法人・個人事業主向けファクタリング・大手ファクタリング会社で即日資金調達

法人・個人事業主向けファクタリング・大手ファクタリング会社で即日資金調達

まず何をもって”大手ファクタリング会社”と表現するかという問題がありますが、ここでは取引数や取扱額が大きいことなどを基準にして信頼できる大手ファクタリング会社をご紹介しようと思います。

個人事業主や事業性のあるフリーランス(法人企業からの仕事を受けている)の方は利用できるファクタリング会社ですが、個人の給料債権によるファクタリングは対応していませんので注意下さい

“ファクタリング=良くない”というイメージは勘違い?

事業資金調達のために『ファクタリング』と検索しようとしたとき、おのずと『ファクタリング 違法』『ファクタリング 闇金』というキーワードがくっついているのが目に入ってきます。

出典:google検索出典:Yahoo!JAPAN検索

これは近年、給料ファクタリングを利用する人が激増していたためです。

給料ファクタリングとは、来月分の給料を給料ファクタリング業者が前払いしてくれるという金融サービスでした。”金融サービスでした”と表現したののは、すでに給料ファクタリングは違法性が問題となって給料ファクタリング業者は廃業しています。

 

なぜ給料ファクタリングは問題になっているのか

まず”ファクタリング”という言葉は、企業間取引で発生する売掛債権(請求書)を活用した資金調達方法を指す場合に使用されることが主です。事業者が保有する債権の譲渡は違法ではありません。

給料ファクタリングは、従業員が勤務先に労働を提供し、その報酬として給料を受け取ることができる権利を『給料債権』として業者に買い取ってもらう仕組みです。確かに企業間でのファクタリングの仕組みやお金の流れはほぼ一緒のように思われます。

まず個人の給料というのは労働を提供した本人に直接全額支払われなければならないと労働基準法第24条で定められています。例え給料債権を譲渡した場合においても労基法24条の”直接払い原則”は適用されるという裁判例が多いようです。そのため例え給料債権を譲渡したとしても給料を給料ファクタリング業者に支払うことはできない、給料債権の譲受人(ここでは給料ファクタリング業者)が自ら給料を支払う債務者・勤務先に給料支払いを求める行為も基本的に許されていない、というのが一般的な解釈となります。

参考:労務安全情報センター

現時点ではファクタリングについての法律はなく、給料ファクタリングと称して個人消費者を相手に提供している金融サービスは、個人の給料債権を担保にして高利で貸付をしている行為から脱しているとは言い難いものです。貸付をして業者が利益を得るならば、国や都道府県に貸金業登録をする必要があり、利息制限法の上限金利年15~20%内でなければなりません。しかし給料ファクタリングと称した貸付では月10~30%ほどの手数料をとっています。

給料ファクタリング業者としては「給料債権の買取であってお金を貸したわけではない。貸付ではないので貸金業登録は不要、法定利息も適用されないはず」というのが言い分となります。

しかし、金融庁も令和2年3月に給料ファクタリングは金銭の貸付に該当するという見解を見せました。また同年月、東京地方裁判所は給料ファクタリング業者が利用者を相手に訴訟を起こした裁判で、支払い請求を棄却した上で「本件取引における債権譲渡代金の交付は貸金業府や出資法にいうところの”貸付”に該当する」としました。給料ファクタリング契約は無効、利用者が交付を受けた金銭の返還義務もないという判決を出しています。

この判決以降は、様々なところから利用者による相談から給料ファクタリング業者を相手に訴訟が起きたり、給料ファクタリング業者も廃業していっている現状です。

 

事業者向けの借りない資金調達方法ファクタリングとは

中小企業や下請企業の事業資金調達方法としてファクタリングは国からも推奨されています。

中小企業や下請企業は銀行融資に依存した資金調達力でありながら、赤字決算・債務超過・税金滞納などの理由により必要なときに融資を受けられずにさらに困難な状況に陥ってしまうということが繰り返されてきました。銀行融資以外の資金調達方法を探したとき、『売掛債権』を活用した資金繰りは有効的であると指針しているのです。

譲渡を禁止する場合には企業間での契約の中で『債権譲渡禁止特約』を締結することができましたが、債権法改正により2020年4月1日からは譲渡制限特約がついていても債権譲渡は原則有効となりました。弁済期前に中小企業や下請企業が売掛債権を売り渡して代金を得る(ファクタリング)ことや、売掛債権を担保に融資を受ける(ABL)ことを目的とした、中小企業や下請企業の資金繰りのための改正と言えます。

出典:中小企業庁HP

 

その『売掛債権』を活用した資金調達方法である事業者向けのファクタリングについて簡潔に説明しましょう。

ファクタリングという事業者向け金融サービスの仕組み

ファクタリングとは、中小企業や下請企業が取引先企業に対してサービスの提供や商品の納品後にその報酬等を請求することで発生する『売掛債権』をファクタリング会社に譲渡して早期資金化する金融サービスです。

具体的には、銀行やファクタリング会社等のファクタリングサービスを提供している事業者に取引先への請求書を提出します。ファクタリング契約内容に納得ができたら締結し、保有する売掛債権を買い取ってもらうことで取引先からの入金日よりも早く資金化することができるという仕組みになっています。

例えば、取引先に対して翌月末払いの請求を当月末に出して請求額が決定した請求書があれば、ファクタリングによって1カ月早く”今すぐ使える資金”にすることが可能です。

売掛債権は譲渡が可能であり法律的にも問題はありません。日本では手形取引が主流だったために近年になってようやく注目される事業者向けの金融サービスとなりました。手形取引から現金取引へと移行してきたことにより、中小企業や下請企業の事業資金調達方法も『手形を早期資金化する手形割引』から『売掛債権(請求書)を早期資金化するファクタリング』へとシフトしていると言えます。

3社間ファクタリングの仕組み

本来は上図のように取引先への承諾を得て3社間ファクタリング契約において売掛債権を譲渡して資金調達をしますが、取引先の承諾なしで実行できる2社間ファクタリングという契約方法もあります。

取引先に承諾を得るためには売掛債権(請求書)をファクタリング会社に売却することを説明する必要があります。そうすることで取引先から「資金繰りが悪化していると思われたくない」「契約を打ち切られるかもしれない」と懸念する中小企業や下請企業はとても多いです。

そういった中、2社間ファクタリングでは取引先への通知や承諾を必要としません。取引先に知られずに売掛債権(請求書)をファクタリング会社に譲渡して、取引先からの支払い日よりも早く資金化が可能となります。

2社間ファクタリングの仕組み

売掛債権(請求書)を早期資金化する3社間ファクタリングと2社間ファクタリング

一般的な目安ですが3社間ファクタリングと2社間ファクタリングには以下のような特徴や違いがあります。

3社間ファクタリング2社間ファクタリング
①取引先への通知ありなし
②資金調達までのスピード~2週間即日~3日
③買取手数料1~10%3~20%

①取引先への通知

前述したように、2社間ファクタリング契約では取引先への通知や承諾は不要なので知られずに実行可能です。

②資金調達までのスピード

3社間ファクタリングでは取引先への通知や承諾が必要となるため、取引先の対応の仕方に応じてファクタリング実行までに時間がかかる可能性があります。取引先からの支払い先をファクタリング会社へ変更してもらう手続き等も必要となってきます。初回は時間がかかる可能性が高いですが、2回目以降はファクタリング実行まで即日~3日ほどに短縮されるケースもあります。

2社間ファクタリングは、中小企業や下請企業とファクタリング会社で契約するため最短でのファクタリング実行が可能です。ファクタリング会社の対応力にもよりますが、中小企業や下請企業が必要書類を揃えることができれば即日で契約し、その日のうちに入金が可能です。

③買取手数料

手形を早期資金化する方法である『手形割引』で『割引料』という費用が必要になるように、ファクタリングで売掛債権(請求書)を送金資金化するためには買取手数料が必要になります。現時点では、買取手数料の上限など法律で定められている基準がなく、各ファクタリング会社によって決められています。そのためファクタリング会社選びにおいてこの買取手数料は重要なポイントとなってきます。

 

一般的には、

取引先へ知られたくない場合は、2社間ファクタリング

より早く資金調達したい場合は、2社間ファクタリング

低い手数料で資金調達したい場合は、3社間ファクタリング

といった選択肢があるかと思います。

繰り返しファクタリングを考えている中小企業や下請企業の場合、初回は2社間ファクタリングでスタートして様子を見ながら取引先の承諾を経て手数料が安い3社間ファクタリングに移行するという方法もあるでしょう。

ファクタリングは、「今月だけ至急の資金調達が必要!」という単発的な資金繰りにも「毎月売掛債権を早期資金化してキャッシュフローを改善していきたい!」という長期的な資金繰りにも利用することができます。

 

ファクタリングという資金調達方法が選ばれる理由

ファクタリング業界シェアが拡大している理由は、銀行融資と比較した際のメリットにあると思います。

ファクタリングと銀行融資との大きな違いに着目していきます。

ファクタリングは銀行融資を受けられない状況下に有効的な資金調達手段である

中小企業や下請企業は銀行融資に依存している割合が高いとされています。つまり銀行に融資を断られてしまうと他の資金調達方法がなく、倒産してしまう場合があるということになります。

銀行融資でマイナスとなり、審査に通りにくいとされている条件は下記のようなものがあります。

✓赤字決算
✓リスケ中
✓債務超過
✓税金滞納

財務状況が芳しくなく、上記のような条件が1つでも当てはまれば銀行融資の審査は通りにくいというのが現実です。

来月には取引先から売上金の入金があるが、今すぐ使える資金がない

資材調達のために先払いしなければならないが資金がない

売上はあるのに取引先からの支払いサイトが長いために”黒字倒産”したり、先出しの資金が足りなくて”受けたい仕事も受注できない”という中小企業や下請企業は多く、そのたびに資金繰りに奔走しなければならないようです。そこで、ファクタリングという事業資金調達方法が役に立ちます

ファクタリングの審査とは

 

ファクタリングと銀行融資の違い

銀行融資ファクタリング
取引銀行に申請ファクタリング会社に申請
銀行の審査ファクタリング会社独自の審査
・取引先企業の信用力
・取引先からの入金
審査に必要な書類
・決算書
・貸借対照表
・試算表
・事業計画書
・資金繰り表
・取引銀行一覧表
・納税証明
審査に必要な書類
・取引成因書類(注文書や請求書等)
・取引通帳のコピー
・登記簿謄本(法務局で取得)
・印鑑証明
・代表者本人確認書類(免許証等)
・決算書(3ヶ月分等)
ファクタリング会社により異なるが少ない
融資にマイナス条件
・赤字決算
・リスケ中
・債務超過
・税金滞納
ファクタリングにマイナス条件
・不良債権
・他社利用継続中
・債権譲渡登記されている
審査結果は~1カ月も審査結果は30分~即日
資金調達成功まで~1カ月も資金調達成功まで最短即日
融資の金利が費用としてかかる債権買取手数料が費用としてかかる

 

ファクタリングは、財務状況が悪く銀行融資が受けられない状況下の中小企業・下請企業でも利用でき、最短即日で入金が可能なスピード資金調達方法と言えるのです。借入ではないため信用情報機関に情報が残ることもなく、基本的にはファクタリング会社間で利用事業者の情報が共有されることもありません。

ただ、貸付による利息とは異なりファクタリングで資金調達をするために必要な手数料は割高であるということがデメリットとして挙げられるでしょう。ファクタリングで資金調達をするために必要な『売掛債権(請求書)の買取手数料』や『ファクタリング手数料』と表現される費用のことです。

ファクタリングと融資の違いを説明してきましたが『利息』と『手数料』の違いも大きいです。

一般的には、

『融資』は時間がかかるが利息は低い

『ファクタリング』は簡単で早いが手数料が高い

という認識になるかと思います。

事業者向けのファクタリングも融資ではないため利息上限法などの法律は適用されてはいません。

以前は取引先に通知なしの2社間ファクタリングはファクタリング会社が負うリスクが高いため、

ファクタリング
法律特になし
手数料目安3社間ファクタリング:1~10%
2社間ファクタリング:2~20%
(約30日後に入金予定の売掛債権(請求書)を買取契約のとき)
(このうち事務手数料等の費用を含むかどうかはファクタリング会社によって異なる)

がいうのが一般的です。数年前まではもっと手数料が高かった印象ですが、現在はファクタリングサービスを提供する業者が増えて競争率も上がり、どこも手数料を低くしてきている傾向にあります。

中小企業や下請企業は手数料が安く済む3社間ファクタリングよりも、取引先との関係性を懸念して通知や承諾なしでファクタリングする2社間契約を選択する事業者が多いです。

2社間ファクタリングでは全ての費用込みで20%くらいが上限目安になるでしょう。それよりも高い手数料を請求されるなら、他のファクタリング会社を検討した方が良さそうです。

 

ファクタリング手数料の注意点!

ファクタリング手数料の内訳に注意

ファクタリングで資金調達をする際に、ファクタリング会社に支払うことになる『ファクタリング手数料』はファクタリング会社が審査結果をもとに設定します。ファクタリングを利用する中小企業や下請企業の情報や取引先の信用力、売掛債権支払い日までの日数などが影響してきます。

またファクタリング契約にはおのずと印紙代、書類作成費、振込手数料などの諸費用もかかります。これらの諸費用・事務手数料が『ファクタリング手数料』に含まれているかどうかもファクタリング会社によって異なります

例えば、”ファクタリング手数料3%+諸費用・事務手数料”よりも”ファクタリング手数料5%(諸費用全て込)”の方がファクタリングにかかる費用が安い可能性もあるということです。『ファクタリング手数料』の内訳をきちんと把握して契約するべきでしょう。

悪徳な業者だと「ファクタリング手数料は3%ですよ」と見積もりを出して、契約直前になって「ファクタリング手数料は3%で、契約にかかる諸費用は○○万円です」と別途費用を請求してくるというケースが多く報告されています。

 

法人・個人事業主向けファクタリング|大手ファクタリング会社で即日資金調達

ファクタリングは銀行融資(借入)以外の事業資金調達方法です。

『借入する』のではなく、中小企業や下請企業が保有する『売掛債権(請求書)を売却する』という金融サービスとなります。

借りない資金調達という新しい認識の資金繰り方法です。契約に必要な書類は少なくファクタリング会社独自の査定・審査なので、銀行融資よりもハードルが低く、より多くの中小企業・下請企業が利用できるでしょう。法人企業だけでなく、個人事業主や事業性のあるフリーランスでも利用できる場合がほとんどです。(法人企業の売掛債権を保有している場合)

査定・審査の独自性から、1つのファクタリング会社で審査に通らず契約ができなくても、他のファクタリングでは問題なく売掛債権を買い取ってもらうことができるケースも多く見られます。

そして何より、とても早く資金調達を終えることが可能である点がファクタリングが選ばれる理由でしょう。査定・審査に必要な書類を準備できれば30分~半日程で審査結果を受けることができ、買取額の入金も最短即日~翌日には実行されることがほとんどです。

 

中小企業や下請企業が、より簡単により早く資金繰りができるようにサポートできるのがファクタリングという金融サービスです。

ファクタリングサービスは主にファクタリング会社が提供しています。銀行でも利用できる場合がありますが書類や審査は融資とさほど変わらない印象です。

ファクタリング会社は主に、事業者が多い東京・大阪・福岡に多く開業しています。ファクタリング会社によっては対象エリアが限定されていたり、来店・対面が必須になることがあります。事前にチェックしておきましょう。

また「どれくらい資金調達が可能なのか」「今日中に入金可能なのか」「手数料はいくらになるのか」など契約前に知りたいことも多いはずです。各ファクタリング会社では無料見積もりができ、見積もり後のキャンセルも費用がかからない場合がほとんどですので活用しましょう。

比較サイトのようなところで見積もり申込みをしてしまうと、何社ものファクタリング会社から営業電話やFAX・メールなどが送られてきたりするため利用には注意も必要です。

 

ファクタリング会社を選ぶときのポイント

借入をするときに貸金業登録の金融会社を利用するように、事業者向けのファクタリングを利用する際にはファクタリング業協会登録のファクタリング会社をチェックするのも良い方法です。

現在ファクタリングに関する明確な法規制がないため、一般社団法人として自主規制機関を立ち上げおりファクタリング業界の健全化をリードする役割を担っているのがファクタリング業協会です。特にファクタリングでのトラブルに関する情報も発信されているので、ファクタリングを初めて利用しようとする事業者や不安がある事業者は1度はチェックした方が良いサイトでしょう。

ファクタリング業協会に登録しているファクタリング会社は、

ファクタリング業協会ホームページ(http://www.j-factoring.or.jp/14759035783679)から確認することができます。その他、ファクタリングに関する情報を閲覧することができます。

 

安心と信頼の実績!大手ファクタリング会社

OLTA(オルタ)の”クラウドファクタリングサービス”

OLTA(オルタ)は最も知名度があると言っても良いくらいの大手ファクタリングサービス企業です。

サービス開始からオンライン完結の便利さと手数料の低さで、わずか1年半で請求書買取申込み総額が100億円を突破するなど話題が尽きませんでした。直近だと地方銀行とクラウドファクタリングの共同事業を立ち上げるなど国内初の取り組みもあり、安心安全な金融サービスを提供するファクタリング会社です。

OLTA(オルタ)では『クラウドファクタリングサービス』があります。

申請から入金まで全てオンラインで完結できるクラウドファクタリングサービスを日本で最初に提供開始した企業です。マイページから請求書をアップロードしてAI審査により請求書買取が確定します。手数料は業界最安水準です。

OLTA(オルタ)のクラウドファクタリング
取引の種類2社間のみ
買取可能額下限・上限なし
買取手数料2~9%
買取にかかる時間最短24時間以内
取引先への通知なし
買戻請求なし(利用後に取引先が倒産しても返還不要)
不良債権の買取不可
備考開業7ヶ月未満では申込み不可

※OLTA(オルタ)では、個人の給与債権買取は行っていません。

▼OLTA(オルタ)のクラウドファクタリングについてもっと詳しく!

