ファクタリングを検討している鹿屋市の企業さまへ

鹿屋市ほか|鹿児島の中小企業がファクタリングで資金調達するために

鹿屋市ほか|鹿児島の中小企業がファクタリングで資金調達するために

 

ファクタリングとは、鹿屋市の中小企業さまが保有する売掛金の一部をファクタリング会社が早期資金化して提供する金融サービスです。

ここでの売掛金とは、鹿屋市の企業さまが取引先企業に対して商品の納品やサービスの提供が完了し、既に請求済みである未払いのキャッシュのことです。

「すでに仕事は終えているのに取引先からの入金は60日後・・・」ということが、中小企業の資金繰りに大きな影響を与えています。資金繰りに行き詰まった鹿屋市の中小企業さまがこの売掛金を活用すれば、60日後にしか資金として使えなかった売掛金が即日~3日で現金化することができるのです。

 

ファクタリングを利用する鹿屋市の中小企業さまのメリット

 

①銀行融資以外の資金調達方法

ファクタリングは、鹿屋市の企業さまが銀行融資を受けられないときにも利用できる資金調達方法です。

ファクタリングでは売掛金を支払う取引先企業の信用力が重要になってきます。融資では鹿屋市の企業さまの信用力、言うなれば返済能力が影響しますが、ファクタリングでは優良の取引先企業であれば契約は十分に可能になります。

赤字決算、税金の未納、債務超過などの理由で鹿屋市の企業さまが銀行融資を受けられなかったとしても、ファクタリングでの資金調達ができるかどうかはまた別の話なのです。

 

②スピード

ファクタリングと銀行融資との大きな差は、資金調達までにかかる時間の差かもしれません。

ファクタリングと銀行融資の審査内容は異なるため、必要書類も異なります。必要書類の準備にも時間を要さないのがファクタリングです。

 


 💡 ポイント!

ファクタリングを利用するときのデメリットの挙げておきましょう。

まずは売掛金を保有していなければファクタリングはできないということです。現金商売である飲食店などではファクタリングでの資金調達は向いていないということになりますが、クレジット決済ファクタリングという取引もあります。

そして、鹿屋市の企業さまが保有する売掛金以上の資金調達はできないということです。

 

ファクタリング会社のメリット

 

「企業の売掛金を前払いして何の得があるの??」と思われる鹿屋市の企業さまもいらっしゃるのではないでしょうか。

 

鹿屋市の企業さまがファクタリングをする際には、ファクタリング手数料がかかります。そこからファクタリング会社の利益が出ていると思われます。

注意が必要なのは、ファクタリング手数料はファクタリング会社によって決められています。金額もですがその内容もです。【ファクタリング手数料】と言っても、その全てがファクタリング会社の利益になるとは一概にも言えません。

どちらかと言えば、契約に必要な人件費・事務費・印紙代なども含めて【ファクタリング手数料】としているファクタリング会社の方が多いかもしれません。逆に契約に必要な費用も当然含まれていての手数料だと思っていたら、それとは別途請求されるというケースも考えられます。

鹿屋市の企業さまにとっても、支払うファクタリング手数料は大変気になるところでしょう。ファクタリング会社によって異なり、2社間ファクタリングか3社間ファクタリングかにもよって変動しますが、3~30%と大きな差があります。契約前の確認は必須です。


 💡 ポイント!

ファクタリング会社にとってのデメリットも紹介しておきたいと思います。

ファクタリングは融資ではなく売掛債権の譲渡、売買契約に基づく資金調達方法になります。ファクタリング会社が鹿屋市の企業さまが保有する債権を買い取る形になるため、その債権に対するリスクもファクタリング会社に移転します。

どういうことかと言うと、取引先企業が不渡りを起こしたり、倒産などして売掛金が支払えない場合にはファクタリング会社が負担します。鹿屋市の企業さまに請求が来ることはありません。これが主に2社間ファクタリングの場合に適用される償還請求権なしのファクタリングです。売掛債権担保融資(ABL)や手形割引ではこのようにはなりません。

他にもファクタリング利用企業による二重譲渡や使い込みのリスクもあります。ファクタリング会社はこのようなリスクも含めて契約するため、融資の金利と比較すると割高の手数料を設定せざるを得ないのです。

 

ファクタリングに関する悪いニュースについて

 

鹿屋市の企業さまは、ファクタリングが悪い意味で注目を集めたことをご存知ですか?

 

2017年1月に初めて、大阪府警により悪徳ファクタリング会社が摘発されたというものです。被害は関西の中小企業が挙げられていましたが、検挙されたいずれの会社も東京のファクタリング会社でした。

その内容としては「ファクタリングを装い、高金利貸しを行った」というものでした。売掛債権を譲渡契約ではなく担保のように扱い、高金利で貸し付けをしていたということです。

本来のファクタリングでは担保や保証人を必要としません。またファクタリングは売掛債権の早期資金化であり、貸付=融資ではないのです。

 

ファクタリングでの資金調達はまだ周知されていないこともあり、法整備も整っていません。そして正しく理解している企業さまも少ないため、それを利用しようとする悪徳金融会社も少なからず存在します。

鹿屋市の企業さまが初めてファクタリング会社と契約をする際には、契約書の内容をしっかり確認して、いったい何に関する書類にサインをしているのかを明確にしましょう。

 

お伝えしておきたいのは、ファクタリング自体は決して違法などではなく、銀行融資以外の資金調達方法の1つとして有効的な金融サービスであるということです。

しかし、悪徳ファクタリング会社にひっかからないよう鹿屋市の企業さまにもファクタリングで起こりうる詐欺や問題を周知して頂きたいです。

 


鹿児島の企業さまのファクタリング情報 →【 鹿児島で即日資金調達ファクタリング

鹿児島で即日資金調達ファクタリング

鹿屋市の中小企業さまにおすすめの九州のファクタリング会社

 

 

【 ジャパンファクターでの申込みからご契約までの流れ 】

ご指定の振込先口座銀行間にもよりますが、早ければその場で着金確認ができるかと思います。

初回は鹿屋市の企業さまも不安に思われるかと思いますので、安心してお取引ができるようになっています。