ファクタリングにおける注意点

ファクタリングで即日資金調達を検討している法人・個人事業主に注意していただきたいことを紹介します。

虚偽の申告

ファクタリングを利用するにはファクタリング会社からヒヤリングや審査を受けることになります。

その際に経営状況が良くないなどの理由で審査が不利になりそうだからと虚偽の申告をしてしまうとファクタリングは利用できません。

例えば「取引先からの入金は遅れていない」「債権譲渡登記はされてない」などです。

ファクタリングを利用する際に必要になる書類には取引先からの入金が確認できる通帳の写しが必須なので虚偽の申告をしてもすぐに発覚します。

債権譲渡登記をされているかどうかも法務局に確認すればすぐに分かります。
そもそも契約時に概要記録事項証明書(登記を確認できる書類)の提出を求められるのでファクタリング会社はすぐに気づきます。

他にも契約書・注文書・請求書などの偽造が挙げられます。

偽造は最悪の場合、有印私文書偽造の罪になります。

売掛債権の二重譲渡

二重譲渡とは法人・個人事業主がファクタリング会社Aに売掛債権を売却した後にファクタリング会社Bにも売掛債権を売却して二重に資金を得ることです。

この二重譲渡は詐欺罪になります。

売掛債権を使い込む

2社間ファクタリングの入金の流れは下記の通りです。

  • ①ファクタリング会社が資金化した売掛債権を申込者に入金
  • ②取引先から申込者に売掛債権が振り込まれる
  • ③申込者がファクタリング会社に売掛債権を決済する

②の取引先から売掛債権が振り込まれたら申込者は速やかにファクタリング会社に決済しなければなりません。
もし決済せずに使い込んでしまったら最悪の場合は横領罪になります。

ファクタリングは借入ではなく売掛債権を売買する金融サービスです。
売買契約が成立したら売掛債権はファクタリング会社のお金になるので無断で使ってはいけません。

新時代の資金調達
売掛債権高額買取中

ファクタリングにかかる費用

ファクタリングを利用するにはどこの会社を選んでも必ず手数料が発生します。
一般的に手数料は1%~20%とされていますが悪質なファクタリング会社だと20%以上…酷いと40%近く請求されることもあります。

よく『業界最安値』という表現が使われていますがどこのファクタリング会社も最低手数料は大体1%です。

またこの手数料は審査によって決まりますが初回から低手数料で対応してくれるファクタリング会社はありません。
初回は基本的に20%前後だと思ってください。

ただ3社間ファクタリングなら初回でも手数料は10%以下になりやすいです。

それから手数料以外に「事務手数料・出張費・印紙代・振込手数料」などの費用がかかるファクタリング会社も存在します。
ただでさえ手数料が高いのに別の費用まで支払っていたら間違いなく資金は足りなくなるので注意してください。

そして大切なことですが手数料が20%以上かかったり他にも明らかに高い費用がかかるファクタリング会社は絶対に避けましょう。
また1社だけでなく複数のファクタリング会社に見積もりを出してもらい冷静に選んでください。
ファクタリング会社は基本的に闇金業者だと思って利用すると良いかもしれません。

手数料を決める要素

  • 契約の種類
  • 売掛先の信用度
  • 支払いサイト
  • 売却額

手数料の内訳

ファクタリング会社によって「手数料」の内訳は異なります。

全ての費用を手数料としているファクタリング会社と手数料と別途費用を請求するファクタリング会社が存在します。

つまり手数料の安さだけではなく一体いくらかかるのかを明確にさせなければなりません。

簡単に契約する法人・個人事業主はいないと思いますがどんな些細なことでもしっかり確認しましょう。

全ての費用を教えてくれなかったり契約書を見せてくれないファクタリング会社とは絶対に契約してはいけません。

>売掛債権を高額買取中

売掛債権を高額買取中

ファクタリングとは、日本経済を、企業を支えること。法人・個人事業主様の健全な資金調達をサポートする。
売掛債権を買い取って速やかに入金。シンプルでスマートな資金調達。
信用取引から請求書売却へ。借りない、借金にならない世界へ。
株式会社 Japan factor