大分 ファクタリング

 

大分で即日資金調達ファクタリング

大分 ファクタリング

 

 

 

ファクタリングについて

 

ファクタリングは、

即日調達が可能である大分の中小企業さま、個人事業主さま注目の資金調達術です。

大分の企業さまが保有している売掛金を専門会社、つまりファクタリング会社に買取ってもらうことで早期資金化ができるというものです。

 

ここで重要なことは、融資ではなく買取による資金化となり「借入金」「負債」には該当しないという点です。事業運営に使用している資産・負債でも貸借対照表に計上されません。

負債として計上されないのでバランスシートのスリム化や、支払いサイトの長い売掛金を早期キャッシュ化することでキャッシュフローの改善も見込めます。

 

 

またファクタリングは、

銀行融資を受けることができなかった、即日で資金調達をしなければならない
大分の企業さまにとって大変有効的な方法でもあります。

 

銀行融資を受けられなかった理由として、「赤字決算」「債務超過」「税金滞納」などの財務状況事由が挙げられるかと思います。

しかしファクタリングでは売掛先である取引先企業さまの信用情報に重きを置く特徴があるため、このような状況下のの企業さまでもファクタリングは実行可能になります。

 

「支払いサイトが長いためにキャッシュが不足し、銀行融資に頼りすぎて債務超過のような状況になってしまう。そして、いずれは融資も受けられなくなってしまう・・・」という悪循環を、

ファクタリングを導入することで解決できるのです。

 

 

中小企業の銀行融資への依存度が高いと倒産リスクも上がってしまうことから、
近年では経済産業省も売掛金を活用した資金調達を推奨しています。

 

売掛金を活用してファクタリング

出所:売掛債権流動化-経済産業省のwebサイト 

 

 

 

 

2社間ファクタリングについて

 

売掛金の早期資金化という方法はまだ浸透しきれていないという現状もあり、取引先企業さまに承諾を得て実行する3社間ファクタリングでは信用情報に影響が出るかもしれないという懸念が出てきます。

そのような大分の企業さまにも利用できるファクタリングが2社間ファクタリングです。

取引先企業さまには通知・承諾なしでファクタリングが実行できます。

 

2社間ファクタリングの流れ
2社間ファクタリングの流れ

 

大分の企業さまは、期日通りに取引先企業さまからの入金を受けて

ファクタリング会社に「買取金額+手数料」を支払うことで取引は完了します。

 

【2社間ファクタリングのメリット】

・取引先企業さまに通知なし、信用情報に影響が出ない

・取引先企業さまに承諾を得る必要がないので時間の削減、最短即日の資金調達が可能に

・融資ではないため担保や保証人がなくても実行できる

・融資ではないため負債にならない、バランスシートのスリム化

・ノンリコースで不渡りリスクをファクタリング会社に移転できる、一種の保険的役割

 

【2社間ファクタリングのデメリット】

・3社間ファクタリングと比較して手数料が割高

 

 

当サイトでは主に2社間ファクタリングをご紹介していますが、

取引先企業さまがファクタリングに理解を示されれば、手数料が安く、売掛金の回収業務もファクタリング会社が担ってくれる3社間ファクタリングの選択もあるかと思います。

大分の企業さまの状況に合わせてファクタリングを活用しましょう。

 

 

 

 

大分 ファクタリング

 

大分の企業さまにおすすめファクタリング会社

大分 ファクタリング

日本全国対応のファクタリング会社です。

 

 

全国対応ファクタリング会社

社名 特徴
JTCJTC  法人企業のみ・2社間ファクタリング可・関西利用企業が多いよう
ビジネクストビジネクスト  法人企業のみ・売掛先は個人事業主可・アイフルグループ会社が提携
ワダツミワダツミ  法人企業のみ・手形買取可・在庫買取可・2社間ファクタリング不可
資金調達レスキュー資金調達レスキュー  個人事業主可・2社間ファクタリング可・少額専門(上限300~500万まで対応)
PMGピーエムジー株式会社  2社間ファクタリング可・コンサルティング事業も展開
GCMGCM  診療報酬・介護給付費等債権ファクタリング専門・来店不要
ジャパンファクタージャパンファクター  個人事業主可・2社間ファクタリング可・九州利用企業が多いよう

検索で上位に挙がるファクタリング会社をピックアップしていますが、
他にも多数のファクタリング会社があります。また特徴に関しては公式サイト等を参考にしたものです。

まだ各ファクタリング会社の評判や口コミ情報は少ないようです。

 ファクタリング会社比較

 ファクタリング会社 比較

ファクタリング会社  法人 個人事業主 2社間
ファクタリング
売掛先が
個人事業主
調達可能
金額
JTC ×   100万~
ビジネクスト × × ~1億
ワダツミ ×   5万~10億
資金調達レスキュー   300~500万まで
PMG  〇  〇   ~5,000万
GCM 医療機関・介護施設など ×  
ジャパンファクター × 100万~1億

各ファクタリング会社の現HPを参考に作成しています。

 

不明瞭だった項目については空欄にしています。

「基本的には不可だがご相談下さい」

「条件から外れていても柔軟に対応させて頂きます」

という表現の項目もあったので、

×になっていたり、金額が合わなくても1度問いあわせてみる価値はあるかと思います。

 

 

 

 

ファクタリングにおける注意点

 

ファクタリングでの即日資金調達を検討している大分の企業さまにも

実行する前に注意しておかなければならない点があります。

 

