全国対応ファクタリング会社ならジャパンファクター

ファクタリングについて

 

当サイトは

中小企業注目の資金調達方法である【 ファクタリング 】の情報を発信しています。

 

 

ファクタリングは、

企業さまが保有する売掛金をファクタリング会社が買取ることにより資金を提供することができる仕組みです。

 

売掛金とは、企業さまが取引先企業さまへの商品の納品・サービスの提供が完了し、請求済みである未払いのキャッシュのことになります。

 

大きな仕事を獲得すればするほど資金繰りが困難になる、

中小企業の資金調達の強い味方になりえるのがファクタリングです。

 

そのファクタリングの情報を発信していきます。

 

さらに詳しく【  ファクタリングについて 】

ファクタリングについて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 ファクタリングの歴史 】

 

ファクタリングは最近になって周知されるようになった印象ですが、

日本では手形取引が主流だったために、ファクタリングという資金調達方法が盛んに利用されることはなかったと言われています。

 

 

ファクタリング自体は16世紀のイギリスで発生したそうです。

 

アメリカの植民地との交易に利用され、そのころ最盛期を迎えていた毛繊物産業で大きく発展していきました。
ファクターは製品の保管および販売仲介なども行い、植民地経営の時代に大きくなっていきます。

そして時が経つにつれ、ファクターは仲介機能に加えて、信用調査なども行うようになったそうです。

 

ファクタリングについて

 

 

そして19世紀になると、

新しい形態のファクタリングがアメリカで盛んになります。

 

 

イギリスがアメリカに対して製品を大量に輸出する際に、ファクターは販売代理店であるとともに売掛債権に基づいて代金の前払い金融を実施するようになりました。

20世紀になるとヨーロッパからアメリカへの繊維輸出は低調となり、販売代理機能はなくなって資金提供と信用調査の機能に特化した現在のファクタリング会社の姿になっていったようです。

 

出所 : 売掛債権流動化|Ⅲ.ファクタリング ‐ 経済産業省 より

 

 

 

そして現在、

下請法が見直され中小企業への支払いを手形支払いから現金支払いへ移行する動きが

活発になってきたことからファクタリングは注目を集めています。

 

 

そんなファクタリングについての情報を発信していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です