ABL(動産・債権担保融資)とファクタリング

 

 

ABL(動産・債権担保融資)とファクタリング

 

 

 

 

ABL(動産・債権担保融資)について

 

ABL(アセット・ベースト・レンディング)とは

企業さまと金融機関などが互いの信頼関係に基づいて密接なコミュニケーションを取りながら、企業さまが保有する在庫や売掛金を裏付けとして実行可能な融資になります。

 

動産・債権担保融資と呼ばれたり、ファクタリングと比較される際には売掛債権担保融資などとも呼ばれます。

 

平成23年度の財務省「法人企業統計調査」による我が国の企業の保有資産の状況は

「在庫」 + 「売掛金」 297兆円   >   「土地」 186兆円

だったとの調査結果が報告されています。

 

金融機関の融資の状況は不動産担保が中心で、

動産・売掛金担保はあまり活用されていない実情が明らかとなっています。

 

 

そこでファクタリングと財務ソリューションの1つとして挙げられているのが

ABL(動産・債権担保融資)です。

 

従来の融資では、不動産担保が必要でした。

しかし、ABLの場合は企業さまの事業価値を構成する在庫(原材料、商品など)や機械設備、売掛金などの資産を担保とすることができます。

 

 

ABL(動産・債権担保融資)とファクタリング 参考 : ABLのご案内 - 経済産業省

 

 

 

ここで疑問になるのは

「在庫や設備を担保に取り上げれたら商売できないのでは・・・?」ということです。

 

ABLでは企業さまが事業を継続することを大前提とした融資で、

通常の企業活動の範囲では、担保となった在庫販売、材料の加工、設備の使用は可能となるようです。

所有権としては貸し手(金融機関)に移りますが、事業に支障はありません。

また売掛金は借り手(企業)が自ら回収し、運転資金として活用できるようになっています。

 

 

 

 

 

ABL(動産・債権担保融資)の特徴とは

 

 

ABLの大きな特徴としては、


【 在庫や売掛金、機械設備も担保になり得るものとして評価される 】

これまでの融資に必要だった不動産担保がなくとも利用できる。担保の範囲が広がる。

 

【 貸し手とのコミュニケーションが活性化し、事業・業績について深い理解が得られる 】

貸し手(金融機関など)に担保の状況や業績に関する情報を報告することが必須になるため、事業や業績についての理解を得られると同時に信頼関係の強化に繋がる。

適宜経営の助言も提供してもらえる。


ということが挙げられています。

 

 

ただ通常の融資よりも、融資額を決定するために

資産の評価を行うことに時間を要することとなり時間がかかるという面もあるようですね。

 

 

 

 

 

 

ABL(動産・債権担保融資)の契約形態とは

 

 

ABLの契約形態にもいくつか種類があります。

 

【 通常の2社間契約 】

ひとつの貸し手(金融機関など)が行う融資です。

 

【 シンジケートローン 】

大型の資金ニーズに対し、複数の貸し手による共同融資です。

 

【 保証協会付きABL 】

流動資産担保融資保証制度(ABL保証)と呼ばれる、

中小企業・小規模事業者が不動産担保に依存しない保証への取り組みとして、信用保証協会がABLを実行する際に保証してくれる制度です。

 

 

 

 

 

 

 

ABL(動産・債権担保融資)に向いている?

 

 

ABLに向いている企業さまの特徴とは、どういった点になるのでしょうか?

 

前出したABLのご案内 - 経済産業省に「ABL適正チェックテスト」が載っていました。


●在庫や信用力の高い取引先の売掛金などの流動資産を保有している

●不動産が少ないまたはないが、機械設備などの固定資産を保有している

●時期によって仕入れ量や在庫の販売量に差が出やすい

●在庫や売掛金の残高について正確にデータを管理している

●貸し手に事業内容を深く理解してもらい、信頼関係を強化したい


などが挙げられており、当てはまる項目が多いほどABLには向いているようです。

 

 

 

 

 

 

 

ABL(動産・債権担保融資)とファクタリングの違い

 

ABLについて少し理解ができたところで、

同様に企業さまの保有する売掛金を活用するファクタリングとはどのような点が違うのでしょう?

 

 

【 融資か売却か 】

最も異なる点は、ABL(流動・債権担保融資)は言葉の通り融資であるのに対し、

ファクタリングは売掛債権の売却による資金調達になるということです。

 

 

【 審査の対象 】

売掛債権を担保とするならば、

ファクタリングと同様に取引先さまの信用力も注視されることとなります。

 

しかし、ABLは融資になるので利用する企業さまの与信が最重視されるでしょう。

業績や税金支払いなどに関して不安がある場合など、融資は厳しいかもしれませんね。

 

ファクタリングは、信用力のある取引先さまの売掛金を保有していれば、

利用する企業さまが債務超過や税金未納などの不安点があっても利用できる場合があります。

 

その分、融資の金利よりもファクタリングの手数料は高くなってしまいます。

ABLでは担保とする流動資産の保全度合いや信用リスクに応じた金利が設定されるようです。

 

 

【 調達可能金額 】

ABLでは、企業さまの与信や担保とする資産、業績に対する貸し手(金融機関など)の審査評価によって融資額は変化します。

一方、ファクタリングは企業さまが保有している売掛金額以上の資金調達は不可能になります。

 

 

【 資金調達までにかかる時間 】

前述したように、

ABLでは担保にする企業さまの資産に対する評価に時間を要することとなり、通常の融資よりも時間がかかってしまうようです。

 

その点、ファクタリングでは大きなメリットとして挙げられるように、

最短で即日、だいたい2~3日で資金調達が可能になるというスピード感があります。





ファクタリングについてはこちらの記事へ  【 ファクタリングとは 】

 

 

ABLとファクタリング、簡単に比較しただけでも異なる点が多くあります。

 

自社の信用力や資産、調達したい額、調達までにかかる時間など、

利用する企業さまの状況に合わせてABLとファクタリングの選択することができそうです。

 

 

おすすめファクタリング会社はコチラ

ジャパンファクター
ジャパンファクター

 

月末は大変混み合い、ご返答に時間がかかってしまうことがあります。

お早目のお問い合わせをお待ちしております。

 

 

 

 

 

カテゴリー : about