個人事業主さまのファクタリング

ファクタリング 個人事業主

個人事業主はファクタリングできない?

個人事業であってもファクタリングできるのでしょうか。

 

ファクタリングは売掛金の早期資金化によって可能になる最短即日の資金調達術です。

売掛金があればファクタリングは可能になり、負債を増やさずに資金繰りができるということで注目を集めているわけですが、法人企業でなくてもできるのかというところが個人事業主さまにとっては気になるところでしょう。

やはり個人事業だと法人企業と比較して銀行融資も受けにくいと聞きます。

そんな中で、個人事業主さまもファクタリングができるということであれば銀行融資以外の資金調達方法の1つとして大きな期待が持てます。

ファクタリング 個人事業主

結論は、個人事業主さまであってもファクタリングは利用できます

しかしファクタリング会社によって対応しているところとしていないところがあり、個人事業主さまとの契約OKとしているファクタリング会社は少ないようです。

個人事業主と契約OKのファクタリング会社が少ないわけ

その理由として挙げられるのが、

✓個人事業主さまが保有する売掛金が小口であることが多い

✓譲受人が対抗要件をもつための債権譲渡登記ができない

ということです。

個人事業主さまが保有する売掛金は小口が多い

ファクタリングを実行する際には、ファクタリング会社に手数料を支払うことになります。

その中には印紙代などの契約に必要な事務費が固定費用(およそ3~10万。ファクタリング会社によって異なる)としてかかってくるので、保有している売掛金が少額すぎると企業さまが手にできる資金がほとんど手元に残らないのです。これはあくまでも目安であり、ご紹介しているファクタリング会社は2回目以降手数料は低くなります。

中には100万以上からの買取を実行しているファクタリング会社も

しかし最近は需要が増え、30万ほどでも契約できるファクタリング会社もあるので、諦めずに「少額OK」「小口でも大丈夫」というファクタリング会社へ相談してみましょう。初回の契約では初期費用として手数料がかかる可能性があるため、それ以上の売掛金を保有している必要があります。

 

債権譲渡登記ができない

ファクタリング会社が第三者に対抗要件を具備するためには債権譲渡登記をしなければなりません。しかし、債権譲渡登記の対象は「法人が行う指名債権(金銭債権)」となっているのです。※債権譲渡登記とは

個人事業主さまは登記ができません。そのためファクタリング会社にとって個人事業主さまとのファクタリングがリスクが高いと判断され、個人事業主さまとは契約していない、もしくは法人企業さまよりも割高の手数料を設定することになると思われます。

しかし、支払いサイトの長い売掛金の早期資金化・負債が増えない・担保や保証人不要というファクタリングのメリットを考えれば、銀行融資以外の資金調達方法の1つとして検討する価値は大いにあります。

最近は法人企業であっても登記を留保する契約場合も多いです。個人事業主さまからの需要が確実にあることから、個人事業主さまも登記なしでファクタリング契約ができるケースが増えてきました

「個人事業主OK」と記載のあるファクタリング会社であれば、個人事業主さまが保有する売掛金を早期資金化することは可能なのでぜひ相談してみて下さい。

ファクタリング 個人事業主

 

個人事業主さまでもファクタリングを活用できることは分かりましたが、個人事業主さま対応可のファクタリング会社は多くはありません。

個人事業主さまとのファクタリングの実績があるようです。以下は「個人事業主さま歓迎」のおすすめファクタリング会社を紹介しています。

※個人向けの給与ファクタリングではありません。

ジャパンファクター
ジャパンファクターHPへ
ジャパンファクターは、全国対応のファクタリング会社です。地方の個人事業主さまはもちろん、他社からの乗り換えも歓迎しています。

ジャパンファクターでは電子契約書を用いたオンライン完結契約も可能で、郵送・メール・出張対応など、状況に合わせて柔軟な対応でよりスピーディにファクタリング実行できるようなフォロー体制が整っています

また「2社間・3社間ファクタリング」「登記あり・なし」「単発・繰り返し契約」など個人事業主さまの要望に合わせて選択できます。他社利用中でサービスに満足していない個人事業主さまも乗り換え可能です。

全国対応OK
福岡本社
2社間OK/秘密保持
即日買取可能
個人事業主OK
100%買取OK
オンライン完結/出張対応無料
登記留保OK
他社からの乗り換えOK
30万~1億まで対応可能
手数料目安:1%~18%以下
ジャパンファクター
無料相談申込み

OLTA(オルタ)
OLTA(オルタ)HPへ
OLTA(オルタ)はオンライン完結型”クラウドファクタリング”の先駆けであり、銀行や大手企業と立て続けに提携を発表している代表的なファクタリング会社です。

法人企業はもちろん、個人事業主でも業界1低いと言われているファクタリング手数料で、オンライン完結のファクタリングが利用可能です。

コロナの影響で前年より3倍近い相談数があり対応の遅れもあるようですが、来社・対面の必要が一切ないため感染リスクを負う心配はなく資金繰りができる安心感があります。

全国対応OK
東京本社
2社間OK/秘密保持
即日買取可能
個人事業主OK
2社間ファクタリングOK
買取額の下限・上限なし
全国対応
オンライン完結契約が可能
遅延債権の買取不可
手数料目安:2%~9%
OLTA(オルタ)無料相談申込み

ビートレーディング
ビートレーディングHPへ
ビートレーディングは、全国に4店舗がある業界トップレベルのファクタリング会社です。

経験豊富なスタッフとこれまでの買取実績から査定するため、ビートレーディングのファクタリング審査通過率は98%。他社で断られた事業者さまもビートレーディングに相談してみることをおすすめします。ファクタリング利用後の資金繰りなどアフターフォローも充実しています。

審査通過率が高いのは対面審査に積極的だからです。オンライン完結で契約を希望する事業者さまは向かないかもしれません

全国対応OK
東京本社
2社間OK/秘密保持
即日買取可能
個人事業主OK
審査通過率98%
来店なし・郵送可能/出張対応
登記相談OK
他社からの乗り換えOK
下限・上限設定なし
手数料目安:2%~
ビートレーディング
無料相談申込み

アンカーガーディアン


▲アンカーガーディアンHPへ
アンカーガーディアンは西日本エリア対応のファクタリング会社です。西日本エリアの個人事業主さまも利用できます

アンカーディアンでは、基本は対面契約ですが郵送での契約も可能です。債権譲渡登記にかかる費用はサービス、また内容によっては登記留保での契約もできます。「現在東京のファクタリング会社を利用していて来社が大変だ」という個人事業主さまも乗り換えることでより一層資金調達が楽になります。

手数料の上限が明記されていないため、無料相談をする際に担当者にしっかり確認しておくことをおすすめします。

西日本エリアのみ対応
福岡本社
2社間OK/秘密保持
即日買取可能
個人事業主OK
100%買取OK
郵送契約対応可能
登記費用サービス/留保も
他社からの乗り換えOK
~5,000万まで対応可能
手数料目安:
3社間ファクタリング=3%~
2社間ファクタリング=5%~
アンカーガーディアン
無料相談申込み

ファクタリングゼロ
▲ファクタリングゼロHPへ
ファクタリングゼロは全国対応OK、個人事業主対応OKのファクタリング会社です。

ファクタリングゼロの2社間ファクタリングなら即日での資金調達も可能になります。LINEでの申込みも可能で審査結果までは最短30分でお知らせできるスピード対応。

手数料は1.5%からで契約内容に応じて変動し、利用回数が増えれば手数料は安くなります。そのためリピート率も高いのがファクタリングゼロのファクタリングサービスです。

20万という少額から買取可能なので少額取引が多い個人事業主さまも積極的に相談できます

全国対応OK
福岡本社
2社間OK/秘密保持
即日買取可能
個人事業主OK
土曜も通常営業
来店なしの契約OK
登記留保OK
他社からの乗り換えOK
20万~5,000万まで対応可能
手数料目安:1.5%~20%
ファクタリングゼロ
無料相談申込み

売掛先が個人事業主の場合のファクタリングは?

では、売掛先が個人事業主さまだった場合は、ファクタリングできるのでしょうか?

建設業や卸業などで、個人事業主さまをお取引先におもちの企業さまも多いと思います。売掛先が個人事業主さまであるなら1件1件の売掛金は少なくても、何十件と複数であれば調達希望金額に達する場合もあるでしょう。

 

しかし、ファクタリングは売掛先の信用力で売掛金を買い取るような形になるので、売掛先が個人事業主では、その信用力を審査することが難しいため売掛先が個人事業のファクタリングは実行が難しいようです。

唯一、大手のビジネクストは対象売掛先として、継続的なお取引のある国内企業(法人・個人事業主と記載がありました。