ファクタリングでの審査とは

ファクタリング 審査

ファクタリングでの審査とは

 

銀行融資が受けられない理由としても企業さまによって様々でしょう。

債務超過、赤字や業況が不安定である、税金や社会保険料の滞納、大手でも民事再生歴があるなど。

借入金の返済力も問われてきます。

 

銀行がこのような企業状況を審査するのと同様に、ファクタリングを実行する前にはファクタリング会社が企業さまの審査を行います。

しかし、どのファクタリング会社のHPにも銀行とは異なる」「独自の審査とあり、ファクタリング会社によって少しずつ違うことが予想されます。

また銀行融資を断られた企業さまもファクタリングは可能ですという表現が多いです。

なぜ銀行融資を受けられなかったような状況下の企業さまでもファクタリングは実行可能なのでしょうか?

ファクタリング 審査

 

赤字・税金未納でもファクタリングOKなわけは?

 

ファクタリングの審査ではもちろんファクタリング利用企業さまの信用情報もしっかり見られるでしょう。

しかしどちらかというと利用企業さまよりも、売掛金を支払う取引先企業さまの支払い能力、信用情報が重要視される傾向にあるようなのです。

ファクタリングでの資金調達の特徴として、借入金ではなく売掛金の買取による資金化という面があります。そしてこの売買契約には償還請求権がありません※償還請求権とは

 

つまり、ファクタリング会社にとって1番の不利益は売掛金の回収ができないことであり、売掛先企業さまが売掛金の支払いがきちんとできる会社であるのかが重要になってくるのです。

利用企業さまが銀行融資を受けられなかった状況でも、売掛先である取引先企業さまの信用力があればファクタリングでの資金調達は可能になるの理由の1つはこのようなところにあるようです。

ファクタリング 審査

 

ファクタリング会社による審査の内容とは?

 

ファクタリング会社の審査内容はどのようなものになるのかが気になりますね。

銀行融資を受ける際には事業計画書や決算書類が必須になってきますが、ファクタリングの場合は取引先企業さまとの契約書成因資料(注文書・納品書・請求書など)取引入金がわかる資料(通帳の写しなど)が必須になるようです。

必要書類は審査内容と≒なので、必要書類の少なさが融資と比較しても審査が簡潔であることが分かります。

ビジネクストワダツミトップマネジメントPMGなどでは

税務申告済みの押印のある決算書も必要な書類としてはっきり記載されていましたが、他社は明確には分かりませんでした。

 

ジャパンファクターでは決算書は必要なかったという口コミもありましたが、公式サイトでも

1.取引関係書類(請求書・納品書・契約書など)

2.入金口座(取引先からの入金が確認できる通帳など)

3.代表者身分証明書の原本

4.許可証の原本(必要な事業の場合)

と記載があります。

とても少ない書類だけでファクタリングの申込みが可能ということになります。

契約時に必要な書類はさらにファクタリング会社によって異なってきます。概要記録事項証明書や法人印鑑証明など法務局で取得する書類が必要となってきます。

ファクタリング 審査

 

ファクタリングはファクタリング会社独自の審査により、銀行融資を受けられなかった状況下の企業さまでも利用可能な資金調達術と言えます。

審査では、ファクタリング利用企業さまの財務状況が思わしくなくても、良い取引先企業の売掛金を保有していれば通りやすいようです。

 

しかし、利用企業さまの二重譲渡や使い込みのリスクもあることから、利用企業さま信用情報もきちんと見られるのは間違いないと思われます。

 

おすすめファクタリング会社はコチラ

ジャパンファクター
ジャパンファクター

月末は大変混み合い、ご返答に時間がかかってしまうことがあります。

お早目のお問い合わせをお待ちしております。