福岡・九州エリアでファクタリングするなら!即日ファクタリング可能なファクタリング会社

福岡・九州エリアでファクタリングするなら!即日ファクタリング可能なファクタリング会社

福岡をはじめ九州・山口の事業者さまに利用しやすいファクタリング会社をご紹介します。

■ 福岡本社のファクタリング会社
■ 来店不要・全国対応のファクタリング会社
■ 専門知識豊富なファクタリング会社

など、ファクタリングを検討している福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・山口の事業者さまに参考になるようなファクタリング情報をお届けします!

福岡・九州エリアで選ぶ!優良ファクタリング会社3選

福岡には支店まで含めると東京、大阪に匹敵するほどファクタリング会社が多く存在します。

1度検索してみただけでこれだけのファクタリング会社が博多・天神エリアに存在します。(福岡本社・支店含む)

ファクタリング業者激戦区の1つです。そのため「他社よりも良いサービスを提供しなければ」と各社競っているためファクタリングサービスの質は高いと思います。

福岡に本社や支店があるファクタリング会社
アンカーガーディアンウィット九州ファクター
ジャパンファクタージャパンマネジメントトラストゲートウェイ
中州貴金属西日本ファクターピーエムジー
ビートレーディングファクタリングゴールドファクタリングゼロ
ファクタリングナンバーワンファクタリング福岡富士桜フィナンシャル
ワールドファクター※あいうえお順

最新情報ではないため、現在ではもっとあるかもしれません。さらにこの博多・天神エリア外にもあるでしょう。

例え福岡に事業所がなくても福岡対応のファクタリング会社を含めると、さらに選択肢が増えて「どのファクタリング会社に相談すれば良いのか分からない」ということになります。

 

そこでファクタリング会社に相談する前に、どんなポイントをチェックして自社に合ったファクタリング会社を選択すれば良いかをご紹介していきたいと思います。

福岡・九州エリアのファクタリング会社を選ぶ際の参考になれば幸いです。

まずは業者を選ぶ前に、ファクタリングという資金調達方法の仕組みや入金までの流れについてご説明していきます。


ファクタリングは国も推奨している資金調達方法の1つ

ファクタリングは売掛債権を活用した資金調達方法です。

下請事業者が納期を守っても手元にはすぐに現金が入らず資金繰りが悪化している現状を打開するため、公正取引委員会と中小企業庁は「できる限り60日以内で現金払いをしなければならない」と基準を改正し、親事業者や元請事業者に強く求めています。

銀行融資に依存しすぎず、売掛債権を活用して担保融資を受けたりファクタリングで売却することにより資金調達方法を獲得できる『債権流動化』は中小企業にとって必要不可欠なことです。

参考資料:中小企業庁HP 売掛債権の利用促進について 

参考資料:中小企業庁HP 平成13年版 中小企業白書~Ⅱ円滑な経済構造変化に不可欠な中小企業の挑戦~”資金調達の円滑化”より

ファクタリングという資金調達方法はさまざまな表現を用いられます。

『売掛金の早期資金化』
『債権買取』
『売掛金の前払い』
『請求書の買取』
『請求書の現金化』

などです。取引先に請求書を発行することで売掛金が発生するため、『請求書を早期資金化する』という表現もファクタリングを意味しています。

 

福岡・九州エリアの事業者が即日資金調達ができるファクタリングとは

ファクタリングとは事業者が保有する売掛債権をファクタリング会社が代金を支払って買い取り、その売掛債権の管理や回収を行う金融サービスです。

ファクタリングという資金調達方法の仕組み

支払いサイトを短縮

事業者は取引先企業へ商品の納品やサービスの提供後に請求書を発行します。そこで売掛債権(売掛金)が発生します。

しかし、その売掛債権はすぐに入金されるわけではありません。多くの場合で30~60日、業種によっては90日という長い支払いサイトがあります。

この支払いサイトが長いせいで「売上はあるのに取引先からの入金が先で、今使える資金がない」という中小企業や零細企業が抱える資金繰りの悩みがうまれます。最悪の場合には黒字倒産となることもあります。

融資ではない

事業者が保有する売掛債権をファクタリング会社に譲渡して早期資金化します。売掛債権を担保にして融資を受けるABL(売掛債権担保融資)とは異なります。

ファクタリングは融資や借入ではないので銀行融資を受けられない財務状況の事業者でも利用可能です。例えばリスク中や税金滞納中の事業者などです。ファクタリングは融資ではないことから”借りない資金調達”と表現されることもあります。

融資ではないことにより、開業間もない/売上規模が小さい/担保・保証人がないという事業者でもファクタリング申込みではハードルにはなりません。

手形割引に替わる早期資金化方法

以前は手形決済で手形割引を利用して早期資金調達も可能でしたが、現在は現金支払いが商取引では一般的です。

手形割引に代わる現金版が、売掛債権を利用したファクタリングです。手形割引を利用する際に「割引料」が必要なようにファクタリングでも「ファクタリング手数料」または「売掛債権買取手数料」が必要になります。

償還請求権なしで不渡りリスクを回避

また、手形割引では不渡りリスク(貸倒リスク)が負担になりますが、ファクタリングではその権利もファクタリング会社に転嫁します。売掛金回収リスクごとファクタリング会社に譲渡するということです。これを『償還請求権なし』『買戻請求なし』のファクタリングと言います。

キャッシュフローを改善

売掛債権を早期資金化することでキャッシュフローが改善します。1カ月先に入金予定の資金を”今すぐ使える資金“にできるのがファクタリングという金融サービスです。

ファクタリングは借入ではありません

融資を受けられない事業者であっても確定した請求・売掛債権があれば回収リスクごとファクタリング会社に譲渡して早期資金化できる仕組みです。

売掛金を支払うのは事業者(債権者)ではなく、取引先(債務者)であるためファクタリング会社は取引先企業の信用力を主に審査します。

例えば銀行融資では、赤字決算/リスケ中/税金滞納/債務超過などの財務状況下の事業者だと審査に通りません。なぜなら返済していくのはその事業者だからです。

しかしファクタリングでは売掛金を支払うのは事業者の取引先です。ファクタリング会社にとっては取引先企業が売掛金を期日に支払う能力があるかどうかが重要です。そのため赤字決算/リスケ中/税金滞納/債務超過などの財務状況下の事業者であっても、取引先企業に売掛金の支払い能力があれば審査に通るという特徴もあります。

銀行融資と比較して、審査通過率の高さもファクタリングを利用するメリットと言えるでしょう。

ファクタリングの特徴まとめ
長い支払いサイトが最短即日に
銀行融資以外の”借りない資金調達”
融資が受けられない事業者でも利用できる
不渡りリスクをファクタリング会社に転嫁
早期資金化でキャッシュフロー改善
財務状況が悪くても審査通過率が高い

「融資を断られてしまった」「融資は時間がかかる」という資金繰りの悩みがある事業者にファクタリングは便利な金融サービス!

– 福岡・九州エリアでファクタリングするなら!ファクタリング情報サイト

 

ファクタリング資金調達での入金の流れ

ファクタリングでは『2社間ファクタリング』と『3社間ファクタリング』の2つに分けることができます。

この2つでは入金の流れが異なります。それぞれの特徴も含めて解説していきます。

2社間ファクタリングとは

2社間ファクタリングの入金の流れ 特徴は早くて簡単

2社間ファクタリングの”2社間”とは「ファクタリング利用事業者」と「ファクタリング会社」のことです。この2社間で契約を進めていきます。

2社間ファクタリングの場合、取引先企業への通知不要でファクタリングを実行するためより早く資金調達が可能となります。取引先への通知や承諾を得る工程が不要なので最短で契約できます。取引先に通知せずにファクタリングすることに法的問題はありません。

ここでは“ファクタリング利用企業=売掛金を受け取る権利を保有する債権者”“取引先企業=売掛金を支払う義務がある債務者”となります。

 

  1. 商品の納品、サービスの提供後に取引先に請求書を出します。売掛債権が発生します。
  2. ファクタリング会社と契約をします。契約前には審査があり、手数料が決定します。締結後すぐに買取額が入金されます。
  3. 期日に事業者に売掛金の支払いがあります。(譲渡済みですが回収を代行する形になります)
  4. 取引先からの入金確認後、速やかにファクタリング会社に支払いをする。(買取額+手数料)

例えば105万円の売掛債権を100万円で買い取ってもらう契約のとき、ファクタリング会社から100万円が入金され、その後期日に取引先から売掛金が支払われたら105万円をファクタリング会社に決済します。取引先から入金がなければ支払う必要はありません。この例ではファクタリング手数料は5万円ということになります。


2社間ファクタリングは取引先へ知られずにファクタリングをする方法でもあります。

後述しますが取引先企業も含めて3社で契約する方法を3社間ファクタリングと言います。

取引先企業との関係性への影響を懸念して「ファクタリングすることを知られたくない!」という事業者、経営者はいまだに多いです。

そのため、多少手数料が高くなっても多くの下請企業が2社間ファクタリングを選択しています。ファクタリング会社が事業者に許可を得ずに取引先企業に連絡することはありません。もしも2社間ファクタリング契約であるにもかかわらず勝手に取引先企業に連絡するファクタリング会社があれば、利用者の利益に配慮しない悪徳ファクタリング会社であると言えます。

2社間ファクタリングまとめ
取引先企業への通知が不要
最短即日などファクタリング実行まで早い
3社間より手数料が高い

「早く資金調達をしたい」「取引先に知られたくない」という事業者は2社間ファクタリングを選択してる!

– 福岡・九州エリアでファクタリングするなら!ファクタリング情報サイト

 

3社間ファクタリングとは

3社間ファクタリングの場合、取引先企業へ通知をして、取引先から直接ファクタリング会社へ売掛金が入金されます

初回契約では取引先企業への通知をする作業等が必要なため、ファクタリング実行までに早くても3日=1週間ほどの時間はかかると思っていた方が良いでしょう。

  1. 商品の納品、サービスの提供後に取引先に請求書を出します。売掛債権が発生します。
  2. 取引先に”債権譲渡通知“を出し、ファクタリング会社と契約をします。契約前には審査があり、手数料が決定します。締結後すぐに買取額が入金されます。
  3. 期日に取引先から直接ファクタリング会社に売掛金の支払いがあります。

例えば102万円の売掛債権を100万円で買い取ってもらう契約のとき、まずファクタリング会社から100万円が入金されます。その後期日に取引先からファクタリング会社へ直接102万円が支払われます。取引先から入金がなくても先に入金された買取額を返還する必要はありません。この例ではファクタリング手数料は2万円ということになります。


一旦ファクタリング利用事業者へ入金がある2社間ファクタリングと違い、使い込みリスク等がないためファクタリング手数料は2社間ファクタリングの半分ほどの費用で済みます。

3社間ファクタリングでの手数料は、約1カ月の支払いサイトの売掛金で2~8%ほどが一般的です。

例えば、来月入金予定の102万円の売掛金があるとします。ファクタリングを利用して最短即日で100万円を資金化でき、売掛金入金後に102万円を(手数料2万円)をファクタリング会社決済すれば契約は完了です。

ファクタリングは融資ではないため『返済』という考え方はありません。そのため分割支払いという決済手段もないと思って下さい。

 

3社間ファクタリングまとめ
取引先企業への通知・承諾がいらない

2社間より時間がかかる
2社間より手数料が低い

「医療・介護・調剤薬局などの事業者」「手数料を低く抑えたい」という事業者は3社間ファクタリングを選択してる!– 福岡・九州エリアでファクタリングするなら!ファクタリング情報サイト

 

ファクタリング会社への申込み前に知っておきたいポイント

ファクタリング会社への申込み前に、ファクタリング会社のHPでチェックしてほしい点や問い合わせてから判断すべきポイントをピックアップしました。

①2社間ファクタリング or 3社間ファクタリング

ファクタリング会社によってはどちらか専門に扱っている場合があります。

もしも3社間ファクタリングを希望しているのに、2社間ファクタリング専門のところに相談しても二度手間になってしまいます。

「初回は急いでいるので2社間で、その後取引先に相談して手数料は低い3社間契約をしたい」というような考えがある場合には、どちらの契約もできるファクタリング会社を利用すると良いでしょう。

 

②償還請求権・買戻請求権なし

ファクタリングは融資ではありません。売買契約書に基づいて売掛債権を譲渡(売却)することで資金調達を行います。

その際に「償還請求権なし」の契約になっておらず、取引先からの入金がなかったにもかかわらず買取金額+手数料の支払いを求められることがあります。しかしこれはファクタリング会社が回収リスクを負わずに”売掛債権を担保にして貸付をしている”と見なされます。

貸付をしているとなれば貸金業登録が必要であり、”手数料”は利息になるため法定利息内でなければなりません。高金利で貸付を行っているのと法的に同等の行為と見なされます。闇金業者と同じということになります。

取引先から期日に売掛金の支払いがない場合に、ファクタリング利用事業者に支払いを求める(償還請求権あり)のは違法ということです。

ですから、「償還請求権がない」「買戻請求権がない」となっているかを確認してから契約することおすすめします。

 

③来店や対面は必要か、オンライン完結は可能か

新型コロナウイルス感染症による影響を受けて資金繰りが悪化してしまったという事業者も多いんではないでしょうか。

給付金や無利息期間付貸付など、国や地方自治体による様々な対策があります。正直なところファクタリングよりも貸付を利用できるならそちらを利用した方が良いと思います。貸付の利息よりもファクタリング手数料の方が割高です。

それでもファクタリングには「はやい」「かんたん」「審査に通りやすい」等のメリットがあるので、ぜひ活用して頂きたい資金調達方法です。

利用したい!と思っても、新型コロナウイルス感染症にかかるリスクを抱えてファクタリング契約をしに来店や対面が必要になれば話は変わってくるでしょう。しかし心配はいりません。

コロナをきっかけに押印文化について問われている今、ファクタリングも来店不要、オンライン契約が可能となっています。オンライン契約はメールアドレスがあればスマホでも大丈夫で、登録などもいらず簡単だとのことです。来店が必要だった場合には時間と交通費がかかりますがオンライン契約となればかかりません。

非対面契約には郵送契約もあります。オンラインよりは時間がかかってしまいますが、こちらもチェックしてみてください。

「オンライン契約」「非対面契約」ができるかもファクタリング会社を選ぶ上でポイントとなりそうです。

 

④契約期間の縛りがあるか、次回以降も再契約ファクタリングしてくれるか

ファクタリング契約に回数の縛りを設けているファクタリング会社が稀にあります

例えば「3ヶ月は利用継続」が必要で満たさなければ解約金が発生するとなっているなどです。資金繰りを安定させるために3回以上繰り返しファクタリングする予定であるならば、それでも問題はありませんが単発的な利用で検討しているならばこのような契約回数の縛りは不要なものでしょう。

逆に、「繰り返しファクタリングを利用したい」と考えているにもかかわらず次回契約してもらえないケースもあります。「次回も契約しますよ」と言われていたに断られたという悪質な場合もあります。もちろん”2回目以降は無審査で利用できる”というわけではないので断られる可能性も少なからずあります。

利用を検討しているファクタリング会社が契約期間の縛りがあるのか再契約も可能かを事前に問い合わせておいて、先を見通した計画性のある資金調達をしましょう。

※手形買戻請求権(てがたかいもどしせいきゅうけん)

-割引銀行が、手形割引によって依頼人から買取った手形を、ある一定の事由(たとえば、割引手形の不渡りなど)が生じた場合に、依頼人に買い戻させる権利。割引銀行の手形買戻請求権は、当該銀行とその顧客(取引先)である依頼人との間の特約(銀行取引約定書、手形取引約定書など)ないし慣習によって生じる。

コトバンク「手形買戻請求権」より引用(原文まま) 

 

⑤ファクタリングにかかる費用の内訳に注目

ファクタリングには利息ではなく売掛債権の買取手数料がかかります。

手形を早期資金化するために手形割引を利用して、割引料が必要になるのと同じことです。手形割引と違う点は、ファクタリングには買戻請求がないというところです。

3社間契約か2社間契約かによって買取手数料は変動します。2社間契約は取引先への通知を必要とせず秘密保持したまま契約ができて、買取手数料は割高となります。

3社間ファクタリングでの買取手数料は1~10%以下、2社間ファクタリングでの買取手数料は3~20%以下くらいを目安にして良さそうです。初回はこのくらいの手数料が必要になりますが、次回以降は安くしてくれるファクタリング会社も多いです。

 

注意したいのは「買取手数料」の内訳です。ファクタリング会社によってこの内訳に差があります。買取手数料の他に事務手数料等の契約に必要な費用を別途請求するファクタリング会社と、買取手数料にすべての費用を含めているファクタリング会社があります。

ファクタリング契約には、買取手数料の他、書類作成・審査にかかる手数料や印紙代、登記費用などが必要となります。

例えば、売掛債権105万円をファクタリングして100万円に早期資金化したとき、手数料は5%で別途費用を3万円請求されたとします。そうするとかかった費用は合計8万円ということになります。
別のファクタリング会社で、売掛債権107万円をファクタリングして100万円に早期資金化したとき、手数料は7%でその他費用全て含んでいたとします。そうするとかかった費用は7万円となり、前者よりもかかる費用は少ないという結果になります。

いじわるなファクタリング会社の中には買取手数料として安い手数料を提示しておいて、いざ契約になったときに「別途契約にかかった事務手数料を頂きます」と言ってくることがあります。

契約直前になってそのように言われても、資金調達しなければならない経営者は支払うことに納得せざるを得ず泣き寝入りするしかないといった事例もあります。

問い合わせをするときに「そのほかにかかる費用はありますか?」などと質問しておけば悪質なファクタリング会社と契約しなくて済みますので、しっかり確認してほしいポイントです。

 

3社間ファクタリングまとめファクタリング会社
2社間契約か3社間契約か

償還請求権なしの契約になっているか
来店・対面契約か、郵送やオンラインでの非対面契約は可能か
契約回数の制限や縛りはあるか
ファクタリング手数料の内訳

「2社間ファクタリング」を選択している事業者の割合が多く、新型コロナウイルス感染症の影響から「非対面契約」が主流になってきている!

– 福岡・九州エリアでファクタリングするなら!ファクタリング情報サイト

 

福岡・九州エリアでファクタリングするなら!即日ファクタリングも可能な優良ファクタリング会社

長くなってしまいましたが、以上のようなポイントをふまえてファクタリング会社を選んでみてはいかがでしょうか。

福岡・九州エリアだけではなく、どのエリアでもファクタリング会社選びではポイントとなる項目だと思います。

長くなってしまいましたが、以上のようなポイントをふまえてファクタリング会社を選んでみてはいかがでしょうか。

■ 福岡本社のファクタリング会社
■ 来店不要・全国対応のファクタリング会社
■ 専門知識豊富なファクタリング会社

 

福岡本社のファクタリング会社はココ!ジャパンファクターの即日ファクタリング

ファクタリング会社を選ぶポイントで見るジャパンファクター

  • 福岡本社・熊本営業所あり
  • 2社間・3社間契約どちらも可能
  • 償還請求権なし
  • オンライン完結の非対面契約が可能
  • 契約回数の制限や縛りなし
  • 手数料は全ての費用込みで1~18%以下

ジャパンファクターとはどんなファクタリング会社?

どこにある?

福岡本社、東京本店、熊本営業所があるファクタリング会社です。福岡と熊本に支店があることから九州・山口の事業者との取引実績も豊富です。

メディア紹介

手数料の低さに自信があるファクタリング会社です。直近では『週刊エコノミスト 投資術&ファンド』という経済紙に紹介されていました。

ネット完結の非対面契約

ジャパンファクターでは”クラウドサイン”という電子契約システムを導入しています。オンライン完結でのファクタリング契約方法を選択することで来社による移動費が不要、新型コロナウイルス感染症への感染リスク回避になります。押印や郵送によりファクタリング実行までにかかる時間、印紙代・郵送代コスト等が、電子契約により節約できるので低い手数料で即日ファクタリングが可能になります。

ファクタリング利用事業者側はメールアドレスがあれば、登録などは不要で利用できスマホでも簡単に操作できます。

ジャパンファクターでは売掛債権を保有する個人事業主は対象ですが、個人向けの給料ファクタリングはやっていません。

ファクタリング申込み方法

ジャパンファクターではまずホームページから24時間受付のメールフォームより相談申込みができます。もちろん営業時間内にはお電話でも問い合わせが可能です。見積もり後にキャンセルも可能です。費用はもちろんかかりません。

通帳コピー・取引先との成因資料(請求書等)が必要になるのですぐにメールやFAXで送れるように準備しておきましょう。

他社からの乗り換え相談も歓迎しており、手数料最大50%OFFキャンペーンなども実施しています。

24時間受付のメールフォームはここから↓

 


来店不要・全国対応のファクタリング会社はココ!OLTA(オルタ)のクラウドファクタリング

ファクタリング会社を選ぶポイントで見るOLTA

  • 福岡含む九州・沖縄・山口対応可能
  • 2社間ファクタリングのみ契約可能
  • 償還請求権なし
  • オンライン完結の非対面契約が可能
  • 契約回数の制限や縛りなし
  • 手数料は全ての費用込みで2~9%以下

OLTA(オルタ)とはどんなファクタリング会社?

メディア露出も多く、オンライン契約可能でよく知られているのがオルタです。コロナの影響で自粛やソーシャルディスタンスが要請されてからの資金繰り相談件数は前年の3倍に増えたそう。

りそなや地銀と提携したり日経新聞でも取り上げられているファクタリング会社なのでその信用力は確固としたものです。そのオルタだからこそ、2社間ファクタリングであっても2~9%という低い手数料でファクタリングサービスの提供が可能となっています。

メディア紹介

最近では業務提携のニュースでOLTA(オルタ)を目にする機会が多いです。例えばNTT西日本との業務提携。NTT西日本と取引のある中小企業や個人事業主の方々がより手軽に素早く運転資金を調達することが可能になるそう。

どこにある?

東京にあります。日本全国対応のファクタリング会社且つオンライン完結型のクラウドファクタリングを提供しているため、福岡はもちろん九州山口の事業者も利用できます。

審査

オルタではAI審査のため、担当者によって審査基準や手数料が変動するようなこともありません。

現在は少し落ち着いていますが、コロナの影響で相談数が増え時期によっては24時間以内での対応が難しい場合があるようです。早めに相談することをおすすめします。

OLTA(オルタ)では売掛債権を保有する個人事業主は対象ですが、個人向けの給料ファクタリングはやっていません。

 

ファクタリング申込み方法

OLTA(オルタ)ではまず会員登録をしてマイページからファクタリング申請を行います。パソコン、タブレット、スマホから本人確認書類や決算書、請求書などをアップロード(提出)します。

通帳コピー・取引先との成因資料(請求書等)が必要になるので、すぐにアップロードできるように準備しておきましょう。スマホ搭載のカメラで撮影した画像でも大丈夫です(書類の種類による)。

見積もり後にキャンセルも可能です。費用はもちろんかかりません。

無料会員登録はここから↓

 


福岡支店あり!専門知識豊富なファクタリング会社はココ!ビートレーディング

ファクタリング会社を選ぶポイントで見るビートレ

  • 福岡支店あり
  • 2社間・3社間契約可能
  • 償還請求権なし
  • 出張対応、郵送契約も可能
  • 契約回数の制限や縛りなし
  • 手数料は全ての費用込みで1~20%以下

ビートレーディングとはどんなファクタリング会社?

