売掛金 ファクタリング

 

 

 

上場企業などから見る「売掛金」の注意点

 

調査リサーチ会社の東京商工リサーチが調査した「2016年に不適切な会計・経理を開示した上場企業」は、2008年の調査開始以来過去最多を記録したとという記事です。

売掛金 ファクタリング

引用:ゾゾタウン、楽天、ソニーなどから見る「売掛金」の注意点 ‐ YAHOO!JAPANニュースより

 

 

【 売上債権(売掛金)の数値には注意すべき 】

 

賃借対照表に記載される売上債権は、まだ代金が未回収なものであるため異常なペースで膨らんでいる企業には注意しなければならない、とあります。

売上債権の回転期間が長期化したり、膨らみすぎた売上債権が回収不能になって倒産するということも起こりるということです。

 

 

 

一時は倒産の危機に揺らいだシャープですが、買収後は債務超過を脱して営業利益も黒字化しているようです。

懸念として挙げられているのが売掛金が急増し、回収サイトもおよそ40日から70日に伸びていることであると言われています。シャープによれば、長期融資を確保できるようになったりしたことでファクタリングをやめたことで急増するような結果になったと説明しています。

引用:営業利益の黒字化を実現した「シャープ」に未だ残る懸念とは? – HARBOR BUSINESS Onlineより

 

 

とは言うものの、一概には「売上債権が伸びている=危険」とも、「売上債権が減少している=安心」というわけではないと記載されています。

 

 

 

 

【 上場企業でも事業転換などにより売上債権の増加 】

 

昨年末に「ツケ払い」という決済方法を導入して話題となったZOZOTOWN。

ご存知ですか?

 

売掛金 ファクタリング

 

顧客が商品を購入する際にツケ払いを選択することができ、到着した商品とは別に請求書が送付されて商品購入日から2か月以内にコンビニや銀行などで支払うというものです。

商品が到着してからの支払いなので、中身を確認してからの支払いができます。また給料日前でもセールや期間限定商品発売期間などのチャンスを逃さずに購入できます。

ZOZOTOWNを運営する株式会社スタートトゥデイは、クレジットカードの利用に抵抗があったり、クレジットカードを保有していない若年層の顧客にも利用しやすいサービスをと説明しています。

 

この「ツケ払い」サービスを開始したことにより、売掛金は急増し四半期で倍増したとのこと。

この「ツケ」を多くの顧客が踏み倒すと、ZOZOTOWNも未回収金が膨れあがり大問題になりますが、そのリスクを債権回収代行会社のGMOが担っています。

ZOZOTOWNは、GMOに手数料を支払って立替払いをしてもらうことによりキャッシュを確保しているのですね。ZOZOTOWNは、ツケ払い開始により売掛金が増加しているものの、顧客層の拡大で売り上げは増加し且つGMOの決済サービス(GMO後払い)を活用することでキャッシュを確保できているということです。

GMO後払いサービスは、GMOペイメントサービスが販売店から注文毎に売買代金の債権譲渡を受けて、顧客に請求書の発行と代金の回収を行うというものなので、ファクタリングということですかね。

 

 

大手企業であっても売掛金をどのように活用するかにより明暗が分かれそうです。

売上債権(売掛金)の増減がどのような要因によるものなのかを押さえておくことが重要ですね。

 

 

売掛金 ファクタリング

 

 

 

 

カテゴリー : news