建設業・運送業など、業種別の事業資金調達

 
【建設業の事業資金調達】

建設業では重機などにも費用を割かなくてはならず、特有の着工金や前受注などの先行する支払いが出てきます。

赤字が続けば経営は苦しいものですが、利益があるからと言って資金繰りが楽にできるというわけでもないものです。

「売上をどんどん上げれば良いんだろう」と売上重視の経営を続ければ、いつか必ず資金ショートを起こすと言われていますね。

建設業・運送業など、業種別の事業資金調達

 

売掛金が増え、現預金は減少。

零細企業であれば資本金は1,000万から3,000万といったところでしょうか。入金状況が悪い上に、足りない資金を短期借入で凌いでいると「綱渡り経営」「債務超過」となってしまいます。

 

 


 
 
【製造業の事業資金調達】

製造業では、原材料の仕入れと販売の間に製造作業期間が入る為、投下資金の回収までに時間がかかることが多いですよね。

製造費以外にも営業コストもかかり、原価計算を誤ればあっという間に資金繰りは悪化します。

建設業・運送業など、業種別の事業資金調達

 

買掛金の支払いや外注費などの費用など、売掛金の回収までには様々な支払いがあります。

 

 


 
【運送業の事業資金調達】

ここ数年で物流業界の中でも著しい伸びを見せているのが、インターネット販売の拡大に伴う宅配業界ですね。

「送料無料」「翌日配送」は当たり前、最近では「当日配送」という文字もよく見かけるようになりました。おかげで宅配業の仕事は増えているのでしょうが、負担が重くなる一方で単価は低くなかなか利益につながらないという現状が浮き彫りになっています。

仕事は増えているということが人材不足という問題に直結しており、需要があってもトラックを動かす人材がいない、という問題も深刻化しています。

建設業・運送業など、業種別の事業資金調達

 

運送・物流業界でもいまだに手形取引が続いているところも多いようです。

現金支払いであっても、支払いサイトが60~90日の長さであるところでは実際の稼働に費やした費用の支払いを自社で立て替えることになってしまいます。大手物流企業であれば対応もできるでしょうが、中小零細企業であればその資金繰りが大変厳しいものだと思われます。

赤字が続けば、銀行融資も受けられなくなり、資金を調達する術がなくなりどんどん追い込まれていってしまう…。

建設業・運送業など、業種別の事業資金調達

 

運送業界において切り離せない問題が、燃料費の高騰と車両事故・トラブルですね。特に車両事故やトラブルは予測不可ですからイレギュラーな出費へとつながり、資金ショートを起こしてしまう原因となりかねません。

 

 

 

 

 

ファクタリングという資金調達方法

 

【売掛金の回収】

業種によっては、

「大きな仕事をすればするほど資金繰りが大変になる」

「金額の大きい仕事でなければ利益がいつまでたっても出ない」

というようなそれぞれの悩みを抱えながらも、どの業種でも売掛金の回収までにかかる時間が資金繰りに多大な影響を与えていることは間違いありません。

 

 

『売掛金はあるが、必要資金が足りない』

銀行融資が受けられない、または銀行融資では支払いに間に合わない、といった状況下の資金繰りで、売掛金があるならば

ファクタリングという資金調達方法があります。

 

➡ 【 ファクタリングとは 】

➡ 【 ファクタリングに向いている業種 】

 

 

 

 

 

 

カテゴリー : about