新潟の中小企業向け:銀行融資以外の資金調達ファクタリング

新潟の中小企業向け:銀行融資以外の資金調達ファクタリング

ファクタリングは売掛金の早期資金化

ファクタリングは、新潟の中小企業さまが保有する売掛金の一部をファクタリング会社が買取り、そこから手数料を差し引いた金額を即時入金するという、売掛金早期資金化という金融サービスです。

売掛金は新潟の中小企業さまが、取引先企業に対して商品の納品やサービスの提供を完了し、すでに請求済みである未払いのキャッシュのことです。

取引先企業から新潟の中小企業さまへの支払いが手形の場合、銀行で手形割引として割引料を支払って早期資金化できるものと似ています。

しかし現在は手形での支払いも減少傾向にあり、むしろ大企業やゼネコンに対して現金支払いをするよう中小企業庁なども推進しています。そのため、今後は融資以外の資金調達方法として手形割引よりも売掛金を活用したファクタリングが主流になる可能性があるのです。
新潟の中小企業さまにとっても至急の資金繰りが必要になった場合には有効的な金融サービスかもしれません。

手形割引同様に銀行系が事業展開しているところもあれば、民間のファクタリング会社もあります。ファクタリング会社によってもその特徴は異なることから、新潟の中小企業さまのニーズに合わせて選択することができます。


新潟の企業さまのニーズに合わせたファクタリングの選択

3社間ファクタリング

新潟の中小企業さま – 取引先企業 – ファクタリング会社の3社契約

3社間ファクタリングは新潟の企業さまにとっても最も良い条件で資金調達ができるファクタリングのスキームです。

新潟の企業さまの取引先の売掛金をファクタリング会社が早期資金化したのち、期日通りに取引先企業から対象の売掛金額をファクタリング会社に支払いがされるというものです。

入金の流れとしては、1.ファクタリング会社→新潟の企業さま 2.取引先企業→ファクタリング会社です。

例えば

新潟の企業さまが保有する取引先A社の売掛金500万(翌月末払い)のうち、105万をファクタリング会社に譲渡する契約を締結するとします。
①契約締結後すぐにファクタリング会社は手数料を差し引いた金額(仮に手数料を5%と設定します)である100万を新潟の企業さまの指定口座に入金します。
②そして本来の売掛金の支払い日である翌月末に取引先企業からファクタリング会社に105万の支払いをお願いすることになります。 

2社間ファクタリング

新潟の中小企業さま – ファクタリング会社の2社契約

2社間ファクタリングの流れ

2社間ファクタリングは新潟の企業さまが取引先企業に知られたくない場合などに適したファクタリングのスキームです。資金繰りが上手くいっていないと懸念されることを回避できることや、最も契約に時間を要さず最短即日でファクタリング実行ができることから、新潟の企業さまのみならず多くの中小企業さまが2社間ファクタリングを選択しています。

新潟の企業さまの取引先の売掛金をファクタリング会社が早期資金化したのち、期日通りに取引先企業から新潟の企業さまに一旦売掛金総額が支払われます。
その後、対象の売掛金額を新潟の企業さまからファクタリング会社に支払われるというものです。

入金の流れとしては、1.ファクタリング会社→新潟の企業さま 2.取引先企業→新潟の企業さま 3.新潟の企業さま→ファクタリング会社です。

例えば

新潟の企業さまが保有する取引先A社の売掛金500万(翌月末払い)のうち、110万をファクタリング会社に譲渡する契約を締結するとします。
①契約締結後すぐにファクタリング会社は手数料を差し引いた金額(仮に手数料を10%と設定します)である100万を新潟の企業さまの指定口座に入金します。
②そして本来の売掛金の支払い日である翌月末に取引先企業から新潟の企業さまに売掛金500万の支払いがあります。
③その後、今回のファクタリング契約の買取金額である110万を、新潟の企業さまからファクタリング会社に支払いをお願いすることになります。
 