OLTA(オルタ)はどんなファクタリング会社?

OLTA(オルタ)のファクタリング情報※以降、OLTA株式会社の公式サイトの情報と独自の調査により記事を作成しています。※個人向けの給与ファクタリングではありません。[outline]OLTA(オルタ)の基本情報[…]

▼OLTA(オルタ)のクラウドファクタリングについてもっと詳しく!

 

 


ジャパンファクターの”選べるファクタリングサービス”

ジャパンファクターはメディア露出は多くありませんが信頼と実績があるファクタリング専門会社です。

業種にとらわれず日本全国の中小企業・下請企業と個人事業主でも売掛債権(請求書)買取サービスを行っています。東京・福岡・熊本に店舗がありますが、オンライン完結型の契約方法をメインとしているため来店不要で全てが完了し、利用者は時短と経費削減が可能になります。

ジャパンファクターでは『選べるファクタリングサービス』があります。

請求書額面の一部買取か全額買取か、2社間か3社間か、債権譲渡登記するかしないか、など利用者が必要に応じて希望のファクタリング契約ができるように柔軟な対応ができるのがジャパンファクターの選べるファクタリングサービスのセールスポイントです。

ジャパンファクターの『選べるファクタリング』
取引の種類3社間または2社間
買取可能額請求書額面の1%~100%
買取手数料3社間:1~10%以下
2社間:3~18%以下
(*債権譲渡登記するかどうかなどで変動します)
買取にかかる時間最短即日~
(*お急ぎの場合は2社間ファクタリングがおすすめ)
取引先への通知なし
買戻請求なし(利用後に取引先が倒産しても返還不要)
不良債権の買取不可
備考個人事業主利用可

※ジャパンファクターでは、個人の給与債権買取は行っていません。

ジャパンファクターの選べるファクタリングについてもっと詳しく!

ジャパンファクターはどんなファクタリング会社?

ジャパンファクターの請求書買取サービス『対面不要!請求書を即日現金払い』とは 下請け、個人事業主の資金調達方法としては『銀行融資』『ノンバンク』があります。ここでは、資金繰りに悩みを抱える中小・零細[…]

ジャパンファクターの公式サイトでもっと詳しく!

 


FREENANCE(フリーナンス)の”即日払い請求書買取サービス”

これまで”中小企業”と”下請企業”の資金調達方法としてファクタリングをご紹介してきましたが、法人企業でなく個人事業主でも利用可能な場合がほとんどです。法人企業との取引があり売掛債権(請求書)を保有しているならば、個人事業主や事業性のあるフリーランスでもファクタリングで借りない資金調達は成功します。

個人事業主・フリーランスの方に特化してサービスを提供しているのがFREENANCE(フリーナンス)です。

FREENANCE(フリーナンス)はファクタリング会社というよりも、フルーランス・個人事業主専門のお金と保険のサービスを提供する企業です。

FREENANCE(フリーナンス)では『即日払いサービス』という請求書買取サービスがあります。FREENANCE(フリーナンス)の即払いを利用するためにはフリーナンス口座を開設して使用する必要があります。

FREENANCE(フリーナンス)の『即日払い』
取引の種類2社間のみ
買取可能額請求書額面の1万円~全額
買取手数料3~10%
買取にかかる時間即日(*午前中に申請で)
取引先への通知なし
買戻請求なし(利用後に取引先が倒産しても返還不要)
不良債権の買取不可
備考審査には業務内容やHP記載の情報や更新頻度等も含まれる

※FREENANCE(フリーナンス)では、個人の給与債権買取は行っていません。

 

FREENANCE(フリーナンス)の即日払いサービスについてもっと詳しく!

フリーナンスの即払いサービスはフリーナンスの味方?

個人事業主・フリーランス向け|請求書買取サービスならFREENANCE(フリーナンス)個人事業主・フリーランス向け、請求書買取サービスなら『フリーナンス』※フリーナンスの請求書買取サービスは、給与ファクタリングのような個[…]

FREENANCE(フリーナンス)の公式サイトでもっと詳しく!