【 利用者企業さまによる虚偽申告 】

ファクタリングを実行する前には、ファクタリング会社のヒヤリングや審査を受けることになります。

ファクタリング実行に不利になりそうだからと、

大分の企業さまが虚偽の申告をしてしまうとファクタリングが実行できません。

例えば、「取引先からの入金が遅れたりしていない」「登記された売掛債権ではない」など。

 

ファクタリング会社が大分の企業さまに求める書類の中には、取引先からの入金の流れがわかる書類・通帳の写しがあることがほとんどなので虚偽の申告をしてもファクタリング会社には分かってしまいます。

登記された債権かどうかも法務局に確認すればすぐに分かります。
契約時の必要書類として概要記録事項証明書(登記の確認ができる書類)の提出を求められますので、その時点でもファクタリング会社は気付くでしょう。

 

他にも契約書・発注書・請求書などの偽造などが挙げられます。

最悪の場合、有印私文書偽造の罪に発展することもあるかもしれません。

 

【 二重譲渡 】

二重譲渡とは、大分の企業さまがAファクタリング会社に債権を買い取ってもらったあとに、Bファクタリング会社にもファクタリングをお願いして、二重に資金を得ることです。

二重譲渡も詐欺罪に発展します。

 

【 使い込み 】

2社間ファクタリングでは、入金の流れが

①ファクタリング会社 → 大分の企業さま    (買取金額の入金)

②  取引先企業さま   →   大分の企業さま    (売掛金の入金)

③ 大分の企業さま   → ファクタリング会社   (買取金額+手数料の支払い)

となります。

 

②で取引先企業さまからの売掛金入金後、

大分の企業さまはファクタリング会社に支払いをしなければならないにもかかわらず、

使いこんでしまいファクタリング会社との約束日に支払いができないといったことが考えられます。

 

使い込みは最悪の場合、横領罪に問われる可能性があります。

ファクタリングは借入ではなく、売買契約による債権譲渡です。

譲渡した債権はファクタリング会社の財産になるわけですから、その売掛金を使いこむことは業務上横領、刑事事件になりえるのです。

 

 

 

 

個人事業主さまのファクタリング

 

個人事業でもファクタリングできるのでしょうか。

 

ファクタリングは売掛金の早期資金化によって可能になる最短即日の資金調達術です。

売掛金があればファクタリングは可能になり、負債を増やさずに資金繰りができるということで注目を集めているわけですが、

法人企業でなくてもできるのかというところが大分の個人事業主さまにとっては気になるところでしょう。

 

やはり個人事業だと法人企業と比較して銀行融資も受けにくいと聞きます。

そんな中で、個人事業主さまもファクタリングができるということであれば銀行融資以外の資金調達方法の1つとして大きな期待が持てます。

大分の個人事業主のファクタリング

 

結論は、大分の個人事業主さまであってもファクタリングは利用できます。

 

しかしファクタリング会社によって実行しているところとしていないところがあり、

個人事業主さまとの契約OKとしているファクタリング会社は圧倒的に少ないようです。

 

 

その理由として挙げられるのが、

【 個人事業主さまが保有する売掛金が小口であることが多い 】

【 譲受人が対抗要件をもつための債権譲渡登記ができない 】

ということです。

 

 

 

【 個人事業主さまが保有する売掛金が小口であることが多い 】

 

ファクタリングを実行する際には、ファクタリング会社に手数料を支払うことになります。

 

その中には印紙代などの契約に必要な事務費が固定費用(およそ3~10万。ファクタリング会社によって異なる)としてかかってくるので、

保有している売掛金が少額すぎると大分の個人事業主さまが手にできる資金がほとんど手元に残らないのです。

よって少ないところでも100万以上からの買取を実行しているファクタリング会社が多いです。場合によっては30万ほどでも契約できたというファクタリング会社もあるので、1度相談してみても良いと思います。

 

 

 譲受人が対抗要件をもつための債権譲渡登記ができない 】※債権譲渡登記とは

 

ここでの譲受人はファクタリング会社になります。

ファクタリング会社が第三者に対抗要件を具備するためには債権譲渡登記をしなければなりません。しかし、債権譲渡登記の対象は「法人が行う指名債権(金銭債権)」となっているのです。

そのためファクタリング会社にとって個人事業主さまとのファクタリングがリスクが高いと判断され、

個人事業主さまとは契約していない、もしくは法人企業さまよりも割高の手数料を設定することになると思われます。

 

 

ファクタリング会社によって異なるので、まずは相談してみてもよいのではないでしょうか。

 

大分 ファクタリング

 

大分の個人事業主さまでもファクタリングを活用できますが、個人事業主さま対応可のファクタリング会社は多くはありません。

ジャパンファクターでは個人事業主さまとのファクタリングの実績があるようです。

また手数料は割高になる可能性がありますので注意が必要です。

 

しかし、

支払いサイトの長い売掛金の早期資金化・負債が増えない・担保や保証人不要というファクタリングのメリットを考えれば、

銀行融資以外の資金調達方法の1つとして検討する価値は大いにありそうです。

 

 

 

 

 

まとめ

 

ファクタリングはつなぎ資金としてのメリットも大きく、なにより銀行融資にはないスピード感があります。

 

しかし手数料が安いとは言い難いので、活用するときには

大分の企業さまの状況に合わせたファクタリング取引、ファクタリング会社の選択をして

トラブルにならないよう手数料や契約内容の確認も大切です。

 

大分 ファクタリング

 

 

 

法人企業さまの売掛金を保有している法人企業・個人事業主さまは

まずはジャパンファクターのサイトへどうぞ

ジャパンファクター
ジャパンファクター

 

月末は大変混み合い、ご返答に時間がかかってしまうことがあります。

お早目のお問い合わせをお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー : about