ファクタリング 個人事業主

 

 

ファクタリング 個人事業主

 

 

 

個人事業主さまはファクタリングできない?

 

個人事業であってもファクタリングできるのでしょうか。

 

ファクタリングは売掛金の早期資金化によって可能になる最短即日の資金調達術です。

売掛金があればファクタリングは可能になり、負債を増やさずに資金繰りができるということで注目を集めているわけですが、

法人企業でなくてもできるのかというところが個人事業主さまにとっては気になるところでしょう。

 

やはり個人事業だと法人企業と比較して銀行融資も受けにくいと聞きます。

 

そんな中で、個人事業主さまもファクタリングができるということであれば銀行融資以外の資金調達方法の1つとして大きな期待が持てます。

 

ファクタリング 個人事業主

 

結論は、個人事業主さまであってもファクタリングは利用できます。

 

 

しかしファクタリング会社によって対応しているところとしていないところがあり、

個人事業主さまとの契約OKとしているファクタリング会社は圧倒的に少ないようです。

 

 

 

その理由として挙げられるのが、

【 個人事業主さまが保有する売掛金が小口であることが多い 】

【 譲受人が対抗要件をもつための債権譲渡登記ができない 】

ということです。

 

【 個人事業主さまが保有する売掛金が小口であることが多い 】

 

ファクタリングを実行する際には、ファクタリング会社に手数料を支払うことになります。

 

その中には印紙代などの契約に必要な事務費が固定費用(およそ3~10万。ファクタリング会社によって異なる)としてかかってくるので、

保有している売掛金が少額すぎると企業さまが手にできる資金がほとんど手元に残らないのです。

 

よって少ないところでも100万以上からの買取を実行しているファクタリング会社が多いです。

場合によっては30万ほどでも契約できたというファクタリング会社もあるので、1度相談してみても良いと思います。

 

 

 譲受人が対抗要件をもつための債権譲渡登記ができない 】※債権譲渡登記とは

 

ここでの譲受人はファクタリング会社になります。

ファクタリング会社が第三者に対抗要件を具備するためには債権譲渡登記をしなければなりません。しかし、債権譲渡登記の対象は「法人が行う指名債権(金銭債権)」となっているのです。

そのためファクタリング会社にとって個人事業主さまとのファクタリングがリスクが高いと判断され、

個人事業主さまとは契約していない、もしくは法人企業さまよりも割高の手数料を設定することになると思われます。

ファクタリング会社によって異なるので、まずは相談してみてもよいのではないでしょうか。

 

ファクタリング 個人事業主

 

個人事業主さまでもファクタリングを活用できますが、個人事業主さま対応可のファクタリング会社は多くはありません。

 

ジャパンファクターでは個人事業主さまとのファクタリングの実績があるようです。

また手数料は割高になる可能性がありますので注意が必要です。

 

しかし、

支払いサイトの長い売掛金の早期資金化・負債が増えない・担保や保証人不要というファクタリングのメリットを考えれば、

銀行融資以外の資金調達方法の1つとして検討する価値は大いにありそうです。

 

 

 

 

売掛先が個人事業主さまの場合のファクタリング

 

では、売掛先が個人事業主さまだった場合は、ファクタリングできるのでしょうか?

 

 

建設業や卸業などで、個人事業主さまをお取引先におもちの企業さまも多いと思います。

 

売掛先が個人事業主さまであるなら1件1件の売掛金は少なくても、

何十件と複数であれば調達希望金額に達する場合もあるでしょう。

 

しかし、

 

ファクタリングは売掛先の信用力で売掛金を買い取るような形になるので、

売掛先が個人事業主では、その信用力を審査することが難しいため

売掛先が個人事業のファクタリングは実行が難しいようです。

 

唯一、大手のビジネクスト

対象売掛先として、継続的なお取引のある国内企業(法人・個人事業主と記載がありました。

 

 

 

法人企業さまの売掛金を保有している法人企業・個人事業主さまは

まずはジャパンファクターのサイトへどうぞ

ジャパンファクター
ジャパンファクター

 

月末は大変混み合い、ご返答に時間がかかってしまうことがあります。

お早目のお問い合わせをお待ちしております。

 

 

 

 

 

カテゴリー : about