ファクタリングブログ|診療報酬や介護給付費でのファクタリング資金調達 担当:福岡

診療報酬や介護給付費でのファクタリング資金調達

担当:福岡

ファクタリング会社U社のファクタリングブログ担当:福岡です。

こんにちは。

異常なほどの猛暑でしたが、みなさんはいかがお過ごしでしたでしょうか。先週は幾分か涼しくなったかのように感じましたが、週末からはまた戸外に出るのが億劫な蒸し暑さですね。今年は本当に救急車のサイレンをよく聞いた夏だったように思います。私も電気代を気にしてエアコンを付けるのを我慢していたことがありましたが、今年は熱中症対策として必要不可欠だと判断して、自宅でも1日中付けるようにしています。

現在も屋外で作業を進めていらっしゃる方も多いかと思います。本当にお疲れ様です。こまめに涼しいところで身体を休め、喉が渇く前に水分補給をするなどして下さい。作業をする方がそのようなことができる働き方を提供するために事業者の方にも配慮をお願いしたいと思います。

さて、お盆明けからファクタリングで資金調達を検討している事業者さまからの問いあわせを頂いております。やはり建設業の事業者さまからの問い合わせが多いです。新しい元請先からの仕事で発生する売掛金でファクタリングを希望してのご相談が多いです。ですが1度も元請からの入金が確認できない取引の場合はファクタリングをお断りさせて頂くことがあります。ファクタリング会社としては何度も繰り返し取引があって、その売掛金の入金が確認できる方が安心して買取でできるからです。

もちろん元請の信用力などによっては初めての取引でもファクタリングは可能となる場合もあるのでぜひ相談して頂きたいと思います。

売掛先が国保連や社保といった支払基金となる医療・介護関連業では初めての取引であってもファクタリングができることが多いです。ファクタリングでは実際に売掛金の支払いをする売掛先の信用力が重要視さてますが、国保連などの支払基金は審査も必要ないほど信用力に問題がありません。

そのため本当にその請求に対する診療報酬や介護給付費が発生しているのかの確認ができればファクタリングは可能となる可能性が高いです。

設立して間もないために銀行融資を受けられないという医療・介護関連業の事業者さまも多いのではないでしょうか。そのような事業者さまの資金繰りにファクタリング会社は診療報酬債権買取、介護給付費債権買取の金融サービスでサポートができます。特に介護給付費を活用しての早期現金化は多くの事業者さまが導入しているようです。

至急の資金繰り、銀行融資以外で資金調達を希望の医療・介護・調剤薬局関連事業者さまはぜひファクタリング会社にご相談下さい。

福岡(*^^*)


ファクタリング情報サイトでは日本全国の中小企業さま、個人事業主さまの至急の資金繰りをサポートするべく、ファクタリングの情報をお届けしています。

数多くのファクタリング会社があります。

ファクタリングを利用される中小企業さまに合ったファクタリング会社の選択が必要になります。資金繰りに急いでいる中小企業さまにとって信頼できるファクタリング会社かどうか、それを正しく判断することはなかなか難しいでしょう。

そんな中小企業さまに信頼・安心できるファクタリング会社を紹介しています。

分からないことは、お気軽に各ファクタリング会社にお問合せ下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする