熊本|介護ファクタリングで資金繰りをサポートします

熊本の介護事業者のための金融サポートをご紹介

熊本の企業さまの資金難にファクタリングでサポートします

事業を運営していく際に、銀行融資というのは頼みの綱です。

しかし、銀行融資を受けるためには様々な条件をクリアして審査に通らなければなりません。

赤字決算や税金未納、債務超過などの財務状況であれば銀行融資は難しいでしょう。

またこのような問題はなくても、

「明日までに500万の資金が必要だ!」というような至急の資金繰りが必要になった場合にも銀行融資ではそのスピードがありません。

銀行融資を受けられない 

 

銀行融資では間に合わない 

 

銀行融資以外の方法を利用したい

国保連からの入金はまだまだ先・・・。

といった資金繰りの悩みをサポートできるのが ファクタリング という金融サービスです。

ファクタリングは様々な業種で導入されている資金調達方法です

建設業、製造業、運送業などの熊本の企業さまはもちろんのこと、飲食関連業であってもクレジットカード決済額が多ければクレジット債権ファクタリングを利用することができます。

いろんな業種の企業さまに利用して頂くことができるファクタリングですが、

熊本の介護事業者さまや医療事業者さまにも簡単に導入することができます。

ファクタリング会社によっても異なるところはありますが、

【 介護ファクタリングなら 】

  審査のための面倒な書類の準備は不要 

  介護伝送ソフトの変更不要 

  契約回数の縛りなし 

✓  繰り返しOK!単発の利用OK! 

という利用しやすい条件を揃えているファクタリング会社もあります。

熊本の企業さまにとってもメリットが大きいファクタリングという資金調達方法ですが、「よく分からないから」「闇金では?」などと敬遠されている経営者の方も少なくありません。

ファクタリングは煩わしいものでも闇金でもありません。

熊本の介護事業者さまが 簡単に導入できる介護ファクタリング がどういったものなのか紹介していきます。

熊本の企業さまが利用しているファクタリングとは

まずファクタリングの仕組み、流れについて紹介します。

熊本の企業さまが取引先企業へのサービスの提供、商品の納品が完了し、取引先企業に対して請求を出します。

「請求書を発行し、支払い日には取引先企業から熊本の企業さまに入金がある」ということ、これを 売掛債権 としてファクタリング会社へ譲渡することで資金化できるのがファクタリングです。

熊本の企業さまが3社間ファクタリングをした場合

熊本の企業・個人事業主も利用しているファクタリングという資金調達方法とは

①熊本の企業さまが取引先企業に対して請求を出すことにより売掛金が発生します。

②売掛金を早期資金化したい場合、ファクタリング会社に相談し契約内容の提案を受けます

③取引先企業へ対象の売掛金をファクタリング会社へ譲渡することを通知します。

④ファクタリング会社は熊本の企業さまへ対象の売掛金の譲渡額を入金します。
ファクタリング会社によっても様々な表現をすることがありますが、「熊本の企業さまの売掛金を
ファクタリング会社が買取ってその買取額を支払う」「熊本の企業さまの売掛金をファクタリング
会社が前払いをする」とも言えます。

⑤本来の支払い期日に取引先企業よりファクタリング会社へ直接入金されます。

以上が一般的な3社間ファクタリングの流れになります。

取引先企業に通知して3社間で契約し、取引先企業から直接ファクタリング会社へ入金があるという流れを採用することによりファクタリング手数料が最も安くなります。

熊本の企業さまが2社間ファクタリングをした場合

熊本の企業さまが「取引先企業に通知せずにファクタリングを契約したい」と希望する場合には 2社間ファクタリング という選択肢もあります。

2社間ファクタリングなら熊本の企業も即日資金調達が可能に

①熊本の企業さまが取引先企業に対して請求を出すことにより売掛金が発生します。

②売掛金を早期資金化したい場合、ファクタリング会社に相談し契約内容の提案を受けます

③ファクタリング会社は熊本の企業さまへ対象の売掛金の譲渡額を入金します。
取引先企業へ熊本の企業さまの承諾なしに連絡をすることはありません。取引先企業に知られずに売掛金の早期資金化が可能となります。

④支払い期日に取引先企業より熊本の企業さまへ売掛金の支払いがあります。

⑤取引先企業からの支払いを確認したら、ただちに譲渡額+ファクタリング手数料をファクタリング会社へ支払います
例えば、熊本の企業さまが100万円を2社間ファクタリングで資金調達した場合、取引先企業から売掛金が入ったら、100万+ファクタリング手数料10万=110万をファクタリング会社に入金することになります。

以上が一般的な2社間ファクタリングの流れです。

取引先企業に通知する時間が省かれる分、より資金化までの時間が短くなります。

「即日や明日までに資金が必要!」という熊本の企業さまが最も利用しているのが2社間ファクタリングです。

図には記載していませんが、登記をするかどうかも熊本の企業さまにはポイントとなります。

ファクタリング会社によっては登記は必須となっているところもあれば選ぶことができるところもあります。これによりファクタリング手数料が変わってくるでしょう。

売掛金を担保にする融資とは違います

「熊本の企業さまが保有する売掛債権をファクタリング会社に譲渡する」というのは 売買契約 になります。

熊本の企業さまが保有する売掛債権を担保として融資をするわけではありません。

それは ABL(売掛債権担保融資) という別の融資サービスになります。

ファクタリングは融資ではないため「返済」という概念はなく、売買契約に基づく「決済」となります。

融資となると審査対象は熊本の企業さまとなり、クリアしなければならない条件が多くなります。

しかしファクタリングでは大きく違ってくるのです

熊本の企業さまが資金調達まで必要な書類などについて

銀行融資では

提示しなければならない書類も多いです。

それに伴い審査は厳しく、時間もかかることになります。

また財務状況によっては融資を受けるのが難しい熊本の企業さまも多いでしょう。

銀行融資を待っていては資金ショートを起こしてしまう

【 融資の場合 】

・決算書
・貸借対照表
・試算表
・事業計画書
・納税証明書
・資金繰り表
・借入状況の一覧

など・・・

融資の場合、返済していくのは融資を受ける熊本の企業さまとなり、主な審査対象も当然熊本の企業さまとなるでしょう。

そのため熊本の企業さまが上記のような書類を準備して融資のための審査を受けることになります。

しかし、ファクタリングでは”譲渡”となります。

これは取引先企業が支払う予定の確定した請求額を、ファクタリング会社が支払いを受けることを意味します。

つまり、取引先企業が請求に対してきちんと支払いをできるかどうかがファクタリング会社にとっては重要となります。

ファクタリングでは

ジャパンファクターのファクタリングなら即日で事業資金を調達可能

ファクタリングの場合

主な審査対象は取引先企業となるため

熊本の企業さまに準備して頂く書類は

必要最低限に。

(※ファクタリング会社によっても異なります。)

例えばジャパンファクターでは熊本の企業さまに準備して頂く書類は

【 申込時に必要な書類 】

■ 取引関係書類(直近3か月分)※請求書・納品書・契約書など

■ 入金口座(直近1年分)※取引先からの入金が分かる通帳など

■ 代表者身分証明書 ※免許証など

■ 許可証(必要な業種の場合)

としています。

銀行融資に必要な書類と比較してはもちろんのこと、ファクタリング会社の中でも少ないです。これにより「チェックする書類が少ない=審査結果、契約成立までの時間が早い」ということになります。

熊本の企業さまがファクタリングを利用するとこんなメリットも

熊本の企業さまがファクタリングを利用することでリスクヘッジができるというメリットがあります。そのリスクとは売掛金の回収不能リスクです。

もしも、取引先企業が売掛金を支払えずに不良債権となった場合でも、ファクタリング契約では担保としているわけではないため熊本の企業さまに請求することはできません。

ファクタリング会社が負担することになります。

実はファクタリングをすることで熊本の企業さまは売掛金回収不能リスクもファクタリング会社に譲渡できるということになるのです。※不良債権とすでに分かっている場合はまた異なります。

これまで一般的なファクタリング契約やその流れについて紹介してきました。

では、介護や医療事業の場合でもファクタリングは可能なのでしょうか?

「売掛金」がない熊本の介護事業者はファクタリングは利用できないの?

結論から言えば、もちろん 可能 です。

介護関連事業者さまでもファクタリングで資金調達するができます。

熊本の介護事業者さまの場合は、

売掛金=介護報酬債権としてファクタリングでの資金調達が可能となります。

熊本の介護事業者さま向け「介護ファクタリング」とは

他の業種の企業さまが取引先企業へ請求を出したら売掛金が発生するのと同様に、

熊本の介護事業者さまが介護サービスなどの提供に応じて、国保連に介護給付費の請求を出せば介護報酬債権が発生します。

この介護報酬債権をファクタリング会社に譲渡することにより、介護給付費の早期資金化が可能となります。

ファクタリングで使用される「介護給付費買取」や「介護報酬前払い」などは介護ファクタリングのことを指しています。

熊本の介護事業者が利用できる「介護ファクタリング」の流れ

介護ファクタリングであっても3社間、2社間ファクタリング契約は可能であり、入金の流れはほとんど同じです。

しかし介護ファクタリングの特徴としてデポジット(留保金)が発生することがあります。

介護ファクタリングでのデポジットとは

介護事業だけでなく、医療報酬などでもそうですが査定の結果によりレセプト請求と実際の支払決定額には差が生じてしまうことがあります。請求額より少ない額が国保連より支払われることになるとファクタリングをした場合には影響があります。

このようなことにも対応できるようにするために、介護ファクタリングでは介護給付費の請求額のうち8割ほどを上限としているファクタリング会社がほとんどとなっています。

熊本の介護事業者さまにとって、早期資金化できる介護給付費が8割未満なのか9割以上なのかは至急の資金調達の上で重要なポイントになるのではないでしょうか。

例えば、熊本の介護事業者さまが1,000万の介護報酬債権を保有しているとき、早期資金化できるのは800万、残りは国保連から支払い日にしか入金されません。

デポジットなしの介護ファクタリングも

もしも介護ファクタリングをやっても資金が足りない場合には別の調達方法も模索しなければなりません。時間と労力が不可欠となります。

介護や医療事業においてはレセプト請求に過誤が生じることは多々あります。そのためこのように早期資金化できる金額に上限が設定されることも仕方がない策だと言えるでしょう。

熊本の介護事業者がジャパンファクターで「介護ファクタリング」を利用したときの流れ

しかしデポジット不要で介護ファクタリングができるファクタリング会社もありますので、資金調達希望額に応じて相談してみて下さい。


会社名
電話番号
メールアドレス
早期資金化 希望額
早期資金化 希望日
年商
ファクタリング利用歴 利用歴あり利用歴なし

他の業種の企業さまももちろんデポジットなしでファクタリングが可能です。 売掛金があればご相談下さい。 診療報酬債権、クレジットカード債権などでもファクタリングで即日資金調達は可能です。

熊本でも介護ファクタリングを導入する企業が増えているわけ

さらに、介護事業者さまは他の業種の企業さまと比べてもより利用しやすい仕組みになっているのがファクタリングです。

熊本の介護事業者さまがファクタリングを利用するためにもファクタリング会社による審査に通らなければなりません。

ファクタリングにおける審査内容というのはファクタリング会社独自のものとなり、銀行融資のそれとは異なります。そのため先にも述べたように準備する書類なども違います。

ファクタリングの主な審査対象となるのは「ファクタリングを利用する熊本の企業さま」ではなく、「熊本の企業さまに請求された売掛金を支払う取引先企業」になります。

これが熊本の介護事業者さまの場合は「国保連」ということになりますよね。

国保連は一般企業とは異なりますから、審査も不要、無審査でファクタリングができると表現しているところもあるくらいです。

リピート率も高いのが介護ファクタリング

手数料が安いので他の業種よりもリピート率も高いのが介護ファクタリングの特徴でもあります。

介護ファクタリングは資金ショート寸前の介護事業者さまをサポートできます

他の業種では売掛先企業の信用力によってファクタリング手数料は変動し、2社間ファクタリングを希望する企業も多いため手数料は割高になる場合があります。

その反面、介護ファクタリングでは

売掛先が国保連である

3社間ファクタリングで契約する事業者さまが多い

ということから

ファクタリングのリピート率も高いという結果になっています。

 
POINT!

レセプト請求で使用している伝送ソフトの変更などが必要ありません。

熊本の介護事業者さまが至急の資金調達が必要なら

ファクタリングを検討してみませんか?