ジャパンファクターのファクタリングについて

ジャパンファクターのファクタリング情報

ファクタリング会社「ジャパンファクター」のファクタリング情報をご紹介します。

結論から言うとジャパンファクターは安心して契約できるファクタリング会社です。

コロナの影響を受けている法人・個人事業主様は是非ジャパンファクターへご相談下さい!

現在ジャパンファクターでは来店や出張対応による新型コロナウイルス感染症の感染を避けるため、且つ事業者さまがより迅速に資金繰りができるよう電子契約を導入しております。

メールアドレスパソコン/スマホがあれば契約締結が可能です。
登録やアプリダウンロードの必要もありません。

今すぐの資金調達をご希望の法人・個人事業主様は下記よりお申込みください。
お見積もりはもちろん無料です。

ジャパンファクターへの無料相談

ジャパンファクターの基本情報

ジャパンファクター

社名株式会社ジャパンファクター
設立2016年5月
所在地[本社]福岡県福岡市中央区警固2丁目18番13号 オークビル7階
[東京]東京都新宿区西新宿3丁目7番1号 新宿パークタワー30階
[熊本]熊本県熊本市中央区新屋敷3丁目12-22
資本金8,888万円
事業内容ファクタリング
経営コンサルティング
フリーダイヤル0120-947-672
メールsupport@japanfactor.info
対応エリア全国対応
対象法人企業・個人事業主
対応取引2社間取引・3社間取引
※どちらもノンリコース契約
買取可能債権法人企業に対する売掛債権
クレジット債権・診療報酬債権・介護給付費など
債権譲渡登記留保可能
営業時間9:00~18:00
※日祝除く

公式サイト


ジャパンファクターは全国対応のファクタリング会社

ジャパンファクターは福岡県、東京都、熊本県に事務所を構えるファクタリング専門会社です。

ここ数年は西日本にもファクタリング会社は増えたものの、その多くは東京にあるため地方の法人・個人事業主は東京まで書類を抱えて来社しなければならないという現状がありました。
さらには東京まで行ってもその場でファクタリング会社に断られてしまい、資金調達もできずに移動費と時間だけが無駄にかかってしまったという失敗談もあります。

多くの法人・個人事業主が存在している東京はもちろんのこと、資金繰りに困っている地方の法人・個人事業主にも素早いサポートができる」ようにと考えているのがジャパンファクターです。

ジャパンファクターマップ

そしてジャパンファクターでは無料出張サービスも行っています。
忙しくてお時間が取れない法人・個人事業主のために日本全国どこへでも無料で出張してくれます。

また出張に対応しているファクタリング会社は他にもありますが、ほとんどのファクタリング会社は出張費がかかります。
しかしジャパンファクターなら手数料以外の費用は一切かかりません。

それから郵送・メールにも対応しており、来社・対面不要で契約可能です。

〇日本全国 〇出張対応無料 〇来社不要

ジャパンファクターは法人・個人事業主が利用可能

個人事業主様もご利用可能

出典:ジャパンファクター公式サイト

ジャパンファクターのファクタリングは、資金繰りの悩みを抱える日本全国の法人・個人事業主が利用できます。

例えば建設業や運送業、印刷業などをされている法人はもちろんのこと、取付工事業や運送業務、広告業などをされている個人事業主の売掛債権もジャパンファクターに売却可能です。

ただファクタリングは売掛債権を売却して資金化するので売掛債権を保有していないと利用できません。
そして売却できる売掛債権は法人に対する売掛債権のみで、個人に対する売掛債権は売却できません。

それからジャパンファクターはクレジット債権の資金化に対応しています。
飲食業や販売業の場合、顧客は個人ですがクレジットカード支払い分を売掛債権として売却できます。
この場合、売掛先は決済代行会社となり法人企業なので何も問題ありません。

〇法人 〇個人事業主 〇クレジット債権

×売掛先が個人の売掛債権

ジャパンファクターは2社間ファクタリングも歓迎

ジャパンファクターでは3社間ファクタリング、2社間ファクタリングともに利用可能です。

まず2社間ファクタリングは売掛先へ通知せずにファクタリングを利用できます。
そのため売掛先からの信用を失わずに済むだけでなく、3社間ファクタリングや融資よりも素早く資金調達できます。

ジャパンファクターでは最短即日、遅くとも申し込んだ翌日には資金化が可能です。
なので即日の資金化を希望するなら2社間ファクタリングがおすすめです
また取引方法はいつでも変更できます。

出典:ジャパンファクター公式サイト

続いて3社間ファクタリングですが2社間ファクタリングより低い手数料で資金調達できます。

売掛先からの承諾を得る必要がある3社間ファクタリングを選択する法人・個人事業主は多いとは言えませんが、その中でも医療や介護事業者は3社間ファクタリングの利用率が高いです。
なぜなら医療や介護事業者の場合、売掛先は社保や国保になるので信用への影響を心配せずに利用できるためです。

そしてジャパンファクターの手数料は2社間ファクタリングで3~18%、3社間ファクタリングで1~10%となっています。

〇2社間ファクタリング 〇3社間ファクタリング

〇診療報酬ファクタリング 〇介護報酬ファクタリング

ジャパンファクターで資金調達

ジャパンファクターは幅広い業種の売掛債権を買取可能

ジャパンファクターでは業種の制限は特にありません。

法人に対する売掛債権を保有していれば、幅広い業種の法人・個人事業主がファクタリングで早期資金化できます。

前述したように「売掛債権」という表現を用いない診療報酬や介護給付費、クレジット債権などでもファクタリングが可能です。

ジャパンファクターでは債権譲渡登記の留保が可能

債権譲渡登記とは・・・債権譲渡登記は法人が対象の債権を譲受人に譲渡したことを登記所に登記することにより第三者対抗要件を具備できるものです。簡単に言うと「この債権はファクタリング会社が買い取った売掛債権です」と主張できるものです。これができることにより債権の二重譲渡(同債権を他社に譲渡すること)などのトラブルを避けることができます。

まず債権譲渡登記を留保するメリットを2つ紹介します。
1つ目は素早くファクタリングを実行できるという点です。
登記には行政書士に依頼したり専用ソフトから申請したりなどの手続きに手間がかかります。
その債権譲渡登記の手間を省くことによって法人・個人事業主の売掛債権を早期資金化できます。
2つ目は売掛先や銀行に知られることを回避できるという点です。
まず債権譲渡登記をすると「債権を譲りました」という情報が債権登記ファイルに登録されます。
そしてその情報は簡単には閲覧できませんが申請さえすれば誰でも閲覧できるため、もし売掛先企業が見たら信用に影響するかもしれません。
だからジャパンファクターでは債権譲渡登記を留保しています。
それから債権譲渡登記は登記事項証明書や概要記録事項証明書(現在・閉鎖)で確認できます。
また債権譲渡登記は抹消することも可能です。
ただ抹消手続きには時間と費用がかかり抹消しても閉鎖事項証明書に記録が残ります

登記事項証明書

登記事項証明書サンプル

また債権譲渡登記は銀行やノンバンクからの融資にも影響が出るとも言われています。
融資に関する審査内容はわかりませんが融資までのつなぎとしてファクタリングを考えている法人・個人事業主は影響が気になるところでしょう。

審査で「毎月の売掛債権はどれくらいあるのか」と確認しているときに「譲渡している売掛債権」であることが発覚すれば、”貸し倒れリスクがある”と判断されてしまうかもしれません。

以上のような点から、債権譲渡登記について「留保できる」という選択肢は必要であると考えられます。

ただ債権譲渡登記を留保することはファクタリング会社にとっては第三者対抗要件が具備できないためデメリットにしかなりません。

そのため債権譲渡登記をする契約と、債権譲渡登記を留保する契約では手数料が異なります。
そして当然ですが留保すると手数料は高くなります。

またファクタリング会社の中には法人・個人事業主の許可なく無断で債権譲渡登記を打つ悪質なファクタリング会社も存在するので注意が必要です。
ジャパンファクターは無断で債権譲渡登記を打つようなことは絶対にしないので安心してください。

債権譲渡登記は法人・個人事業主の今後を左右すると言っても過言ではない重要な項目です。
ファクタリングを利用する際はファクタリング会社から十分な説明を受けた上で、留保するかどうかを決めて下さい。

ジャパンファクターの債権譲渡登記は法人・個人事業主様に選んでもらいます

〇債権譲渡登記なしOK

2社間・登記なしでのご相談はこちら!

簡単見積・無料相談

ジャパンファクターは最大100%の売掛債権を買い取ってくれます

ファクタリングを利用する際に『掛け目』というキーワードが出てきます。

下図のように『掛け目85%』となっているファクタリング会社は、法人・個人事業主が保有する売掛債権の85%までしか売却できません。

掛け目の画像

つまりファクタリングを利用する際に掛け目によって売却額が資金調達希望額まで届かないこともあります。

そうなると別の資金調達方法を探さなくてはなりません。

しかしジャパンファクターなら掛け目が最大100%なので確実に希望額を調達できるでしょう。

ジャパンファクター担当者 / Mさん

ジャパンファクターでは掛け目100%の買取を実施しています。

例えば1,000万円の売掛債権を保有していても掛け目が85%に設定されているファクタリング会社だと850万円までしか買い取ってもらえません。
しかしジャパンファクターなら1,000万円全額を売却することで990万円の資金調達が可能です。
(手数料が10%の場合)
もちろん「1,000万円ある内の50万円だけを買い取ってほしい」という少額のご希望もお受けできます。

〇掛け目なしファクタリング 〇売掛債権100%買取OK

ジャパンファクターの手数料

融資を受けるときに利息が発生するように、ファクタリングを利用する際にはファクタリング手数料が必要です。

ただ融資の利息と違い法律で定められているものではないためファクタリング会社によって大きな差があります。
つまりファクタリング会社を選ぶときに最も重要なポイントと言えるでしょう。

そしてジャパンファクターのファクタリング手数料は1~18%です。
手数料の上限を明記しているファクタリング会社は多くありません。
法人・個人事業主のことを思うなら手数料をしっかり明記することはとても大切です。

よく「業界最安値1%~」などと見かけますが、上限は伏せているファクタリング会社がほとんどです。
たしかに最低手数料は1%かもしれませんが悪質だと20%超えの手数料を請求してくる悪質なファクタリング会社も存在するので注意してください。

一般的にファクタリング手数料は1~20%です。
20%を超えるようなファクタリング会社は絶対に止めておきましょう。
ジャパンファクターの手数料は一般的なファクタリング会社より安いほうです。

〇3社間ファクタリングの手数料1~10% 〇2社間ファクタリングの手数料~18%

ジャパンファクターのファクタリングに必要な書類

ファクタリングで資金調達する際に必要な書類は2種類に分かれます。
それは審査に必要な書類契約に必要な書類です。

審査内容はファクタリング会社によって異なるため必要な書類もファクタリング会社ごとに違いますが一般的には下記の書類が必要です。

審査に必要な書類

●取引関係書類直近3カ月分(契約書や納品書・請求書など)

●売掛先からの入金を確認できる書類(通帳など直近1年分)

●代表者身分証明書(免許証など)

●業務における許可証(所持している場合のみ)

契約に必要な書類

審査に必要な書類の原本

●全部事項証明書(謄本)のうち
・現在事項証明書…1通

●概要記録事項証明書のうち
・現在事項証明書(債権譲渡登記事項概要ファイル)…1通
・閉鎖事項証明書(債権譲渡登記事項概要ファイル)…1通

●法人印鑑証明…2通(代表者の印鑑証明書は不要)

●代表者住民票(本籍・世帯全員記載のもの)…1通

●入金を希望する通帳

一般的には上記の書類が必要になります。
書類集めは結構、手間がかかるので資金調達をする可能性がありそうなら早めに行動しましょう。
書類が揃っていると資金化までスムーズに進みます。

ジャパンファクターで資金調達

ジャパンファクターのファクタリング成約事例は?

case①翌々日までに200万円の資金が必要

銀行融資を受けるために税金未納を解決。
設立して5年で初めて税金の支払いが遅れてしまった。
加えて介護機器のメンテナンスが早急に必要となり資金が必要なので銀行に相談したものの「税金の遅れを解消して下さい」と断られてしまった。
ファクタリングで資金調達をし、税金未納を解決したかった。
業種福祉事業財務状況ノンバンク借入あり
年商2,400万円税金
社会保険料
税金滞納あり
資金調達
希望日
翌々日資金調達
希望額
200万円
ジャパンファクター

ファクタリング成約結果

2日以内に200万円の資金を調達するという希望でしたが鹿児島から新幹線で翌日には来社して契約できたため1日で資金化させて頂きました。

希望日まで時間がなかったので最も早く資金調達できる2社間ファクタリングで合意頂きました。
以降は3社間ファクタリングで契約を締結し手数料の負担を軽減して継続的にご利用頂いています。


case②1週間で1,000万円の資金が必要

リスケ中なので売掛金を活用して資金調達したい。
先出しの資材費に1,000万円の資金調達をしたいがリスケ中で銀行融資に頼ることができない。
金額も大きいので1週間ほどかかっても良いから資金化してくれるところを探していた。
手形と売掛債権を保有しているので有効活用できればありがたい。
業種建設業財務状況リスケ中
年商1.2億円税金
社会保険料
税金滞納あり
資金調達
希望日
1週間以内資金調達
希望額
1,100万円
ジャパンファクター

ファクタリング成約結果

売掛先である元請も多数あり売掛金額も十分でした。
同市内だったため相談からすぐに「審査→契約内容の提案→契約→ファクタリング実行」まで即日での対応となりました。

元請であるゼネコンからの債権譲渡の承諾は得られそうになかったことから2社間ファクタリングで対応させて頂きました。
希望により債権譲渡登記も留保しました。


他の成約事例

  • 製造業/500万円/2日/3社間
  • 食品加工業/700万円/即日/2社間
  • 運送業/2,000万円/5日/3社間
  • 個人事業主/100万円/即日/2社間
  • 介護デイサービス/300万円/即日/3社間
  • 個人病院経営/1,000万円/即日/2社間
  • 人材派遣業/500万円/2日/2社間

ジャパンファクターの口コミや評判

最近はさらに楽に契約できるようになった
介護サービス/福岡

評価:会社から近いのでお世話になりました。時間が取れれば直接店舗まで行って契約していましたが、コロナウイルスが流行りだしてからは電子契約を案内されました。
正直、電子契約と言われても高齢の私にできるか自信がなく…店舗まで行こうかと思いましたが担当者の方に促されて電子契約をやってみました。
届いたメールの指示に従うだけで私でも簡単にできました。
契約書のメールが届いてから締結まで3分もかからずで、コロナが終息しても電子契約でお願いするつもりです。
電子契約だからといって何かに登録したり購入したりする必要もありませんよ。
利用者さんは減りましたが感染リスクがある中で職員たちは頑張ってくれています。
誰一人欠かすことなく乗り切っていきたいです。

至急の資金繰りに助けられて以来お世話に
食品加工業/兵庫

評価:翌日までに600万円の資金が必要で3社に問い合わせましたが、間に合うように対応可能と返答してくれたのがジャパンファクターさんだけでした。
現在も継続して2社間ファクタリングを利用中です。
初回の手数料は18%でしたが現在は10%まで下がりました。
うちは3社間取引なんてやったら仕事止められるかもしれないので2社間でやるしかないです。
3社間だと手数料がさらに安くなるのは分かっているんですけどね…。
ジャパンファクターさんには本当に感謝しています。

やりたい仕事を受注できるようになった
建設業/福岡

評価:先出しの資材費の資金繰りがうまくいかず引き受けたい仕事をセーブすることもありました。
融資してもらえるところを探していたら売掛金を資金化できるサービスがあると知りジャパンファクターさんへ相談したのがきっかけで利用しました。
利用し始めた当時は東京や大阪まで行かなければならないファクタリング会社がほとんどでしたから、同じ福岡の業者であることも決め手になりました。
お陰様で受けたい仕事を受注できるようになり本当に助かりました。
下請けにとって次も仕事をもらえる機会は非常に切実ですからね。

郵送対応が助かる!
建設業/神奈川

評価:初回のみ対面契約でしたが、ジャパンファクターさんが自社へ来てくれました。
書類のチェックや問答も含めて1時間ほどだったと思います。
うちは建設会社なので許可証の確認がありました。
利用する度に契約書が必要なので毎回、電話と郵送で対応してもらっています。
正直、自社に毎回来られるのも嫌なので助かります(笑)

新時代の資金調達
売掛債権高額買取中
売却額を増やすと渋られる
介護サービス業/大分

評価:かれこれ1年ほどお世話になっています。
売却する売掛債権を増やしたいと相談すると「その分、手数料もかかるのでもったいないですよ」と必ず止められます。
それでも必要な資金であることを説明すれば増額にも対応してくれます。
たびたび「御社のためにはファクタリングより融資の方が良いですよ」とも言われますね。
営業っ気がないファクタリング会社です。

博多駅から少し離れている
小売業/広島

評価:今後の資金繰りの相談も兼ねて時間が取れるときには相談しに店舗まで行っています。
博多駅の近くだったらもっと良いんですけどね。

決め手は「手数料が1番安かったから」
アパレル業/岐阜

評価:最初は自分なりに調べてみて「ファクタリングは手数料が高い」と思って利用する決心がつかないまま無料見積もりだけ利用していました。
ただ見積りだけしても資金を調達できるわけがなく1番手数料が安いジャパンファクターを利用しました。
他社だと手数料以外にも様々な費用がかかりますがジャパンファクターは手数料だけでした。
しかも最大で18%です。
いくら資金化できるのか計算もしやすく分かりやすかったです。
ただそれでも18%は高いですね。
他社の場合はもっとかかると考えたら恐ろしいです。
銀行融資が受けられない零細企業にはかなり便利なサービスですがもっと手数料が下がることを期待して★は-1で。
個人的に手数料が5%ほどなら助かります。

親切に対応してもらいました
運送業/佐賀

評価:まだ利用したことありませんが電話で問い合わせたことがあります。
運送を個人でやっているので保有している売掛債権はかなり少額です。
検索して最初に出てきた東京のファクタリング会社に相談したら、売掛債権を言った途端に高圧的な態度に変わって「うちじゃ買い取れませんよ」と笑われました。
違うファクタリング会社に相談しようと見つけたのがジャパンファクターさんでこちらは対応が女性でした。
なぜ少額だと契約が難しいのかなどをきちんと説明してくれたので、こちらとしても断られても納得できました。
利用するならジャパンファクターにお世話になるつもりです。

ジャパンファクターがおすすめな理由まとめ

ジャパンファクターは全国に3店舗を展開しているため、日本全国の法人・個人事業主が利用しやすいファクタリング会社です。
店舗まで行くことが難しくても電子契約や郵送、無料出張も可能なので気軽に相談できると思います。

また2社間ファクタリング・登記なしでの契約も可能なので売掛先から承諾を得られない場合や銀行融資を控えている法人・個人事業主におすすめです。

ジャパンファクターへの直接のお申込みは下記よりお願いします。

>売掛債権を高額買取中

売掛債権を高額買取中

ファクタリングとは、日本経済を、企業を支えること。法人・個人事業主様の健全な資金調達をサポートする。
売掛債権を買い取って速やかに入金。シンプルでスマートな資金調達。
信用取引から請求書売却へ。借りない、借金にならない世界へ。
株式会社 Japan factor