※3社間ファクタリングとの大きな違いは、取引先企業とファクタリング会社でのやりとりが発生しないこととファクタリング手数料です。
 
新潟の企業さまが2社間ファクタリングを選択した場合、ファクタリング会社が勝手に取引先企業に連絡したりするようなことはありません。
ファクタリング手数料は3社間ファクタリングを比較すると割高に設定されます。その理由としては売掛金の支払いが一旦新潟の企業さまのところにあることで使い込みなどのリスクが上がってしまうことにあります。
 
しかし、3社間ファクタリングのように取引先企業への通知や承諾を得る必要がないため、新潟の企業さまの同意があればその日のうちにでも資金調達は可能になります。

新潟の企業さまの業種はファクタリングでの資金調達が可能なのか

新潟の企業さまが建設・工事請負業などである場合、元請企業によって売掛金の支払いサイトが異なる上、必ずしも指定日に支払われるとは限りません。建設・工事請負業は支払いサイトが長めに設定されやすいことに加えて、「工事の進行に遅れがあれば支払いは来月になる」ことや中には取引先企業の決算などの都合で「請求書を出させてもらえない」ということもあるようです。
ファクタリングは建設・工事請負業の企業さま向けの資金調達方法と言っても過言ではありません。

新潟の企業さまが医療・介護事業などである場合、国保・社保からの入金はおよそ2か月後。他の業種では取引先企業によって支払いサイトがバラつきがありますが、この業種の場合には支払いサイトが早まることはありません。
急な支払いなどに対応することが困難なことも多いのではないでしょうか。

新潟の企業さまが広告代理事業などである場合、広告枠を事前に押さえておく必要があるため先出しの費用が必要になります。広告の枠はネット、看板、雑誌や新聞、ラジオ、テレビコマーシャルなど様々です。
そしてその費用はぴんきりで、最も手軽そうに見えるネット広告であっても競合が多ければ数百万は必要になる場合もあります。ネット広告はリアルタイムでその効果について分析でき、データを蓄積することも可能なため費用は思っているよりも高額になります。
CMにおいては数千万の費用を要することもあります。のちに取引先企業から代金の支払いがあるとは言え、新潟の中小企業さまにとっては先出しの費用として対応できる金額にも限界があるでしょう。

売掛金さえあれば新潟の企業さまもファクタリングは利用可能

新潟の中小企業さまが上記以外の業種、例えば運送業・小売業・製造業などの業種であってもファクタリングという資金調達方法は利用することができます。

ただし、売掛金がなければファクタリングを利用することはできません。

また、その売掛金の債務者が企業なのか個人なのかによってもファクタリングできるかどうかは変わってきます。売掛金を支払う債務者が個人であってもファクタリング契約ができるファクタリング会社はとても少ないです。
それはファクタリング会社が債務者としてその個人一人ひとりを審査することができないからです。

ほとんどのファクタリング会社が債務者は国内の法人企業であることとしているので、新潟の企業さまも申込みの前に確認しておいた方が良いでしょう。

新潟の中小企業さまがファクタリングで資金調達するには

ファクタリング会社に無料相談を!

新潟の中小企業さまがファクタリングでの資金調達を検討されるならば、ぜひファクタリング会社へご相談下さい。ほとんどのファクタリング会社で相談・見積もりを無料で出してもらうことができます。

契約できるファクタリングの種類やかかる手数料については、ファクタリング会社によっても異なります。まずはお近くのファクタリング会社や全国対応ファクタリング会社など、新潟での企業さまでも対応してもらえるファクタリング会社に相談してみても良いのではないでしょうか。

悪徳ファクタリング会社にはご注意を!

中には新潟の企業さまに知らせず、勝手に取引先企業へ連絡したり登記したりするファクタリング会社もあるようです。

口コミなどもチェックしながら、新潟の企業さまのニーズに応えてくれるファクタリング会社を見つけましょう。

>>新潟の企業さま対応のファクタリング会社は??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする