用可
必要書類も少なく申請ハードルが低い
最短即日の資金調達可
売掛金の回収リスクもファクタリング会社にヘッジできる

他にも取引先からの入金待ちの請求書など取引成因書類を用意すれば、簡単にホームページから無料見積もりを申請できます。「いつまでに」「いくらで買取可能か」が最短即日でわかり、契約内容に納得いけばそのまま電子契約により即日買取実行もできます。

元ファクタリング会社勤務スタッフ
銀行融資では間に合わない」という経営者や経理担当者の資金繰りの悩みをスピード解決できる点もファクタリング資金調達のメリットです。

 

ファクタリングを利用する際の注意点やデメリット

ファクタリングで入金前の売掛債権を売却して早期資金化するためには『買取手数料』や『ファクタリング手数料』と呼ばれるコストが必要となります。『売上債権売却損』などとして仕訳・勘定します。

融資ではないので『利息』にはなりません。ファクタリング取引における取引先の信用力や不渡りリスクなどの審査を通してファクタリング会社が設定するもので、売掛債権額のうちの1%~10%を手数料としてファクタリング会社に支払う可能性もあるので決して安いとは言えません。

ファクタリングは前述したように

赤字決算や債務超過、税金滞納中でも利用可
必要書類も少なく申請ハードルが低い
最短即日の資金調達可
売掛金の回収リスクもファクタリング会社にヘッジできる

などの特徴がありますが、その分、融資の利息よりも買取手数料という高いコストが必要になります。

元ファクタリング会社勤務スタッフ
ファクタリングを利用することでキャッシュフローの改善やバランスシートのスリム化が期待できますが、高すぎる買取手数料だと逆に経営を悪化させる危険性も持ち合わせています。

 

ファクタリング資金調達の流れ(3社間ファクタリング)

ファクタリング会社からは対象の売掛債権の買取額が利用者に支払われ、本来の請求支払い日に取引先からファクタリング会社へと売掛金の入金があります。

万が一、取引先が売掛金を支払えない場合でもその回収不能リスクはファクタリング会社が負い、利用者は売掛債権を買い戻す必要はありません。売買契約となるのでノンリコースとなります。

ファクタリング資金調達の流れ(3社間ファクタリング契約の場合)

①取引先への請求が確定した売掛債権をファクタリング会社に売却することで早期資金化します。その際、取引先企業へは『債権譲渡通知』をします

②売却する売掛債権を特定した上で、買取額と手数料に合意して契約書を締結したあと、ファクタリング会社から買取額の支払いがあります。

③本来の支払い期日に取引先から直接ファクタリング会社へと対象債権の売掛金が入金されることで、この3社間ファクタリング契約は完了となります。

 

元ファクタリング会社勤務スタッフ

これが本来の事業者向けファクタリングのスキームとなります。欧米諸国では古くから活用されてきた小規模事業者のための資金調達方法ですが、日本では手形取引が主流だったためにようやく認知されるようになってきた段階です。

そのせいもあって、この売掛債権譲渡というファクタリングについて取引先・元請に知られると「信用問題にかかわる」と懸念する事業者が圧倒的に多いのです。

そのため取引先企業への『債権譲渡通知』を留保して、取引先へ知られずにファクタリングを実行する”2社間ファクタリング”契約が日本では主流となっています。その代わりとなる債権譲渡登記を活用するケースもあります。

ファクタリングする対象の売掛債権が、診療報酬債権や介護報酬債権だった場合には取引先は国や地方自治体、国保連などとなります。
建設業や運送、製造業などの事業者と元請との取引関係とは異なり、3社間ファクタリングを選択しても取引への影響はないと考えられています。

介護サービス関連事業者やクリニック、歯科医院などの事業者は手数料が低い3社間ファクタリングを導入していることが多くなっています。

 

ファクタリング資金調達の流れ(2社間ファクタリング)

ファクタリング会社からは対象の売掛債権の買取額が利用者に支払われ、本来の請求支払い日に通常通り取引先から利用者へ売掛金の入金があることを確認します。(利用者は回収を代行している形に)

取引先からの入金確認ができ次第、利用者は回収代行した売掛金をファクタリング会社に入金します。そうすることで「取引先に知られずにファクタリングしたい」という利用者の希望を実現することはできます。

ファクタリング資金調達の流れ(取引先に通知なしで契約の場合)

①取引先への請求が確定した売掛債権をファクタリング会社に売却することで早期資金化します。その際、取引先企業へは『債権譲渡通知』は留保します。

②売却する売掛債権を特定した上で、買取額と手数料に合意して契約書を締結したあと、ファクタリング会社から買取額の支払いがあります。

③本来の支払い期日に取引先から利用者へ売掛金の入金があります。

④取引先から回収した売掛金をファクタリング会社へと決済します。取引先からの入金がなかった場合にはファクタリング会社にその旨報告連絡をします。
※取引先からの入金遅延の通知書類や入出金が分かる通帳などをファクタリング会社に提出する必要があります。

 

元ファクタリング会社勤務スタッフ
取引先へ知られずにファクタリングをするために、3社間ファクタリングではなかった④の資金の流れが発生します。
これによりファクタリング会社は利用者による使い込みリスクが上がるため手数料もあげる傾向にあります。
それでも取引先へ通知しない2社間ファクタリングを選択する事業者が圧倒的に多いのが今の日本の現状です。

 

実はファクタリング資金調達方法には、『3社間ファクタリング』と『2社間ファクタリング』の選択肢があるわけですが、日本では取引先へ知られずに取引ができる2社間ファクタリングが主流です。

取引先へ知られないだけでなく、2社間取引にすることで契約にかかる時間が短縮されて即日対応が可能になるという理由も大きいでしょう。

 

ファクタリングの最新ニュースから考える、今後の資金調達の多様化

2020年後半、ファクタリングの最新ニュースでは良い面も悪い面もありました。

中小企業や個人事業主ファクタリングへの需要は高まり、スピード資金調達に成功し資金繰りの悩みを解決した事業者も増加したでしょう。

利用者や利用を検討している事業者が増加した反面、悪用して資金を搾取するケースも発生しています。『給与ファクタリングはヤミ金融に該当する』という見解が出たあとには、「事業者向けファクタリングはどうなのか?」「事業者向けファクタリングも訴えればヤミ金だから支払った手数料が戻ってくるのではないか」と訴訟を起こそうと考える事業者も多かったようです。

実際に事業者向けファクタリングに関する訴訟において、不当利得返還請求の判決が出た事例もあれば結局は訴えを起こした利用者が敗訴したりもしているようです。

※事業者向けファクタリングにおける裁判や判決は?追記予定

 

このような問題が発生した大きな理由として挙げられるのが、いまだファクタリングに関する法整備が追い付いていないということです。

最短即日での資金調達、銀行に頼らない”借りない資金調達”ができるファクタリングは、中小企業や零細企業、個人事業主、フリーランスにとって資金繰り方法の1つとして今後も重宝され、いつでも選択できるように整備されるべきです。

法整備によりグレーゾーンがなくなり、ファクタリング会社側、利用者側も安心安全にサポートと導入ができるようになることが期待されます。

中小企業や個人事業主の資金調達の多様化は今後も重要課題であり、ファクタリング業界もそのニーズに応えるべくさらに便利で利用しやすいサービスへと企業努力していくと考えられます。

 

2社間ファクタリングで即日資金調達するなら!注目のファクタリング会社

個人事業主・非対面契約・他社乗り換えOKのファクタリング会社

 

OLTA(オルタ)

オンライン完結型ファクタリングのオルタ
↓申込み方法↓
HPより会員登録後、買取申込み
HPはこちら
日本初のオンライン完結型ファクタリングサービスを提供しているOLTAは『はやい』『かんたん』『リーズナブル』が安定したファクタリング会社です。必要書類もアップロードして提出し、資金調達にかかるコストや時間も削減できます。

OLTAの特長は、銀行との提携やAI審査により業界最安水準の手数料で売掛債権の早期資金化ができるところ。手数料2~9%でその他諸経費はかかりません。

ジャパンファクター

電子契約でスピードファクタリング可能なジャパンファクター
↓申込み方法↓
HPよりフォーム送信後、無料見積もり
HPはこちら
日本全国対応のジャパンファクターは、電子契約を導入済みで非対面契約が可能になりさらに便利になり実績数を伸ばしているファクタリング会社です。他社からの乗り換え相談も増加しているとのこと。

ジャパンファクターの強みはスピード対応と審査の柔軟さ、利用者が契約内容を選べる点です。2社間取引だけではなく、手数料が低い3社間取引、登記の留保など利用者の状況に応じてその時最善の方法で対応可能でファクタリング会社です。

 

ビートレーディング

ファクタリング業界の老舗ビートレーディング
↓申込み方法↓
HPよりフォーム送信後、スピード見積もり
HPはこちら
ファクタリングでの資金調達を検討したことがある事業者なら一度は耳にしているであろうビートレーディングは、ファクタリング会社の中ではベテラン企業です。
取扱件数2.1万社や全国4店舗という実績に繋がっています。非対面契約も可能ですが、「“見える”業者となら安心して契約できる」という経営者も多いはず。福岡や仙台にも支店があるため、地方の事業者も来店しやすい環境が整っています。

アクセルファクター

原則即日振込対応のアクセルファクター
↓申込み方法↓
HPよりフォーム送信後、無料見積もり
HPはこちら
全国に3つの拠点をもつファクタリング会社で、大手資本のグループ会社なので安心感も備えています。こちらも相談数・取引数が伸びているファクタリング会社の1つです。

事務的な審査ではなく利用者から話を聞いて請求書の買取判断材料を集め、資金繰りに困っている事業者の解決策を一緒に模索します。
低額からのファクタリングにも積極的に対応可能です。