北海道で即日資金調達ファクタリング@小樽市

 

 

 

ファクタリングについて

 

ファクタリングは、

即日調達が可能である小樽市の中小企業さま、個人事業主さま注目の資金調達術です。

小樽市の企業さまが保有している売掛金を専門会社、つまりファクタリング会社に買取ってもらうことで早期資金化ができるというものです。

 

ここで重要なことは、

ファクタリングは融資ではなく買取による売掛金の早期資金化となり「借入金」「負債」には該当しないという点です。

負債として計上されないのでバランスシートのスリム化や、支払いサイトの長い売掛金を早期キャッシュ化することでキャッシュフローの改善も見込めます。

北海道小樽市のファクタリング情報

 

またファクタリングは、

銀行融資を受けることができなかった、即日で資金調達をしなければならない
小樽市の企業さまにとって大変有効的な方法でもあります。

 

銀行融資を受けられなかった理由として、「赤字決算」「債務超過」「税金滞納」などの財務状況事由が挙げられるかと思います。

しかしファクタリングでは売掛先である取引先企業さまの信用情報に重きを置く特徴があるため、このような状況下の小樽市の企業さまでもファクタリングは実行可能になります。

 

「支払いサイトが長いためにキャッシュが不足し、銀行融資に頼りすぎて債務超過のような状況になってしまう。そして、いずれは融資も受けられなくなってしまう・・・」という悪循環を、

ファクタリングを導入することで解決できるのです。

 

 

中小企業の銀行融資への依存度が高いと倒産リスクも上がってしまうことから、
近年では経済産業省も売掛金を活用した資金調達を推奨しています。

 

売掛金を活用してファクタリング

出所:売掛債権流動化-経済産業省のwebサイト 

 

 

 

 

2社間ファクタリングについて

 

売掛金の早期資金化という方法はまだ浸透しきれていないという現状もあり、取引先企業さまに承諾を得て実行する3社間ファクタリングでは信用情報に影響が出るかもしれないという懸念が出てきます。

そのような小樽市の企業さまにも利用できるファクタリングが2社間ファクタリングです。

取引先企業さまには通知・承諾なしでファクタリングが実行できます。

 

 

ファクタリング = 売掛債権の譲渡 を取引先企業さまに承諾を得ずに実行しても違法などではありませんのでご安心下さい。

民法第466条で「債権は、譲り渡すことができる。」とされています。

出所:WIKIBOOKS-民法第466条

 

 

2社間ファクタリングの流れ
2社間ファクタリングの流れ

 

小樽市の企業さまは、期日通りに取引先企業さまからの入金を受けて

ファクタリング会社に「買取金額+手数料」を支払うことで取引は完了します。

 

【2社間ファクタリングのメリット】

・取引先企業さまに通知なし、信用情報に影響が出ない

・取引先企業さまに承諾を得る必要がないので時間の削減、最短即日の資金調達が可能に

・融資ではないため担保や保証人がなくても実行できる

・融資ではないため負債にならない、バランスシートのスリム化

・ノンリコースで不渡りリスクをファクタリング会社に移転できる、一種の保険的役割

 

【2社間ファクタリングのデメリット】

・3社間ファクタリングと比較して手数料が割高

 

 

当サイトでは主に2社間ファクタリングをご紹介していますが、

取引先企業さまがファクタリングに理解を示されれば、

手数料が安く、売掛金の回収業務もファクタリング会社が担ってくれる3社間ファクタリングの選択もあるかと思います。

 

小樽市の企業さまの状況に合わせてファクタリングを活用しましょう。

 

 

 

 

 

 

ファクタリング実行前のポイント

 

【 売掛金の質が重要 】

ファクタリングは、小樽市の企業さまが保有する売掛金を対象とした売買契約に基づく資金調達方法です。

ファクタリングを実行する前には、融資を受ける際と同様にファクタリング会社による審査を受けることになります。この審査は銀行の審査などとは異なり、且つファクタリング会社によっても審査に必要な書類や基準が違ってくるようです。

 

一般的にファクタリングの審査では売掛金の質、取引先企業さまの信用情報は重要視される傾向にあります。

 

小樽市の企業さまがファクタリングをするなら、新規の取引先企業さまの売掛金よりも、

きちんとこれまでの売掛金の入金確認ができるような、継続的な取引がある取引先企業さまの売掛金を対象としたファクタリングの方が審査は有利だと言えます。

 

また、売掛先は法人企業に限るとしているファクタリング会社がほとんどです。

 

北海道小樽市のファクタリング情報

 

【 調達希望額以上の売掛金を保有しているか 】

ファクタリングは、銀行以外の資金調達方法として注目を集めています。

銀行融資が受けられなかった小樽市の企業さまでも、ファクタリングでの資金調達は可能になる場合が大いにあります。

 

しかし、ファクタリングでは小樽市の企業さまが保有している売掛金以上の資金化はできません。

もし小樽市の企業さまが1,000万の資金を必要としていた場合、

売掛金が1,000万以上でないとファクタリングが実行できないということになります。

 

複数の売掛金での実行は可能です。

例えばA社の売掛金600万、B社の売掛金350万、C社の売掛金350万、合計1,300万の売掛金を保有していれば、希望額1,000万の調達は可能になるかと思います。

 

 

ファクタリングでの資金調達は小樽市の企業さまが保有している売掛金以上の調達はできないことから、

大型融資の代用としてではなく、つなぎ資金としての活用が適しているようです。

 

 

 

 

 

北海道小樽市のファクタリング情報

 

【 小樽市対応のファクタリング会社 】はこちらのページへ

日本全国対応、出張対応もできるファクタリング会社がお忙しい企業さまには便利です。