ファクタリングとは


〔 目次 〕

 

 

 

ファクタリングとは

 

 

 

 

ファクタリングとは?

 

ファクタリングは、企業さまが保有する売掛金をファクタリング会社が買取ることにより資金を提供することができる仕組みです。

売掛金とは企業さまが取引先企業さまへの商品の納品・サービスの提供が完了し請求済みである未払いのキャッシュのことになります。

 

大きな仕事を獲得すればするほど資金繰りが困難になる、

中小企業の資金調達の強い味方になりえるのがファクタリングです。

 

 

またファクタリングは、

銀行融資を受けることができなかった、即日で資金調達をしなければならない企業さまにとって大変有効的な方法でもあります。

銀行融資を受けられなかった理由として、

「赤字決算」「債務超過」「税金滞納」などの財務状況事由が挙げられるかと思います。

 

しかし、

ファクタリングでは売掛先である取引先企業さまの信用情報に重きを置く特徴があるため、このような状況下の企業さまでもファクタリングは実行可能になります。

 

「支払いサイトが長いためにキャッシュが不足し、銀行融資に頼りすぎて債務超過のような状況になってしまう。そして、いずれは融資も受けられなくなってしまう・・・」

という悪循環を、ファクタリングを導入することで解決できるのです。

 

 

 

 

 

ファクタリングについての見解

 

ファクタリングという売掛金を活用した資金調達術は、欧米では不動産担保融資よりも一般的な方法で日本でも以前から利用されていました。

しかし日本では手形取引が主流となっていたために、ファクタリングはこれまで発展してこなかったようです。近年になってようやく経済産業省がファクタリングを含む売掛債権流動化を推進するなど、売掛金をもっとうまく活用できるような仕組みをつくろうとしているところです。

 

売掛金を活用してファクタリング

出所:売掛債権流動化-経済産業省のwebサイト 

 

しかしいまだファクタリングに関して普及しているとは言い難く、ファクタリングを実行することで取引先企業さまに「経営がうまくいっていないのではないか」と疑念を抱かれてしまうなど、信用情報に影響が出てしまうことが予想されます。

そこで多くの中小企業が選択しているのが2社間ファクタリングなのです。

 

 

 

 

 

2社間ファクタリングとは

 

ファクタリングにはいくつかの種類がありますが、当サイトでは主に2社間ファクタリングについて紹介しています。

 

2社間ファクタリングの2社とは、ファクタリング利用者企業さまとファクタリング会社のことです。取引先企業さまには知られずにファクタリングを実行することができます。

逆に取引先企業さまに承諾を得て実行するファクタリングは3社間ファクタリングと呼びます。

 

3社間ファクタリングは、取引先企業さまに債権譲渡の通知もしくは承諾を得て、

ファクタリング会社が取引先企業さまから売掛金の回収を行います。

3社間ファクタリング

 

 

先にも述べたように、ファクタリングを利用したことのある中小企業さまの多くが取引先企業さまには通知せずに実行できる2社間ファクタリングを選択しています。

 

2社間ファクタリングの流れを示した下図をご覧ください。

 

 

入金の流れとしては

ファクタリング契約後ただちにファクタリング会社から利用者企業さまに買取金額の入金があり、その後利用者企業さまは取引先企業さまから期日に売掛金の入金を確認し、「買取金額+手数料」をファクタリング会社に支払うことで取引は完了となります。

2社間ファクタリングの流れ
2社間ファクタリングの流れ

 

継続的に取引のある取引先企業さまの売掛金を保有している企業さまは、

繰り返しファクタリングを利用して資金繰りをし、キャッシュフローの改善を図ったりします。

 

ファクタリングとは

出所 : 株式会社ジャパンファクター

 

 

 

 

 

 

2社間ファクタリングを利用するメリット

 

1.最短即日で資金化が可能になる

取引先企業へ通知をしたり、承諾を得る必要がないので時間も削減できます。

 

 

2.取引先企業さまに知られずに資金繰りができる 

利用者企業さまとファクタリング会社だけで実行するため、取引先企業からの信用情報に影響が出ません。

またファクタリング会社は利用者企業さまの指定の口座に入金するので、メインバンクにも知られずに済みます。

 

 

3.担保や保証人は必要なし

ファクタリングによる売掛金の早期資金化は借入とは異なるので担保や保証人は必要ありません。

(※ファクタリング会社によって異なることもあるようですので、ご契約の前にファクタリング会社にご確認ください。)

 

 

4.融資ではないので負債にならない

ファクタリングは保有する売掛債権を譲渡することで資金化できるので、

借入とは異なり負債として計上する必要もありません。

 

 

5.償還請求権無しで不渡りのリスクをファクタリング会社に移転できる

償還請求権なし(ノンリコース)で契約できるので、万が一売掛先である取引先企業さまが倒産しても利用者企業さまに返金義務などは発生しません。

ファクタリング会社が負担します。ファクタリングとは

つまり売掛金回収リスクもファクタリング会社に移転できるのです。

 

  

 

 

 

償還請求権とは

 

ファクタリングを実行する際の注目点として

【 償還請求権なし 】が挙げられます。

 

償還請求権とは、遡って請求できる権利のことで、

償還請求権あり=ウィズリコース、償還請求権なし=ノンリコースとも呼ばれます。

 

売掛債権を担保として融資を受ける売掛債権担保融資には償還請求権ありの契約であることがほとんどで、

取引先企業さまが倒産して売掛金の回収が出来なかった場合に利用者企業さまは一部請求されてしまうことになります。

 

一方、ファクタリングでは売掛債権を売却しているのですから償還請求権なしで契約できることがほとんどです。

償還請求権なしであれば、売掛先が売掛金を支払えない状況(倒産など)になった場合でも、企業さまに支払い義務はなく、ファクタリング会社がその損害を負担してくれます。

 

 

つまり、ファクタリングをすることで早い資金調達ができるだけでなく、

企業さまが抱える不渡りリスクをもファクタリング会社に移転できるということになります。

 

ファクタリングとは

 

しかし、これまで説明してきたように、

ファクタリングにおいて審査で重要視されるのは売掛金を支払う取引先企業さまの信用情報です。

倒産しそうな取引先企業の売掛金を買い取るファクタリング会社はないでしょうから、

審査の段階で断られてしまうことがほとんどだと思われます。

 

「取引先が倒産しそうだから、その前にファクタリング会社に買取ってもらおう!」という上手い話は期待できないでしょう。

万が一にも取引先企業が倒産した場合には・・・という保険的なものとして捉えておけば良いようです。

 

 

 

 

 

 

専門性のあるファクタリング

 

ファクタリングは企業さまが保有する売掛金を譲渡することで早期資金化する仕組みです。

売掛金とは、企業さまが取引先企業さまへの商品の納品・サービスの提供が完了し請求済みである未払いのキャッシュのことになりますが、

ファクタリングでは活用対象となる売掛債権が多様化しています。

 

【 診療報酬債権ファクタリング 】

診療報酬・介護給付費・自立支援給付費などが発生する、

病院・介護施設・障がい者施設さまが活用できるファクタリングです。

 

国民健康保険団体連合会または社会保険診療報酬支払基金などから支払われる

上記のような報酬・費用の債権をファクタリング会社が買い取り、早期資金化できます。

診療報酬債権ファクタリング

 

この場合、売掛先は国保や社保ということになりますから、

ファクタリング会社としてはリスクが低いので(売掛先が売掛金を支払わないというリスク)

実行しやすいファクタリングになります。

 

手数料も他のファクタリング取引よりも低く設定されやすいようです。

 

【 クレジットカード債権ファクタリング 】

ファクタリングを実行する大前提として、企業さまは売掛金を保有していないといけません。

 

飲食店などの直接顧客さまからお支払い頂く現金商売の業種には

ファクタリングでの資金調達はできないということになります。

常にキャッシュがあるような状態でしょうから、

そもそもファクタリングという資金調達方法に頼らなくても良いのかもしれません。

 

しかし中には、

お得意様からの支払いを「つけ」にしている、クレジットカード払いが多いというお店には仕入れにかかる費用、キャッシュが足りずに資金ショートを起こしてしまうこともありえます。

 

そんな飲食店などの現金商売の企業さまでも

クレジットカード債権ファクタリングでクレジットカード決済分を早期資金化して資金調達ができます。

クレジットカード債権ファクタリング

この場合、売掛先はクレジットカード会社ということになります。

 

 

売掛金が発生する業種、医療・介護関連企業、クレジットカード決済の多い企業さまなど、

広い範囲の業種でファクタリングは利用できます。

 

 

 

 

 

 

利用者企業さまの負担

 

ファクタリングは銀行融資以外の資金調達術として中小企業の資金繰りの強い味方になりえるわけですが、利用者企業さまにも少なからず負担が発生します。

 

それがファクタリング手数料です。

 

ファクタリング手数料の設定の仕方は、ファクタリング会社によって異なります。
おおまかには5~30%が一般的のようです。

売掛先である取引先企業さまの信用情報(期日にきちんと利用者企業さまに売掛金を支払えるのかどうか)や支払いサイトの長さを考慮して設定されます。

 

ファクタリングとは

 

また一概に「ファクタリング手数料」と言っても、そのくくり方もファクタリング会社によって異なるようです。

ファクタリング契約に必要な事務費や印紙代、出張・郵送代金などを全て含た金額を「手数料」として表現している場合と、分けている場合などがあります。

 

「ファクタリング手数料3%で最安」と表現されていても、

契約に必要だった費用を別で請求されてしまい、

結局は別ファクタリング会社よりも高くついてしまった・・・ということもありえます。

 

どこか別項目で徴収し、利益が出るようにしていると考える方が自然です。

 

 

正式に契約してしまう前にしっかりファクタリング会社に確認しておいた方が良いでしょう。

 

ファクタリングとは

 

固定費用として考えられるのは、

 

・債権譲渡契約書印紙代 200円~4000円

・債権譲渡登記 登録免許税 7500円

・登記事項証明書交付 500円

・振り込み手数料 100~864円

・他

 

加えて、

 

・事務手続き費

・出張費または書類送付費

・日当

 

などがあります。

登記しないファクタリング契約の場合でも、留保と形で書類の準備は取られることがほとんどなので必要になる費用だと思われます。

 

 

 

 

 

 

債権譲渡登記とは

 

 ファクタリング は、売掛債権譲渡による売掛金の早期資金化という資金調達方法です。

 

売掛債権の譲渡において、第三者対抗要件として【債権譲渡登記】というものがあります。

法的に債権譲渡を証明することですね。

 

ファクタリング会社にとって債権譲渡登記は、第三者に対し、


「この債権は、債権者からファクタリング会社に譲渡された債権です。」と言える対抗要件になります。

 

 

例えば、

2社間ファクタリングにおいて、利用者企業さまが資金繰りに困り、

先にAファクタリング会社と契約した後、Bファクタリング会社とも同債権でファクタリングを実行

したとします。「二重譲渡」です。

 

利用者企業さまは買取金額を二重に受け取ることになります。

 

そして利用者企業さまが取引先からの入金を受けて支払うことができるのはおそらく1社でしょう。

 

Aファクタリング会社と先にファクタリング契約していたとしても、

Bファクタリング会社が先に債権譲渡登記手続きをしていれば

「この債権は私のものです」と主張できるのがBファクタリング会社になるわけです。

(※二重譲渡は詐欺罪に発展する可能性がありますので絶対にしないで下さい。)

 

 

債権譲渡登記の対象は、「法人が行う指名債権(金銭債権)」の譲渡に限定されています。

 

 

引用:法務省HP 債権譲渡登記制度とは?

 

 

個人事業主さまのファクタリングではこの債権譲渡登記ができないため

ファクタリング会社にとってはリスクが高くなるということになりますね。

 

個人事業主さまの2社間ファクタリングを行っているファクタリング会社が少ない理由はここにあると思われます。

ファクタリングとは

 

債権譲渡登記をするファクタリング会社と、

「留保」という形をとり企業さまが期日に支払いをしなかった場合には登記を行うという方法をとっているファクタリング会社もあり、

様々なようです。

 

登記をしない2社間ファクタリングの場合は、ファクタリング会社が抱えるリスクが高いため

手数料は高めの設定になると予想されます。

 

 

 

 

 

 

ファクタリング会社

 

即日資金調達が可能なおすすめファクタリング会社はこちら

ファクタリングとは

 

全国対応ファクタリング会社

社名 特徴
JTCファクタリング JTC  法人企業のみ・2社間ファクタリング可・関西利用企業が多いよう
ビジネクストファクタリング ビジネクスト  法人企業のみ・売掛先は個人事業主可・アイフルグループ会社が提携
ワダツミファクタリング ワダツミ  法人企業のみ・手形買取可・在庫買取可・2社間ファクタリング不可
資金調達レスキューファクタリング 資金調達レスキュー  個人事業主可・2社間ファクタリング可・少額専門(上限300~500万まで対応)
GCMファクタリング GCM  診療報酬・介護給付費等債権ファクタリング専門・来店不要
ジャパンファクターファクタリング ジャパンファクター  個人事業主可・2社間ファクタリング可・九州利用企業が多いよう

検索で上位に挙がるファクタリング会社をピックアップしていますが、
他にも多数のファクタリング会社があります。また特徴に関しては公式サイト等を参考にしたものです。

まだ各ファクタリング会社の評判や口コミ情報は少ないようです。

 ファクタリングとは

 ファクタリング会社 比較

ファクタリング会社  法人 個人事業主 2社間
ファクタリング
売掛先が
個人事業主
調達可能
金額
JTC ×   100万~
ビジネクスト × × ~1億
ワダツミ ×   5万~10億
資金調達レスキュー   300~500万まで
GCM 医療機関・介護施設など ×  
ジャパンファクター × 100万~1億

各ファクタリング会社の現HPを参考に作成しています。

 

不明瞭だった項目については空欄にしています。

「基本的には不可だがご相談下さい」

「条件から外れていても柔軟に対応させて頂きます」

という表現の項目もあったので、

×になっていたり、金額が合わなくても1度問いあわせてみる価値はあるかと思います。

 

ジャパンファクター
ジャパンファクター

 

月末は大変混み合い、ご返答に時間がかかってしまうことがあります。

お早目のお問い合わせをお待ちしております。

 

カテゴリー : about