ファクタリングの審査

ファクタリングにおける審査とは

銀行融資を受けられない理由は法人・個人事業主それぞれ異なると思います。

債務超過や赤字、業況が不安定だったり税金や社会保険料の滞納など。

借入金の返済力も重要です。

銀行が上記のような審査をするのと同様にファクタリング会社も法人・個人事業主をしっかり審査します。

ただ、どこのファクタリング会社も「銀行とは異なる」「独自の審査」を強調しているので審査内容が全く違うと理解できます。

それに「銀行融資を断られた法人・個人事業主でもファクタリングは可能です。」という表現が多いです。

なぜ銀行融資を受けられなかった法人・個人事業主でもファクタリングは利用できるのか?

赤字・税金滞納未納でもファクタリングは可能

ファクタリングの審査は申込者の信用度はもちろん売掛先の信用度も調査します。

ただ、どちらかというと申込者より売掛金を支払う取引先企業を重点的に調査します。

なぜならファクタリングには償還請求権(ノンリコース)がないからです

つまり、ファクタリング会社にとって1番避けたいのは売掛金を回収できないことなので売掛先がきちんと支払いをできるかどうかが重要になります。

だから赤字や税金滞納未納などが原因で銀行融資の審査に通らなかった法人・個人事業主でもファクタリングの審査なら通る可能性が高いです。

ファクタリングの審査内容

ファクタリングを利用する時、やはり審査内容が気になると思います。

銀行融資には事業計画書や決算書類などが必要ですがファクタリングは取引先企業との契約書成因資料(注文書・納品書・請求書など)売掛金が振り込まれている通帳が必要です。

また必要書類の少なさから融資と比較しても審査時間は短いです。

ただ一部のファクタリング会社(トップマネジメントやPMG)では税務申告済みの押印のある決算書が必要になることもあります。

ジャパンファクターでは決算書は必要なかったという口コミがあり公式サイトにも記載されていません。

  • 1.取引関係書類(請求書・納品書・契約書など)
  • 2.入金口座(取引先からの入金が確認できる通帳など)
  • 3.代表者身分証明書の原本
  • 4.許可証の原本(必要な事業の場合)

つまり必要最低限の書類だけでファクタリングを利用できます。

一般的に必要な書類は下記の通りです。

  • 取引関係書類
  • 売掛金が入金されている通帳
  • 代表者の身分証明書
  • 業種ごとの許可証(必要な業種)

ファクタリングは銀行融資を受けられなかった法人・個人事業主に最適な資金調達と言えます。

申込者の財務状況が良くなくても売掛先の信用度が高ければファクタリングは利用できるので検討してください。
ただ、申込者を全く審査しないわけではないので過度の期待は禁物です。

柔軟審査で即日に期待できるファクタリング会社

どのファクタリング会社も相談や見積もりは無料です。
メールフォームは24時間受け付けているのでファクタリングを利用したいと思ったら、とりあえず申し込んでみるのをおすすめします。

ジャパンファクター
法人・個人事業主OK
2社間・3社間
手数料1%~18%
30万円~1億円まで買取可能
全国対応
電子契約/メール/郵送/無料出張
無料相談はこちら
JTC
JTC
法人・個人事業主OK
※個人事業主は3社間のみ
2社間・3社間
手数料2%~
100万円~買取上限なし
全国対応
来店/出張対応/対面契約が可能
無料相談はこちら
アンカーガーディアン


法人・個人事業主OK
2社間・3社間
手数料3%~
5000万円まで買取可能
西日本エリア限定
メール/郵送/対面契約が可能
無料相談はこちら
ファクタリングゼロ
法人・個人事業主OK
2社間・3社間
手数料1.5%~10%
20万円~5000万円まで買取可能
西日本エリア限定
電話/メール/郵送/対面契約が可能
無料相談はこちら

ファクタリング無料見積もり

>売掛債権を高額買取中

売掛債権を高額買取中

ファクタリングとは、日本経済を、企業を支えること。法人・個人事業主様の健全な資金調達をサポートする。
売掛債権を買い取って速やかに入金。シンプルでスマートな資金調達。
信用取引から請求書売却へ。借りない、借金にならない世界へ。
株式会社 Japan factor