審査通過率の良さに定評があるファクタリング会社です。東京本社、福岡支店だけでなく、仙台・大阪にも支店があるため、全国的に取引実績が豊富なのでさまざまな角度から事業者への資金アドバイスが可能です。

創業が早く、実績も多いため経験豊富なスタッフが待機しています。審査結果も平均30分以内に伝えることができるため、万が一審査に通らなかった事業者の場合でも、素早く次の資金繰りへと動き出すことができます。またファクタリング以外の資金調達サービスの提供もしているため、資金繰り全体の見直しが必要な事業者にもおすすめできるファクタリング会社です。

ビートレでは基本的に対面契約を推奨していましたが、コロナ禍により非対面での契約・実行も相談も積極的に受け入れています。来社する時間がとれない事業者には担当者が出張対応もしてくれます。対面契約だからこそ審査通過率も上がる可能性があります。

ビートレでは売掛債権を保有する個人事業主は対象ですが、個人向けの給料ファクタリングはやっていません。

 

ファクタリング申込み方法

ビートレーディング公式HPから24時間受付のメールフォームでスピード見積もり申請が可能です。もちろん電話での問い合わせも可能です。

申込書・通帳コピー・取引先との成因資料(請求書等)が必要になるのですぐにメールやFAXで送れるように準備しておきましょう。

「キャンペーン広告を見た」と担当者に伝えれば、契約時にファクタリング手数料が割引になるキャンペーンなども実施しています。

(キャンペーン期間対象外になっている可能性もあります。キャンペーンの詳細は↓の公式HPかお電話でご確認ください)

ビートレへのスピード見積もりはこちらから↓

 


福岡・九州エリアでファクタリング会社を選ぶなら!まとめ

ファクタリング会社勤務歴あり/筆者

ファクタリング手数料については、ほとんどのファクタリング会社が「審査してみないと分からない」と回答します。ホームページで手数料の上限を明記しているファクタリング会社は信用できるかどうかの判断に役立ちます。

『業界最安水準1%~』という誘い文句よりも、『手数料は3~18%以下』と表記しているファクタリング会社の手数料の方が安いことが多いです。前者は別途契約にかかる諸費用が必要となり、結果的に費用が嵩んだというケースが口コミなどでも報告されています。

ファクタリング会社勤務歴あり/筆者

全部のファクタリング会社の審査を受けるわけにもいかにでしょうから、3社以内に絞って相談し、見積もりを出して比較するという方法もあると思います。

審査を受ける際には、請求書等の書類をファクタリング会社に提出することになるので情報管理も徹底しているファクタリング会社を選びましょう。

ファクタリング会社勤務歴あり/筆者

また、新型コロナウイルス感染症がこれからまたどのように私たちの生活や経済を脅かすかは分かりません。まだワクチンや新薬の開発には至らず、いつ第2波がくるのかも分からない不安な状態です。

コロナの影響を受けた事業者への経済支援である持続化給付金は、受付開始だった5/1~5/2申請分(約28万7000件)のうち、1万件超が未払いだったことが分かっています。

頼りにしたいところが、このように状況で「再委託問題」など別の方向で批判されていることなどを考えると、今後の資金繰りについてしっかり考えておくべきでしょう。

ファクタリング会社勤務歴あり/筆者

ファクタリングは単発的にも長期的にも利用できる「借りない」資金調達です。融資ではないため貸金業法による規制がなく、ファクタリング会社によってサービスの内容や質は全然違います。

資金繰りに困っているときに信頼できるパートナー事業者として、自社に合ったファクタリング会社を選択する必要があります。手数料の低さなどだけではなく、チェックするべきいくつかのポイントを確認して相談してみることをおすすめします。