地域密着型サービス!九州の即日対応ファクタリング会社

地域密着型サービス!九州の即日対応ファクタリング会社

地方の事業者さまがファクタリングをするとき、東京のファクタリング会社では少し不安に感じたり、来店に時間と費用がかかってしまうことが不便だったりするのではないでしょうか。

またファクタリング会社がたくさんありすぎてどこに申し込んだら良いのか分からないという経営者さまも多いのではないでしょうか。

今回は九州の事業者さま向けに、より安心して利用できるおすすめのファクタリング会社をご紹介します。

九州の事業者さまには九州のファクタリング会社!

ファクタリング契約をする際には、ファクタリング手数料がかかります。

ファクタリングで資金調達歴のある事業者さまはご存じかと思いますが、実はファクタリング手数料以外にも費用がかかる場合があるんです。

ファクタリング会社のホームページに記載がない隠された必要費用。それは、移動費や出張対応費です。

『来店不要!対面審査なしで利用可能!』と表現しているファクタリング会社もありますが、これは取引先企業が大企業や大手元請企業である且つ3社間ファクタリング契約が条件であることが多いです。

3社間ファクタリングの場合、取引先企業へのファクタリング通知が必須となります。

3社間ファクタリングとは

つまり、取引先企業から直接ファクタリング会社へと売掛金が支払われるという条件が揃えば、ファクタリングを利用する事業者さまは来店不要・対面審査なしで契約できるのです。

しかしながら取引先が大企業で、3社間ファクタリング契約ができる中小企業や零細企業はなかなかありません。※医院や介護事業者は取引先が国保連などになるためまた少し状況が異なります。

現実は、取引先企業へ通知なしでファクタリングを実行できる”2社間ファクタリング”を選択する事業者さまがほとんど。なぜなら2社間ファクタリングの方が取引先企業との関係性に影響がなく、より早くファクタリングを実行できるからです。

✓ 取引先が優良企業

✓ 3社間ファクタリング契約

このどちらもを満たしている場合には書類審査だけで契約→ファクタリング実行まで可能ですが、そうでない場合にはやはり事業者さまと実際に会って話をしてから契約をするという運びになります。

よって、2社間ファクタリングを選択する事業者さまは、

この来店不要・対面審査なしでファクタリング契約するのは難しいということになります。

ファクタリングは保証人も担保も不要な資金調達方法です。

銀行融資とは異なり、財務状況が良くなくても利用可能で審査も簡単ではありますが、『来店不要』『対面審査なし』でファクタリング契約するのは簡単ではありません。

しかし、毎回来店契約は必要になるというわけではなく、初回のみ対面での契約を必須としているというファクタリング会社も多いですのでそこまで負担になるわけではないでしょう。

ファクタリングを利用する九州の事業者さまとしてもより安心して契約、資金調達ができるように、契約を締結する前にしっかりと契約内容の話を聞き、疑問や不安は解決し、その目で契約書を確認してからの契約締結をおすすめします。

ファクタリング契約には隠された費用あり?!

ファクタリング会社は企業の数が多い=需要が多い東京にたくさんあります。

東京のファクタリング会社3社くらいにファクタリングの相談をすれば、おそらく契約してくれるところが見つかるでしょう。ファクタリング会社同士の競争率が高いため顧客を確保するために「ぜひうちで契約しましょう!」と言ってくるくらいかもしれません。

ここで『契約するためには必要書類を持参して下さい』『来社もしくは出張対応も可能です』という案内があります。

九州から東京に行くか、時間がなければファクタリング会社側に九州へ来てもらう必要が出てきます。

この“契約でファクタリング会社側が来社するための出張対応費”はファクタリングを申し込んだ事業者さまが負担する費用になります。

例えば熊本から東京まで、飛行機で往復5万ほどの費用がかかりますよね。LCCに乗ればその半額ほどのフライトも可能ですが成田着になるとそこからの移動も費用と時間がとてもかかります。決算書や取引関連書類を持参して、1日をかけてファクタリング契約のために動かなければならないというわけです。

そもそもファクタリングで資金調達をするということは、至急の資金繰りが必要である場合がほとんどです。そのようなときに事前に飛行機や新幹線を抑えておきコストを下げる対策もできるわけではありません。

ファクタリング契約にはファクタリング手数料の他にこのような実費がかかることが見落とされがちなのです。

そして、ファクタリング会社1社に来社して、そこでファクタリング契約ができれば事業資金調達のためにはそれくらいのこと問題にならないかもしれませんね。

しかしながら、そう上手くいかないこともあるのです。

ファクタリングとは東京のファクタリング会社を利用して痛い目に遭った!

決算書や取引先企業との関連書類などを持参して、九州から東京へやってきたとしてもファクタリング契約ができるとは限らないのが現実です。

ファクタリング利用歴のある事業者さま、経営者さまにお話しを聞く機会があり”東京のファクタリング会社を利用したときの話”を伺いました。

【長崎/N製造業】事業者さまからのお話①

27年目の製造会社です。私自身は父から受け継いで7年半です。

過去の履歴状況から銀行融資は受けられる状況ではありませんでした。

ファクタリングを初めて利用したのはもう6年前くらい。そのときは東京くらいにしかファクタリング会社なんてなかったので、選択肢もほとんどない状態で資金繰りへと向かいました。

もちろん東京へ赴く前に事前に電話で相談済みです。仮審査に必要な書類はメールやFAXで事前に送付して確認してもらい、「希望額のファクタリング契約が可能です」「ファクタリング手数料は15%ほどになるかと思います」という言葉を聞いてから行きました。そうでないとわざわざ1日かけて行く意味ありませんからね。

私としては資金調達ができると信じ切って来社したわけですが、そんな甘くありませんでした。

少し外れにあるオフィスビルの一室を間借りして事務所のようなファクタリング会社でした。担当者の方はスーツを着た営業マンという感じで嫌な雰囲気もありません。

やはり公的な金融サービス以外の業者を利用するときには不安になるところですよね。

もしもそういう雰囲気があればこちらこそ”ファクタリング契約はしない”という決断をしなければならないと思っていました。この点は安心できました。

持参した書類を確認され、財務状況など会社のことから私の消費者金融利用状況や家族構成まで問答が続きました。ファクタリングは担保も保証人も不要ですからこれくらい聞かれるのは仕方がないのかなと思いながら正直に答えました。

おそらくここが対面での本審査となっていて、このあとに「財務状況や実際にお話しを聞いたところで、ファクタリング手数料は35%ほど頂きたいと思います」と言われました。いや、最初から15%でファクタリングなんてやってくれるつもりもなく、東京まで呼んだのかもしれないと思いました。

そういう資金繰りに追い込まれた経営者の心理状態を分かった上なのかもしれないと後から思いました。

しかし、わざわざ東京まで来て、資金調達もできずに会社に戻るわけにもいかないじゃないですか。なぜ手数料が上がったのか、もう少し下げられないのか、あれこれ聞きますが、あっちもあれこれ理由をつけてきて、「嫌ならお引き取り下さい」と言わんばかりの態度になってきていたので結局35%の手数料で契約をしてしまいました。

東京までにかかる費用だけでなく、売上金の35%を取られるなんてもちろん想定外でしたよ・・・。もう東京のファクタリング会社は利用したくないとこのときはっきり思いました。

このとき契約したファクタリング会社とはこの1度の契約のみで、決済を終えたあとは利用していません。その後1カ月くらいは「お忙しいなら担当者がそちらへ伺いますよ」「2回目以降が対面なしでの契約もできますよ」という営業電話がありましたが、断っていればその電話もかかってきませんでした。問題があるようなファクタリング会社でなくても、こういったことが普通にあるんだなと勉強になりました。


【長崎/WEB広告業】事業者さまからのお話②

以前、東京のファクタリング会社を利用していたことがあります。今はもう利用していませんが、最近知人の経営者も同じファクタリング会社で資金繰りをしていたということが分かりました。


東京からの出張対応にも応じてもらい納得できる契約だと思っていました。4回ほど利用して福岡のファクタリング会社に乗り換えたこともあって、東京から来てもらってありがたかったなくらいに思っていたのですが…。

知人も現在は福岡のファクタリング会社にお世話になっているようで、そこで聞いた話を教えてくれました。

東京など遠方から出張で担当者が来てくれるときには当然交通費などを出張対応費として取られるわけですが、実費だけでなく担当者がお小遣い稼ぎに多めに請求するんだそうです。自分の会社には内緒で…。

確かにわざわざ九州まで来るんですから分からなくもないですけど、資金繰りに困っている事業者の味方とはとても思えません。

福岡にも選択できるくらい良いファクタリング会社ができて本当に良かったです。もちろんこの知人が聞いてきた話が本当かは分かりませんが、出張費も取られずに済むに越したことはありませんから。少しでも費用を抑えたいのでが経営者としての本音です。

もちろんすべての東京のファクタリング会社がこういった対応をしているというわけではありません。

ただこういった経験を経て、

ただ契約するだけでなく資金繰りの相談ができる

自社からできるだけ近い

同じ九州

事業者を資金面でサポートしようと意思が伝わる

というようなファクタリング会社へと乗り換えている九州の事業者さまも多いという話を例としてご紹介しました。

特に、初めてファクタリングを利用するという九州の事業者さまはより安心してファクタリング契約ができるように、契約前にしっかりファクタリング会社と対話をしましょう

今後の事業資金についても事前に相談することも可能です。

資金調達というお金の話ではありますが、ファクタリング会社や担当者は人間なのでそこから見えてくるものもあるでしょう。いくつかのファクタリング会社に相談や見積もりを出してもらうのも良いかと思います。

資金繰りに困っている九州の中小企業や零細企業を献身的にサポートしてくれるファクタリング会社がきっと見つかるはずです。

九州に本社あり!おすすめファクタリング会社3選

九州に本社をおくファクタリング会社をご紹介します。

しかしながら対象は九州の事業者さまに限らず、全国対応をしている実績豊富なファクタリング会社もあります。

まずはファクタリング会社へ24時間365日受付のメールフォームを活用して無料相談をしてみましょう。

ファクタリングゴールド

▲詳細はこちら

✓ 福岡

✓ 2社間ファクタリングOK

✓ 即日対応OK

✓ 個人事業主OK

✓ 30万円~無制限で利用OK

✓ 他社利用中でもOK

× 沖縄県は対象外

②ジャパンファクター

▲詳細はこちら

✓ 福岡本社、熊本、東京に支店あり

✓ 2社間ファクタリングOK

✓ 即日対応OK

✓ 個人事業主OK

✓ 30万円~1億円まで利用OK

✓ 出張対応OK(出張対応費は無料)

× 売掛先が個人または個人事業主

③ジャパンマネジメント

▲詳細はこちら

✓ 福岡本社、東京に支店あり

✓ 2社間ファクタリングOK

✓ 最短1日対応OK

✓ 個人事業主OK

✓ 30万円~5,000万円まで利用OK

✓ 土曜日も営業

× 売掛先が個人または個人事業主

福岡を中心に九州の事業者さまとのファクタリング契約実績が豊富なファクタリング会社です。

ファクタリングの相談や見積もりはどこも無料でできます。

契約内容に納得できず、ファクタリング契約に至らなかった場合でも費用はかかりませんので安心してご相談ください。