福井|診療報酬債権ファクタリングで即日資金調達

福井の医療・介護関連業の資金繰りにファクタリング

医療・介護・調剤薬局などの事業ではレセプト請求により国民健康保険団体連合会や社会保険診療報酬支払基金に対して【診療報酬債権】が発生します。介護給付費や総合事業費、調剤報酬などもそうです。

一般的な企業間で発生する売掛債権と同じように、福井の事業主さまもこの診療報酬債権を活用して資金調達ができます。

それが 診療報酬債権ファクタリング です。

福井で医療・介護・調剤薬局関連業をしているという事業主さまもこの診療報酬・介護給付費・調剤報酬などの債権を活用して、ファクタリングにより 借りない資金調達 ができます。

診療報酬債権ファクタリングとは

通常、国保連や社保へ請求から支払いまで約2か月かかることになります。

その2か月を診療報酬債権ファクタリングを利用することで 即日~2週間ほどに短縮して早期資金化することができる のです。

診療報酬債権を早期資金化することで急な資金需要やキャッシュフローの改善に役立てることが可能となります。

診療報酬債権ファクタリングで資金調達をするにあたり、医療・介護関連の福井の事業主さまにはいくつかの選択肢があります。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングとは国民健康保険団体連合会・社会保険診療報酬支払基金などに通知をして、ファクタリング会社が国保や社保などの支払基金から直接支払いを受けることになるシステムです。

支払基金から直接ファクタリング会社に買取った診療報酬債権代金が支払われることから、

リスクが低いため ファクタリングにかかる費用(ファクタリング手数料)も最小限に抑えることができます

手続きとして支払基金への債権譲渡通知などが必要となってくるため、

3社間ファクタリングの場合では 即日でのファクタリング実行は難しく 診療報酬債権の早期資金化までは最初の問い合わせから1~2週間ほどはかかってしまうことも出てきます。

また地方自治体などによっても処理にかかる時間が異なるため、前後することもあります。うまくいけば1週間以内で実行できるケースもあるようです。

それでも 2社間ファクタリングと比較するとファクタリング手数料が半分ほどで済む ため、3社間ファクタリングを選択する福井の事業主さまが多くなっています。

国保連などの支払基金も債権譲渡の手続きには慣れているようですから、

多くの全国の医療・介護関連事業主さまが資金調達方法として診療報酬債権譲渡(ファクタリング)を選択していることが分かります。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングとは国民健康保険団体連合会・社会保険診療報酬支払基金などに通知をせず、福井の事業主さまとファクタリング会社だけで契約を行い診療報酬債権の早期資金化ができるシステムです。

買取した診療報酬債権の支払いは、福井の事業主さまが国保などの支払基金へ代行回収するような形となります。
そのため福井の事業主さまが希望する場合には、国保連など支払基金へ知られずにファクタリングをすることも可能となります。

支払基金から直接ファクタリング会社に買取った診療報酬債権代金が支払われず、一旦通常通り福井の事業主さまのところへ支払いがあります。
契約上ファクタリング会社が買取った債権ですので福井の事業主さまとしては回収代行してるような形です。

この『福井の事業主さまのところに1度入金されることになる』ということがファクタリング会社には少なからずリスクとなるため、

 2社間ファクタリングでは3社間ファクタリングと比較すると割高な手数料がかかる ことになります。

手続きとしては支払基金への債権譲渡通知などが不要となるため、

 即日でのファクタリング実行も可能 です。

福井の事業主さまがファクタリング会社が求める必要書類を準備して、契約が締結されればただちに入金されることでしょう。

次はこの 必要書類 について紹介します。

ファクタリング契約で必要になる書類とは

ファクタリング会社によって異なります。以下はいくつかのファクタリング会社がHPで掲載している契約に必要な書類です。また審査に必要な書類とは異なります。

謄本(取得日に制限あり。新しいものに限る)

法人印鑑証明

代表者住民票

決算書(勘定科目を含む)

概要記録事項証明書(登記の有無を確認できる書類)

など

審査に必要な書類とは

ファクタリング会社によって異なります。以下はいくつかのファクタリング会社がHPで掲載している審査に必要な書類です。また審査に必要な書類とは異なります。

ファクタリング会社によっては「仮審査」→「本審査」と段階が分かれているようなケースもあります。

取引関係書類(契約書や請求書、決定通知書など直近3か月分)

支払基金からの入金確認ができる書類(通帳など)

代表者身分証明書

決算書(勘定科目を含む)

など

審査に通過すれば今度は契約に必要な書類を準備する必要があります。謄本や法人印鑑証明は必須であり、役所などで取得しなければならない且つ3日以内に取得したものでなければならないなどの条件がある場合もあります。

この必要な書類を福井の事業主さまがどれくらいの時間で準備できるかによって、審査→契約→ファクタリング実行までにかかる時間も変動するでしょう。

上記はほんの一例であり、さらに多くの書類が必要となるところもあれば、より少ない準備物で審査と契約ができるファクタリング会社もあります。

福井の事業主さまが
3社間ファクタリングを選択するメリット

福井の事業主さまが3社間ファクタリングを選択するメリットはなんでしょうか。

ファクタリングで資金調達で以下のような条件をお持ちの福井の事業主さまは3社間ファクタリングを選択することおすすめします。

 資金調達希望額が大きい福井の事業主さま

ファクタリング会社のHPを見てみると、だいたいどのファクタリング会社も1億円くらいまでの債権買取が可能としています。そのため福井の事業主さまも1,000万円のファクタリングももちろん利用できるだろうと相談すると仮定してみましょう。

ファクタリング会社によって対応は異なりますが、 初回から高額の報酬債権を買い取って前払いするには多少のリスクを伴うため断られる可能性がある と思います。

例えば初回から1,000万円を希望してくる福井の事業主さまに対して、まだ信頼関係も築けていない状態で前払いするのに躊躇するのは当然のことですよね。それが2社間ファクタリングであればなおさらです。

2社間ファクタリングの場合、国保連などの支払基金から一度福井の事業主のところに支払われることになります。そのため本来であれば、すぐに福井の事業主さまからファクタリング会社に支払われなければならないその買い取った債権代金を、事業主さまが別の支払いなどに使い込んでしまうリスクも出てきます。

ですが、3社間ファクタリングの場合は国保連などの支払基金から直接ファクタリング会社に支払われます。上記のような2社間ファクタリングで起こりうるリスクは発生しません。そのため例え初回から1,000万円などの高額のファクタリングであっても、2社間ファクタリングよりははるかに契約成立しやすいのです。

もしも福井の事業主さまが高額のファクタリングを希望している場合には 3社間ファクタリング  がおすすめです。

※ほんの一例ですのでご自身でファクタリング会社に希望を伝えてみて下さい。

 開業・設立して間もないという福井の事業主さま

ファクタリングで資金調達をする際には、ファクタリング会社による独自の審査を受けることになります。その審査はファクタリング会社によって異なるため通過するための難易度も福井の事業主さまにとっては変わってくるものかもしれません。

その審査の中の1つに、「取引先からの入金確認」があります。福井の医療・介護・調剤薬局関連業さまの場合で言えば、国連や社保の支払基金への請求にに対するその支払い入金確認です。

本当に支払基金に対して請求して、その支払いがあっているのかどうかを確認するという審査は、おそらくどのファクタリリング会社も実施しています。

そして、その支払確認が繰り返し確認できることが条件である場合には、 開業して間もない福井の事業主さまはファクタリング契約に至らない可能性が出てきます 。中にはこれまでの入金確認1年分を審査で設けているファクタリング会社もあるほどです。

しかし、3社間ファクタリングの場合では、売掛先としては国保などの支払基金ですからファクタリング会社も回収不能リスクもほぼなく安心して契約ができます。また福井の事業主さまからのレセプト請求に対する支払いが間違いないか、直接支払基金に確認することができるので、これまでの入金確認ができなくとも契約できる可能性は十分にあります。

これが2社間ファクタリングの場合では、ファクタリング会社は売掛先である国保などの支払基金には福井の事業主さまの許可なく連絡などをしない契約内容となるため上記のようにはいかないわけです。

もしも福井の事業主さまが開業・設立して間もない場合には 3社間ファクタリング  がおすすめです。

※ほんの一例ですのでご自身でファクタリング会社に希望を伝えてみて下さい。

 掛かる費用をできるだけ抑えたいという福井の事業主さま

福井の事業主さまが診療報酬債権ファクタリングで資金調達をするためには、 ファクタリング会社に手数料を支払う必要があります 

その手数料は現在のところ法律ではっきりと定められてはいません。(※H30年7月時点)

診療報酬債権買取サービス=ファクタリングは融資ではないため、貸金業法も適用されません。

そのためファクタリングを利用する際のこの手数料は、ファクタリング会社によって設定することができます。

以前は30日の支払いサイトで10%~30%と広い範囲で設定されることが多かったですが、今はファクタリング会社が乱立傾向にあり競合価格設定で低くなってきています。

その中でも3社間ファクタリングであれば、 より低い手数料で契約できます 

前述でも何度も説明しているように、3社間ファクタリングでは売掛先である国保連などの支払基金から直接ファクタリング会社に支払われるため低リスクだからです。2社間ファクタリングとの手数料の差は倍ほどになるときもあります。

もしも福井の事業主さまがファクタリングにかかる費用をできるだけ抑えたい場合には 3社間ファクタリング  がおすすめです。

※ほんの一例ですのでご自身でファクタリング会社に希望を伝えてみて下さい。

福井の事業主さまが
2社間ファクタリングを選択するメリット

福井の事業主さまが2社間ファクタリングを選択するメリットはなんでしょうか。

ファクタリングで資金調達で以下のような条件をお持ちの福井の事業主さまは3社間ファクタリングを選択することおすすめします。

国保連や社保など売掛先に通知したくないという福井の事業主さま

診療報酬債権ファクタリングの場合、福井の事業主さまの施設や事業所がある地域の国保連や社保などの支払基金となります。

その支払基金への通知や承諾を得ることで3社間ファクタリングは可能となります。実際に診療報酬債権3社間ファクタリングを導入している事業主さまは多いでしょう。

現在は医療・介護・調剤薬局などの関連業の現場での資金繰りが容易ではないことは周知の事実ではあります。そのため債権譲渡によるファクタリングでの資金調達をすることに対して、福井の事業主さまの信用力の評価に影響が出ることはない、と言いたいところですが断言はできません。

 しかし福井の事業主さまがおかれている状況によっては 「通知しなくない」「知られたくない」という場合もあるかもしれません 。実際にそのような理由で2社間ファクタリングを選択する事業主さまも多いのが事実です。

福井の事業主さまがより良い選択ができることが重要です。

もしも福井の事業主さまがファクタリングにかかる費用をできるだけ抑えたい場合には 2社間ファクタリング  がおすすめです。

※ほんの一例ですのでご自身でファクタリング会社に希望を伝えてみて下さい。

即日での資金調達をしたいという福井の事業主さま

前述でもあったように3社間ファクタリングでは、福井の事業主さまの売掛先である国保連などの支払基金への通知や承諾を必要とします。その手続きにはある程度の時間を要するため、 即日でのファクタリング実行は難しい と言えます。

しかしながら、2社間ファクタリングの場合には福井の事業主さまの売掛先である国保連などの支払基金への通知や承諾は不要です。そのため福井の事業主さまと契約するファクタリング会社が準備ができれば即日で本契約が完了し、契約締結後はただちにファクタリング会社より買取代金の入金が実行されるでしょう。

福井の事業主さまが2社間ファクタリングを選択することで、 最短で即日、また3日以内で資金調達が可能 となります。

もしも福井の事業主さまが即日での資金調達をしたい場合には 2社間ファクタリング  がおすすめです。

※ほんの一例ですのでご自身でファクタリング会社に希望を伝えてみて下さい。

福井の事業主さまが
ファクタリングを導入する時の注意点

福井の事業主さまがファクタリングを導入する前に

福井の事業主さまが初回、先に入金予定の診療報酬をファクタリングで早期資金化した場合、本来に入金される月の資金が少なくなってしまうことになります。

そのためファクタリングで資金調達を導入した際には、その後も 繰り返し利用する事業主さまも多い です。

もちろん福井の事業主さまが保有する診療報酬が早期資金化した額の他にもっとあれば単発的な利用になることもあるでしょう。

ファクタリング会社の中には最低でも6か月以上の継続的な利用を求めるところや、3回目の利用までで断るところもあるようです。福井の事業主さまがファクタリングを初めて利用する場合には、 ある程度の計画性は必要 になってきます。

それを踏まえて福井の事業主さまが求める条件に合ったファクタリング会社を選択しなければなりません。

 福井の事業主さまがファクタリング会社を選ぶ時に

ファクタリングは銀行融資以外の資金調達方法として重宝されている金融サービスです。

継続的にも、単発的にも利用できる資金調達方法であり、債権の質が重要視される傾向にあるため銀行融資の審査よりは比較的通りやすい面もあります。

福井の事業主さまが  赤字決算やリスク中であるなどの財務状況であっても、ファクタリングは利用することが可能  です。

このような状況の事業主さまの場合は、厳しい条件を突きつけるファクタリング会社でも契約してしまうこともあります。以前大阪で摘発されたファクタリング会社のように、ファクタリングと貸金を混同したような契約により高額の手数料が必要になることもあります。「手数料が5%だと言われて契約のために書類を持って来社したら、いきなり30%に引き上げられた」などという口コミなども見かけます。

また、福井の事業主さまが売掛先に通知しない2社間ファクタリングを選択したにも関わらず福井の事業主さまに無断で売掛先に連絡をしたり、債権譲渡登記に関する説明もなく勝手に登記をするファクタリング業者の報告も上がっています。

 福井の事業主さまが2社間ファクタリングを契約した後に

2社間ファクタリングでは、売掛先である国保連などの支払基金へ通知せずに実行するものです。そのため、診療報酬の支払いは通常通り福井の事業主さまに入金されます。これは福井の事業主さまがファクタリング会社の代わりに回収代行していることになります。

一旦、ファクタリング会社が買取った診療報酬債権の代金も福井の事業主さまの手元に行くことで発生するリスクが  使い込み  です。

本来すぐにファクタリング会社に支払わなければならないお金を、別の支払いなどに使い込んでしまわないようにしなければなりません。このようなことになった場合には、ファクタリング会社は 売掛先である国保連などの支払基金に通知をしたり、横領で訴えることもある でしょう。

福井の事業主さまに限ってはそのようなことがないかと思いますが、 契約内容をきちんと理解してこのようなトラブルにならないようにファクタリングでの資金調達を利用しましょう 

福井の事業主さまが
ファクタリングについて詳しく知りたいと思ったら

福井の事業主さまは気軽にファクタリング会社に問い合わせることができます。

各ファクタリング会社のHPから24時間受付のメールフォームから無料相談の申込みをすることも可能です。

もちろん相談の上でファクタリング会社から受けた契約内容の提案を断ることもできます。ファクタリング会社の中には 審査料、キャンセル料などがかかるところもあります  ので、審査を受ける前にそういった内容についても問い合わせをしておくことをおすすめします。

また来社が必要かどうかについても気になるところでしょう。ホームページなどを確認してできる限りの情報を集めてから相談してみてはいかがでしょうか。

逆に「ホームページを見てもよく分からない」という福井の事業主さまもいらっしゃるかもしれません。ファクタリング会社は融資との違いからきちんと説明してくれますので安心してご相談下さい。

 診療報酬債権ファクタリング契約ができるファクタリング会社  に無料相談をしてみましょう。

当サイトでは診療報酬債権ファクタリングが契約可能なファクタリング会社を多数紹介しています。

福井の事業主さまも利用できる全国対応ファクタリング会社はこちら

 →ファクタリングについての特徴とファクタリング会社比較

 →ファクタリング会社の情報と評判 

ジャパンファクター

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする