手形割引とファクタリングの違い

手形割引とは

取引先企業から支払いとして振り出された手形を支払期日前に金融機関に満期日までの利息に相当する額や手数料(割引料)を差し引かれた金額で換金・現金化する金融サービスです。

手形取引は日本での商業取引でよく利用されていましたが現行の手形制度は日本独自の制度が発展したわけではなく明治以降にヨーロッパの制度を取りいれて発展しました。

この手形割引を利用するには金融機関の審査を受ける必要があり手形を発行する手形振出企業の信用度が重要です。

そして手形割引は主に銀行が実行しており割引料は1~3%とされています。
また手形の支払いサイトが長いと割引料は高くなります。

ただ、昨今では手形割引の取引が減少しています。

なぜなら手形を振り出すにも手形用紙や印紙代などの費用がかかること、受け渡しや郵送、管理で紛失・盗難リスクがあるからです。
また手形の処理に膨大な労力を割くことも原因になっています。

手形割引の取引は減少傾向にあるとは言え調査対象の3~4割が手形割引を利用していると平成27年度の中小企業庁による下請事業者への調査結果が報告されています。

そして手形割引の代わりに需要が増えてきた金融サービスがファクタリングです。
ファクタリングなら手形割引の買戻しのようなリスクは避けられます。

手形割引とファクタリングの違い

手形割引とファクタリング、どちらも手数料を支払うことで期日を待たずに早期資金化できるメリットがあります。

この2つの大きな違いは、

手形割引には不渡りリスクがあることです。

手形割引は「手形を担保に現金を借りる」ので融資になります。
したがって手形割引では手形を振り出した取引先企業が不渡りを起こしたら、その手形はただの紙切れとなり金融機関に買戻し請求されてしまいます。

一方、ファクタリングは償還請求権が無いので不渡りや倒産のリスクはファクタリング会社が背負います。

つまり払い戻しのような義務は発生しません

その代わり、ファクタリングの手数料は高くなります。

また手形割引は支払いサイトが長くても審査に落ちることはありませんがファクタリングは支払いサイトが長いとファクタリング会社自身のキャッシュフローが悪くなるため審査に通らないことがあります。

手形買取とは

資金調達の1つとして「手形買取」があります。

あまり聞きなれない金融サービスですがファクタリングに似たサービスです。

そのためか手形買取に対応しているファクタリング会社は多く存在します。

手形割引を利用している企業で割引枠がいっぱいになってしまった場合でも手形買取で資金調達は可能です。

手形買取の特徴は買戻請求権なし償還請求権なし(ノンリコース)です。

また手形買取は売買契約となるため振出企業が不渡りや倒産しても手形の買戻し義務は発生しません。

【まとめ】手形割引とファクタリング

手形割引には不渡りや連鎖倒産というリスクがあります。

また手形用紙や印紙代などの費用、紛失・盗難から処理の手間を考えると使い勝手の良い資金調達とは言えません。

今、手形割引を利用している企業や今から利用するつもりの企業はファクタリングを活用してはどうでしょうか。

どちらも一長一短あるので絶対にファクタリングが良いとは言えませんが売掛債権を保有しているなら最適な資金調達ができると思います。

資金調達方法

  • 融資
  • 手形割引
  • ABL
  • ファクタリング
>売掛債権を高額買取中

売掛債権を高額買取中

ファクタリングとは、日本経済を、企業を支えること。法人・個人事業主様の健全な資金調達をサポートする。
売掛債権を買い取って速やかに入金。シンプルでスマートな資金調達。
信用取引から請求書売却へ。借りない、借金にならない世界へ。
株式会社 Japan factor